映画ネタバレあらすじ評価

映画『記憶にございません!』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 天海祐希や有働アナはどこに出演?

映画記憶にございません!ネタバレあらすじキャスト評価

映画『記憶にございません!』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 天海祐希や有働アナはどこに出演?

今回の絶対おすすめ映画は『記憶にございません!』です。

映画『記憶にございません!』は、三谷幸喜が脚本・監督を務めたフジテレビ開局60周年記念作品です。

中井貴一や佐藤浩市、ディーンフジオカや梶原善、小池栄子、木村佳乃、石田ゆり子など豪華キャストが顔をそろえていて、否が応でも期待が高まる映画です。

天海祐希さんや有働由美子さんなど、隠れキャストが話題にもなりました。(キャスト紹介を参考にしてください)

それでは『記憶にございません!』の映画紹介です。

映画『記憶にございません!』は2019年に公開された日本映画。

上映時間は127分。

監督・脚本は三谷幸喜監督

『みんなのいえ』『マジックアワー』『ステキな金縛り』など多くのコメディ映画を監督しています。

キャストは

黒田啓介・・・中井貴一

井坂・・・ディーンフジオカ

黒田聡子・・・石田ゆり子

番場のぞみ・・・小池栄子

寿賀・・・斉藤由貴

山西あかね・・・吉田羊

大関平太郎・・・田中圭

南条実・・・寺島進

黒田篤彦・・・濱田龍臣

ニュースキャスター・・・有働由美子

小野田治・・・梶原善

古賀・・・藤本隆宏

野々宮万作・・・迫田孝也

八代・・・後藤淳平(ジャルジャル)

ジェット和田・・・宮澤エマ

森崎・・・小林隆

牛尾・・・飯尾和樹

定食屋の店長・・・阿南健治

中年のサラリーマン・・・近藤芳正

スナイパー・・・川平慈英

ドラマ主演女優・・・天海祐希

声の出演・・・山寺宏一

スーザンセントジェームスナリカワ・・・木村佳乃

鶴丸大悟・・・草刈正雄

古郡祐・・・佐藤浩市

ほか。

三谷幸喜映画『記憶にございません!』あらすじ・ネタバレ

病室で目を覚ました黒田啓介(中井貴一)は自分の状況が理解できずにいました。

病室を出ると黒いスーツを着た男たちが駆けつけてきたので、黒田は驚いて病院からに逃げ出して通りへと出ていきます。

黒田啓介は記憶を失っていました。

黒田は現職の内閣総理大臣で、頭に石がぶつかり記憶を失い病院で治療を受けていました。

黒いスーツを着た男たちは総理のSPでした。

通りに出た黒田は通りがかりのサラリーマン(近藤芳正)に文句を言われます。

さらに空腹のために入った定食屋でも自分が嫌われている空気を感じます。

テレビでは総理大臣の黒田をこき下ろす内容のニュースが流れていて、黒田は自分の顔とテレビの総理の顔が同じであることに気が付き驚きました。

警官の大岡平太郎(田中圭)が連行しますが、まさか本物の内閣総理大臣とは思っていませんでした。

そこへ秘書の井坂(ディーンフジオカ)がSPを連れて現れて、黒田を保護して車で走り去っていきました。

大岡は何が起きているかまったくわかりませんでした。

黒田は井坂から事情を聞き、自分が支持率最悪のダメ道理大臣であることを知ります。

さらに国会の様子を見た黒田は、自分の開き直った醜態を見て愕然とします。

黒田は記憶のない状態で総理大臣は続けられないと話しますが、井坂は黒田が記憶をなくしたことを、同じく秘書の番場のぞみ(小池栄子)ら側近だけの機密事項にすることにし、そのまま黒田に総理を続行させることにします。

番場に付き添われて私邸に戻った黒田でしたが、記憶がないため使用人の寿賀(斉藤由貴)を妻と勘違いしてハグしたり、妻の黒田聡子(石田ゆり子)、息子の黒田篤彦(濱田龍臣)らの顔を見ても、もちろん何も思い出せません。

自分に対して2人が冷たい態度をとることから、自分がどしようもない人間だったであろうことはわかりました。

番場にありがとうと伝えると、番場は初めて総理にお礼を言われたと動揺するほどの、黒田は人としてダメな男でした。

妻の聡子は秘書の井坂とできていて、黒田はその事実を知った後に記憶を失っていたので、記憶喪失の事実を知らない聡子は何も言って来ない黒田に逆に恐怖を感じます。

黒田は官房長官の鶴丸大悟(草刈正雄)のいいなりの総理でした。

鶴丸は総理が何人も交代する中で、10年間も官房長官の座に居続けていました。

黒田は国会議事堂の横にもう1つ国会議事堂を作る計画を立てていて、小学校からの友人の建設会社の小野田治(梶原善)から多額の賄賂を受け取っていました。

さらに国会議員の野党の山西あかね(吉田羊)と不倫関係にありました。

様々な悪事を働いていた黒田はフリー記者の古郡祐から、何かの証拠写真を買い取るようにゆすられていました。

黒田はこれまでの自分の行いを知り、記憶をなくしたことをきっかけに自分が生まれ変わる決心をします。

井坂は官房長官の鶴丸をどうにかしないと何も変わらないとアドバイスをし、黒田は自分をゆすっている記者の古郡に、鶴丸の悪事の証拠をとるように依頼しました。

さらに黒田はこれまで行ってきた悪事を認め、国会で誠心誠意謝罪をしました。

国会議事堂をもう1つ作る計画もすぐに中止にしました。

黒田は聡子と篤彦との関係も修復しようとしますが、家族の溝はなかなか埋まりませんでした。

鶴丸は黒田の異変に気が付いて黒田を失脚させようと動き出しますが、黒田は記憶が戻ったふりをして鶴丸の攻撃をかわします。

アメリカの大統領スーザンセントジェームスナリカワ(木村佳乃)が来日し、黒田はゴルフや手料理で必死にもてなします。

スーザンはアメリカンチェリーの関税を特別扱いするように黒田に内密に頼んできますが、黒田は日本の農家も守らなければいけないとこれを拒絶します。

すでに事前に話をつけていた鶴丸はこれに激怒しますが、黒田はブレません。

鶴丸はアメリカを怒らせた黒田は勝手に自滅するとほくそ笑んでいました。

しかしスーザンは記者たちに黒田の総理大臣としての資質を絶賛しました。

腹を割って話せる総理として、黒田のことをほめたたえました。

黒田はこの勢いのまま、古郡が取ってきた鶴丸のやばい証拠写真を使って鶴丸を官房長官から引きずり落とすことに成功しました。

クリーンな政治を目指して黒田が邁進しようとしている矢先に、鶴丸は古郡に大金を積んで、井坂と聡子の不倫写真を世の中に公表しました。

これで黒田を窮地に追い込んだと思った鶴丸でしたが、黒田は国会答弁で、聡子への愛情が欠けていたことを詫び、心から愛していることを告白し、聡子は黒田のもとに戻ります、多くの人が心を打たれました。

鶴丸はスナイパー(川平慈英)に黒田を狙わせますが、井坂が気が付き黒田を守りました。

鶴丸の秘書が古郡のもとに来て、黒田の息子が飲酒で捕まった過去があるのでリークしてほしいと頼んできますが、古郡は『俺はそこまでクズにはなれない』と断ります。

秘書は古郡の言葉を聞くと『同意見です』と答えました。

黒田の生まれ変わったような総理大臣ぶりを見た息子の篤彦が首相官邸にやってきて、『自分も将来総理大臣になりたい』と告げて、黒田は感動します。

番場が黒田の小学校時代の作文を発見しました。

そこには黒田が幼いころから総理大臣になりたいと思っていたことが書かれていて、周囲からおとなしいから向いていないと言われていることが書かれていました。

ただ黒田少年は本当はおしゃべりになれるのにと書いていて、記憶がなくなったりするきっかけがあればいいのになと書かれていました。

番場は作文を黒田の前で読み、黒田に記憶がなくなったのは嘘だったのかと聞きました。

黒田の答えは…?

続きは本編をご覧ください。

三谷幸喜映画『記憶にございません!』感想・評価

映画『記憶にございません!』、率直な感想としてはとっても面白かったです。

かなり楽しませてもらっていい時間を過ごさせて頂きました。

面白かったというのが前提ですが、期待値が高すぎたので期待値ほどの面白さではなかったかなと思いました。

三谷幸喜監督で中井貴一さんや佐藤浩市さんが出演されているというだけで個人的にめちゃくちゃ期待してしまうので、期待値が高すぎただけかもしれません。

しかもアマプラで見放題で鑑賞できるまで待っていたので、なおさら期待値が高まっていました。

脚本のひねりが三谷幸喜さんであればもっとあってもよさそうなのになと感じました。

中井貴一さんはさすがのお芝居で最高に面白いし感動させてくれます。

佐藤浩市さんも渋くて良かったです。

個人的に『さすが!』と特に思ったのは小池栄子さんでした。

小池栄子さんってすごくいい女優さんですよね。演技もシリアスからコメディまで幅広くうまくて、すごくいい女優さんだと思います。

映画『記憶にございません!』でもすごく輝いていました。

近藤芳正さんとか梶原善さんの出番がもっと欲しかったなぁというのも感じました。完全に個人的な好みですが(笑)

とは言っても、映画『記憶にございません!』はとっても楽しめる映画でした!

さすが三谷幸喜監督という感じです。

古畑任三郎みたいな話の映画も撮ってほしいな。。。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『記憶にございません!』

どうやら僕はこの国の最高権力者らしい。

三谷幸喜映画はこちらもおすすめ。

映画みんなのいえネタバレあらすじキャスト評価
映画『みんなのいえ』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評判 三谷幸喜監督

映画『みんなのいえ』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評判 三谷幸喜監督 今回の絶対おすすめ映画は『みんなのいえ』です。 『みんなのいえ』は三谷幸喜さんが脚本・監督を務めた映画で、爆笑はもちろんですが ...

続きを見る

-映画ネタバレあらすじ評価