広告 コメディ映画

映画『極主夫道ザ・シネマ』ネタバレあらすじ結末と感想評価|ひどい?

映画『極主夫道ザ・シネマ』ネタバレあらすじ結末と感想評価|ひどい?

映画『極主夫道ザ・シネマ』ネタバレあらすじ結末と感想評価・キャスト

今回のおすすめ映画紹介は『極主夫道ザ・シネマ』です。

テレビドラマで人気となり映画化した作品で、メインキャストはもちろんドラマのテイストを引き継いだ笑えて感動できる作品となっています。

それではさっそく『極主夫道ザ・シネマ』の映画紹介です。

映画『極主夫道ザ・シネマ』は2022年に公開された日本映画。

原作はおおのこうすけによる同名マンガ。

監督は瑠東東一郎監督。

ドラマに引き続き映画でもメガホンをとっています。

【キャスト】

黒田龍…玉木宏

黒田美久…川口春奈

赤宮雅…志尊淳

酒井タツキ…古川雄大

大前ゆかり…玉木ティナ

田中和子…MEGUMI

佐渡島幸平…安井順平

太田佳世…田中道子

老舗スーツ屋店主…くっきー(野生爆弾)

佳純…新川優愛

加藤…藤田朋子

白石先生…安達祐実

大城山國光…橋本じゅん

虎春…松本まりか

白川虎二郎…滝藤賢一

近藤…吉田鋼太郎

江口雲雀…稲森いずみ

江口菊次郎…竹中直人

ナレーション…田中圭

ほか。

 

映画『極主夫道ザ・シネマ』ネタバレ・あらすじ・結末

不死身の龍という異名がつくほど強く伝説の極道だった黒田龍(玉木宏)は、現在は完全に足を洗い妻の美久(川口春奈)と娘のひまわり(白鳥玉季)と一緒に暮らしています。

娘のひまわりは龍と血が繋がっていませんが、龍は溺愛していて龍は専業主夫として美久とひまわりの食事やお弁当、洗濯や掃除など家事をすべて行っています。

龍は自治体の活動にも精力的で、龍を慕っている若くて元気のいい赤宮雅(志尊淳)を連れて「自治会費500円」を集めて回っていました。

現在は足を洗っているものの龍の風貌はいまだに極道にしか見えないため、この町に越してきたばかりの新婚の佳純(新川優愛)は自治会費の徴収に来た龍の姿を見て、夫が消費者金融で借金をしていると勘違いをしてしまいます。

龍と雅が自治会費の回収に回っていると、1つのビルに新しい会社が事務所を構えていました。

龍は自治会費をもらおうと事務所の中に入っていきますが、その会社は明らかにカタギでなない様子でした。

もちろん龍はビビることなく、組長らしき近藤(吉田鋼太郎)に自治会費を払うように言います。

近藤は相手にせずに龍と雅に帰るように言いますが、龍がサングラスを外して素顔を見せると一気に顔色が変わりました。

近藤はまたアタッシュケースから札束を出して自治会費を払おうとしますが、龍が金額が500円であることを告げると拍子抜けして「お釣りはあるか」と確認しました。

近藤は龍の素顔を見て一瞬で「不死身の龍」であることを確信したのでした。

龍はそれぐらいあちらの世界では有名なのです。

自宅に帰ると娘のひまわりがハムスターを家に連れてきていました。

しかし、黒田家は猫を飼っているためハムスターを買うことができません。

龍はハムスターの飼い主を見つけるべく動き出しました。

しかし龍の風貌が悲劇を招いてしまいます。

龍が自治会費を徴収に行った新婚夫婦が龍のことを警察に報告してしまい、さらに龍がポップコーンを作っているところを見て、発砲していると勘違いしてしまいます。

龍は自転車に乗ってハムスターを懐に大切に入れて飼い主を探していましたが、この龍の姿が拳銃をもってカチコミに行くところだと勘違いされてしまいます。

警察官の酒井タツキ(古川雄大)と佐渡島幸平(安井順平)が龍の追跡を開始し、さらに他の警察官も大勢で龍を追いかけて街は騒然としてしまいます。

結局酒井と佐渡島の勘違いだと分かり、酒井がハムスターを買うことになり一件落着となりました。

龍と美久とひまわりが自宅で過ごしていると、何やら外で子供の声が聞こえます。

ひまわりが玄関先を見てみると、ベビーカーに乗った男の子が佇んでいました。

龍と美久はベビーカーの男の子を保護し、美久が警察に連絡をします。

両親が見つかるまで施設で預かることになりますが、龍と美久とひまわりは男の子をりゅうと名付けて、両親が見つかるまで自分たちで面倒を見ることにしました。

龍はスーパーに行ってオムツを大量に買い込みますが、この姿を組を解散ししのぎがなくなっているためスーパーでアルバイトをしている江口雲雀(稲森いずみ)と江口菊次郎(竹中直人)に見られてしまい、子供が新たに生まれたと勘違いされてしまいます。

江口夫妻は雅を連れて自宅にもやってきますが、美久がなんとか誤解を解きました。

龍が街の保育園に行くとガラの悪そうな連中と白石先生(安達祐実)と田中和子(MEGUMI)が言い合いをしています。

ガラの悪い連中は立ち退きを要求しているようで、書類にハンコを押すように白石先生に迫っていました。

最初はおとなしくしていた白石先生でしたが、いきなりブチ切れるとチンピラのような口調でガラの悪い連中を圧倒します。

さらにそこに龍が現れたことで、相手は逃げて行きました。

保育園は新たに商業施設を建てる計画のために、立ち退きの嫌がらせを受けていたのでした。

立ち退きを迫って嫌がらせをしているのは、あの近藤の組でした。

近藤たちは目的のために無茶をする可能性が高いため、龍は保育園の用心棒を務めることを決めます。

美久は心配しますが、りゅうを保育園に連れて行ければ一石二鳥になると龍は話しました。

龍は腕っぷしの強いかつての仲間である白川虎次郎(滝藤賢一)に会いに行きます。

虎次郎は現在は移動式のクレープ屋で生計を立てています。

龍の説得により虎次郎も仲間に加わり、さらに暴走族のレディースで総長だった虎次郎の妹の虎春(松本まりか)も協力することになり、保育士の免許を持っていたこともあり白石先生の保育園で働き出します。

虎春が保育園で働き出したのは、密かに龍に惚れていたからでした。

保育園は近藤組の嫌がらせで子供たちがどんどん減っていました。

龍は雅と保育園の宣伝動画を撮ったりして園児を集めようと保育園に協力します。

動画を見たと言って大城山國光(橋本じゅん)が孫を連れて保育園に来てくれたりもしました。

そんな中、美久は虎春と龍の関係を疑い始めます。

りゅうがやたらと虎春に懐いていたため、もしかしたらりゅうの母親が虎春なのではないかと考え始めてしまいます。

ある日、保育園にトラックが突っ込んでくる事件が発生します。

さらにその直後に黒塗りの車が現れ、りゅうとひまわりを連れ去ってしまいます。

虎春は走ってきたバイクを強引に止めて、バイクを奪って追跡を開始。

龍たちは白石先生が運転する車に乗って、連れ去った黒塗りの車を追いかけました。

龍たちは無事にりゅうとひまわりを助け出すことに成功しました。

近藤の仕業だと考えた龍は近藤組の事務所に行き宣戦布告をします。

近藤も「全面戦争だ」と龍の喧嘩を買ったのでした。

龍は動き出し、街の人たちに「龍が火薬を仕込んでいる」などの噂話をわざとさせて近藤組を牽制します。

龍が抗争に向けて着々と準備を進めていると勘違いした近藤組は、業を煮やして武装して保育園に乗り込んできました。

しかし近藤組が保育園に着くとそこでは盆踊りが開催されていて、龍が準備した花火もたくさん打ち上げられていました。

龍にしてやられた近藤たちは銃刀法違反で警察に逮捕されることになります。

龍は近藤と話をしますが、そこで一つの誤解があったことに気がつきます。

りゅうとひまわりを誘拐したのは近藤の手下ではなかったのです。

りゅうはもともと誘拐されていて、誘拐犯たちが龍のハムスターの一件で街中に警察が溢れている時に「自分たちが追われている」と勘違いし、とりあえず龍の家の前にベビーカーごと放置したのでした。

りゅうとひまわりを誘拐したのはその誘拐犯二人組で、再び誘拐しようとしたものの龍や雅や虎次郎によって阻止されたのでした。

りゅうの本当の親も見つかり、龍と美久とひまわりと雅は本当の親のもとに理りゅうを届けます。

ひまわりは弟か妹が欲しいと龍と美久にお願いしました。

日常に戻りスーパーで買い物をしている龍でしたが、美久から「大事な話がある」と連絡が入ります。

慌てて自宅に戻る龍。

美久が龍に話した内容とは…。

ほんわかする結末は本編もご覧ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極主夫道 ザ・シネマ 【DVD】
価格:4,352円(税込、送料別) (2024/2/3時点)

楽天で購入

 

 

 

映画『極主夫道ザ・シネマ』感想・評価

映画『極主夫道ザ・ムービー』、楽しませていただきました。

正直に言うと、実はドラマを一切見ずに映画版を鑑賞しました。

「ドラマ見てなくてもわかるかなぁ」と不安だったのですが、全然楽しめたのでドラマを見ていない人も安心して映画を見てみてください。

ただ、ドラマをしっかり見ていた方が間違いなく面白いとは思います。

作品の評価と感想ですが、全体的にテンポも良くて面白かったのですが…当たり前といえば当たり前ですが、テレビドラマ独特のテイストがかなりあり、そこの部分は少しきつかったです。

個人的にドラマのテイストが映画に出てくることに違和感を感じてしまうので、これは映画『極主夫道ザ・シネマ』に限ったことではないのですが。

テレビドラマって特にコメディはあまり集中してみないので、笑いの要素をふんだんに入れても60分ないぐらいの時間であれば問題ないのですが、映画は集中してみる人が多いので笑いの要素があまりに多いとお腹いっぱいになってしまうんですよね。

映画『極主夫道ザ・シネマ』も例外なくそういった印象を受けてしまったので、そこの部分だけ少し残念でした。

はっきり言って出演している俳優や女優が皆さん素晴らしいので、笑いを狙いすぎなくても十分面白いはずなのに、やりすぎるせいで少し興ざめになってしまうシーンがありました。

竹中直人さんと吉田鋼太郎さんは普通に面白く演じることができるので、変なセリフを言わせたりする必要がないんですよね。

想像以上に面白かったのが稲森いずみさんで、失礼ながら「この人ってこんなに面白い演技できるんだ」とかなり驚いてしまいました。

玉木宏さんも志尊淳さんも素敵な演技を見せてくれていますし、橋本じゅんさんはさすがの一言です。

玉木宏は演技が上手い?下手?演技力を評価

玉木宏は演技が上手い?下手?演技力を評価|若い頃は?
玉木宏は演技が下手?上手い?演技力を評価|若い頃からイケメン?

続きを見る

ドラマを見ていないのに偉そうなこと言うなと思われそうですが、映画『極主夫道ザ・シネマ』を観た感じでは、作品の重要なポジションは川口春奈さんだと感じました。

川口春奈さんがコミカルに走らないからこそ周囲のキャストのコミカルさが生きてるんですよね。

川口春奈は演技が上手い?下手?演技力を評価

川口春奈は演技が上手い?下手?演技力を評価
川口春奈は演技がうまい?上手くなった?演技力は?泣きの演技の評価

続きを見る

映画『極主夫道ザ・シネマ』はほんわかできて笑えて最後は心が温まる良質な映画です。

ドラマを見ていた人はきっと映画も見ていると思いますが、ドラマを見ていない人で少しでも気になっている人は、ドラマを見ていなくても十分楽しめるので是非見てみてください。

映画『極主夫道』

夏だ!祭りだ!カチコミだ!笑いの頂上決戦、開幕!

-コメディ映画
-, , , ,