ドラマ・泣ける映画

『マイ・ブロークン・マリコ』あらすじネタバレ・キャスト・評価 永野芽郁主演

映画マイブロークンマリコネタバレあらすじキャスト評価

映画『マイ・ブロークン・マリコ』キャスト・監督・概要

今回の絶対おすすめ映画は『マイ・ブロークン・マリコ』です。

日本の女優の中でトップクラスの人気女優である永野芽郁が主演を務めていて、新境地開拓と言える演技を披露してくれています。

上映時間が短いので時間的には気軽に観れる映画ですが、物語ははっきり言って重たい内容です。

漫画原作を映画化した作品。

ただ、ラストは観ている観客も少し笑顔になれる映画です。

それでは『マイ・ブロークン・マリコ』の映画紹介です。

映画『マイ・ブロークン・マリコ』は、2022年に公開された日本映画。

上映時間は85分。

平庫ワカによる同名漫画が原作。

監督はタナダユキ監督

『百万円と苦虫女』などを監督しています。

【キャスト】

シイノトモヨ…永野芽郁

イカガワマリコ…奈緒

マキオ…窪田正孝

マリコの父…尾美としのり

田村恭子…吉田羊

ほか。

映画『マイ・ブロークン・マリコ』あらすじ・ネタバレ

営業として働いているシイノトモヨ(永野芽郁)は、仕事の合間にラーメン屋でラーメンを食べていました。

店内のテレビでは、若い女性が飛び降りて命を絶ったニュースが流れています。

夢中でラーメンを食べていたシイノは、幼馴染である親友のイカガワマリコ(奈緒)が自ら命を絶ったことを知りました。

動揺したシイノはその日の営業の予約をすっぽかしてしまいます。

ブラック企業に勤めているシイノは上司から叱責されますが、友人が亡くなってしまったことを告げ、反省する様子を見せませんでした。

シイノはマリコがベランダから飛び降りた、マリコが借りていたマンションにやってきました。

マリコの部屋は既に業者が入っていて、掃除が終わろうとしている状態でした。

シイノは部屋を片付けていた業者の人間から、マリコの遺体がそのまま直葬され、すでに骨になっていることを聞かされました。

シイノはマリコを助けられなかったことを悔やみます。

そして、今自分に何ができるかを考えました。

シイノは自分の家に帰宅し、台所から包丁を取り出してバックに入れ、マリコの父親が住むマリコの実家へと向かいました。

マリコの父親(尾美としのり)はひどい父親で、マリコは幼い頃から暴力を振るわれていました。

マリコは性的な虐待を受けたり、とにかく辛い生活を送っていました。

マリコが育ってきた環境を知っているシイノは、マリコの遺骨を奪うために。マリコの実家を訪れました。

シイノがインターホンを押すと、応対してくれたのはマリコの父親が再婚した田村恭子(吉田羊)でした。

田村恭子は悪い人間ではないので、シイノは心の中で「この人がもっと早くあの父親と再婚してくれていれば、マリコはこんなことにならずに済んだのに」と思わずにはいられませんでした。

家の中には簡易的な仏壇が作られていて、マリコの遺骨が置かれている仏壇の前に、マリコの父親が座り込んでいました。

シイノはいきなり父親に体当たりをかまし、遺骨を奪い取りました。

激怒したマリコの父親がシイノに向かってきますが、シイノは持ってきた包丁を取り出し応戦しました。

田村恭子がマリコの父親を制止している間に、シイノはマリコの遺骨を持ったままベランダから飛び降りました。

靴は玄関に置いたままなので、シイノは裸足で着地し遺骨を抱いたまま川を渡って逃げました。

家の中では、田村恭子がマリコの父親に向かって「あなたが全て悪い」と罵声を浴びせていました。

マリコの遺骨とともに自宅に戻ったシイノは、マリコが海に行きたがっていたことを思い出し、遺骨を持って海に行くことを決めます。

しかし、裸足で帰宅してきたため出かける靴がありません。

シイノは初めてのバイト代で買った大昔に履いていたドクターマーチンを引っ張り出しますが、カビだらけでとても履ける状態ではありませんでした。

それでもシイノは必死にドクターマーチンに消臭スプレーをかけました。

マリコの遺骨を持って外に出たシイノは、まりがおか岬という場所に行き先を決めます。

マリコの遺骨に向かって「本当に私に手紙も残さずにいってしまったの?」と話しかけるシイノ。

遺骨を抱いたまま深夜バスに乗り込みました。

海辺の町に到着したシイノは、牛丼屋に入り牛丼をかきこみます。隣の席にはもう一杯牛丼が頼まれていて、中央に箸が突き立てられていました。

牛丼を食べ終わったシイノは電車とバスを乗り継ぎ、目的地であるまりがおか岬に向かいます。

バスに乗っていると一人の女子高生が乗っていて、シイノはマリコと過ごした学生時代のことを思い出しました。

バス乗れたシイノはどこで移動開始しますが、すぐに後ろから走ってきたバイクにリュックをひったくられてしまいます。

リュックの中には財布もスマホも全て入っていました。抱えていたマリコの遺骨以外は全て持ってかれてしまいました。

人気のない道路で途方に暮れているシイノの元に、地元民と思われる釣り道具を持った男性・マキオ(窪田正孝)が現れました。

マキオはシイノの状態を心配しますが、勝気なシイノは遺骨を置いたままひったくり犯を追いかけていってしまいます。

相手はバイクなので追いつくはずもなく、シイノは疲れきって元の場所に戻ってきます。

マキオはシイノが戻ってくるまで、その場で遺骨を見ていてくれました。

お礼を言うシイノに向かって「お金は持っているか」と聞くマキオ。

シイノは全てひったくられているため、1円も持っていないことを告げると、マキオはポケットから5000円を取り出し、シイノに渡しました。

必ず返すので名前と連絡先を教えて欲しいと言うシイノでしたが、マキオは返さなくていいと言って、その場を立ち去って行きました。

マキオは名を名乗りませんでしたが、持っていたクーラーボックスには大きく「マキオ」と書かれていました。

シイノは田舎町の居酒屋で一人お酒を飲んでいます。

マリコの幻想と話していたシイノは大きい声を上げてしまい、他の居酒屋のお客たちからからかわれてしまいます。

シイノはからかってきた他のお客たちにブチギレて、マリコへの想いを絞り出しました。

酔っ払ったシイノは浜辺にある船の中で朝を迎えました。

偶然マキオがやってきて、シイノのタフさを笑いました。

シイノはマリコと過ごした時間を再び思い出していました。

マリコはDVをする彼氏に悩まされていて、シイノはマリコの家に泊まるなどして出来る限り守っていました。

しかし、シイノのいないところでマリコは彼氏に会いに行き怪我をさせられてしまい、そんなマリコにシイノは声を荒げています。

そんなことを思い出しながら、シイノは目的地である岬へ到着しました。

マリコの幻覚を抱きしめながら、シイノはマリコと会話をしています。

遺骨に向かってひざまずき、自分を置いていったことを泣きながら怒りました。

偶然その場所にやってきたマキオが、シイノのその姿を見て驚いています。

シイノは決意したかのように、遺骨を持って崖から飛び降りようとします。

慌ててマキオが止めに入り、シイノを後ろから羽交い締めにしました。

そこへ突然、女子校生の助けてという叫びが聞こえてきます。

シイノが目をやると、バスで一緒になった女子校生がフルフェイスのヘルメットをかぶった男性に追われています

シイノは助けを求めている女子高生にマリコの姿を重ねていました。

衝動的に女子校生を助けに走り出したシイノは、持っていたマリコの遺骨の箱でフルフェイスヘルメットの男の顔面を弾き飛ばしました。

遺骨が入った箱は破損し、マリコの骨は上空を舞っていました。

シイノは舞い上がったマリコの骨を追いかけ、そのまま崖から落ちてしまいました。

崖から落ちたシイノは怪我はしてしまいましたが、命に別状はありませんでした。

意識を取り戻したシイノの少し先には、シイノにマリコのいくつの箱で殴られたフルフェイスヘルメットの男も横たわっていました。どちらも命に別状はなさそうです。

命に別状はないものの動けずにいるシイノのもとに、マキオがやってきました。

マキオはシイノに対して「なかなか死ねないんですよ、ここ」と話し、自分も半年前に命を断とうとしてこの崖から飛び降りたことを告げました。

病院で治療を受け、警察の調査に協力したシイノは、警察署を出るときに一人の警察官から手紙を渡されます。

シイノが助けた女子高生からの感謝の手紙でした。

感謝の気持ちが綴られている手紙を見たシイノの顔は微笑んでいました。

シイノは自宅に戻る決意をします。

マキオが駅まで見送りに来てくれて、シイノにお弁当を持たせてくれました。

シイノはマキオに「このご恩は一生忘れません」と告げ、電車に乗り込みました。

電車に乗り込んで座席に座ったシイノは、すぐにお弁当を開けて食べ始めます。

そっけなくマキオに手を振る姿にシイノらしさがあふれていました。

自宅に戻り、会社に出社したシイノは欠勤を続けた責任を取るつもりで、上司に退職届を提出します。

しかし上司は「人が足りないのに辞めさせるわけないだろ、うちはブラック企業だぞ」と言って、退職届をシイノの目の前で破り捨てました。

シイノはこれまで通りの生活に戻りました。

仕事を終えて自宅に戻ってきたシイノは、玄関のドアノブに紙袋がかかっていることに気づきます。

中身を見ると、マリコの父親と再婚した田村恭子からの手紙が入っていて、遺骨を奪った時に置いてきたシイノの靴が入っていました。

「おばさんどんだけいい人なんだよ」とつぶやきながら紙袋の中を見ていたシイノは、もう一通手紙が入っていることに気がつきます。

マリコがシイノ宛に書いた手紙でした。

シイノは「シイちゃんへ」と書かれた手紙を読み始めます。

手紙を読んでいるシイノの表情に浮かんだ感情は…?

結末は本編をご覧ください。

映画『マイ・ブロークン・マリコ』感想・評価・レビュー

正直もともとは映画自体にあまり惹かれていなくて「永野芽郁ちゃんが出てるから観てみようかな」ぐらいの気持ちで鑑賞したのですが、かなり良かったです。

永野芽郁目当てで観たのに矛盾しているかもしれませんが、少しやさぐれた感じの女性の役を永野芽郁ちゃんが演じるのは厳しいだろうなと思いながら観始めたのですが、永野芽郁ちゃん素晴らしかったです。

『地獄の花園』の時よりも素晴らしい演技を見せてくれています。(地獄の花園も楽しめる映画なのでおすすめですよ)

『マイ・ブロークン・マリコ』は、永野芽郁が女優としての新境地を開拓した映画と言えるのではないでしょうか。

あまり丁寧ではない言葉遣いや叫ぶシーンなどもすごく自然というか、しっかりと自分のものにしていた印象です。

窪田正孝さんも相変わらず素晴らしくて、余計なことをしない自然さが際立っていました。

僕は原作の漫画を読んでいないのですが、原作漫画を読んでいる人の感想も少し気になるところです。

素晴らしい映画だったので、漫画と切り離して考えるほうがいいのかもしれません。

観ていて辛くなるシーンもありますが、必要以上に重々しく描こうとしていない演出が良かったです。

日本映画によくありがちな、お涙頂戴なテイストは全くありません。

上映時間が90分ないので、「ちょっと観てみようかな」と思ったら気軽に始められる映画です。(内容は気軽じゃないですけどね)

自信を持っておすすめできる映画です。

映画『マイ・ブロークン・マリコ』

勝手に逝った、あんたのために。

永野芽郁出演映画はこちらもおすすめ。

映画『地獄の花園』ネタバレあらすじ・キャスト・評価

映画地獄の花園ネタバレあらすじキャスト評価
映画『地獄の花園』ネタバレあらすじ・キャスト・評価・感想 永野芽郁

続きを見る

-ドラマ・泣ける映画