サスペンス・ホラー映画

サメホラー映画『海底47m』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評価 実話?

映画海底47mネタバレあらすじキャスト評価

サメホラー映画『海底47m』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評価 実話?

今回の絶対おすすめ映画は『海底47m』です。

映画『海底47m』は、海底に取り残されサメに襲われる2人の女性を描いたホラー映画です。

サメの描写がいわゆるホラーのサメといった感じではなくかなりリアルなので、臨場感をかなり与えてくれます。

酸素ボンベの残量との闘いなど、サメに襲われる恐怖以外にもハラハラドキドキさせてくれる映画です。

映画『海底47m』は実話ではありません。

それでは『海底47m』の映画紹介です。

映画『海底47m』は2017年に日本公開されたイギリス映画。

上映時間は90分。

監督はヨハネス・ロバーツ監督

キャストは

ケイト…クレア・ホルト

リサ記号…マンディ・ムーア

ハビエル…クリス・J・ジョンソン

ルイス…ヤニゲルマン

ベンジャミン…サンティアゴ・セグーラ

テイラー船長…マシュー・モディーン

ほか。

サメホラー映画『海底47m』あらすじ・ネタバレ

メキシコにバカンスに訪れたケイト(クレアホルト)とリサ(マンディムーア)は、旅行中に知り合った男性からサメのケージダイビングに誘われます。

ケージダイビングは鉄のケージに入って海に潜り、安全な状態でサメを見ることです。

翌日、ケイトとリサは船に乗り男性たちとともにケージダイビングのために沖へと出て行きました。

リサはかなり怖がっていましたが、ケイトは楽しむ気満々でいざケージダイビングを開始します。

ケージに入り海の中へと潜っていくケイトとリサ。

海中の綺麗な景色にリサもテンションが上がりますが、巨大なサメがケージ前を突然通過し絶句します。

サメは一匹ではなくさらにもう一匹、巨大なサメが現れました。

サメはケージに攻撃をしてきたわけではありませんでしたが、リサは恐怖に耐えきれずケージを上げてくれと船上の男性たちに無線で連絡をします。

ケイトはまだ楽しみたいと訴えましたが、リサの精神状態がいっぱいいっぱいのため、一旦ケージを引き上げてもらうことになります。

しかしケージを引き上げている時に、ケージを連結しているワイヤーが切れてしまいます。

ケージは海中にはなたれ、ものすごい勢いで海底へと向かって沈んでいきます。

もちろんリサとケイトはケージの中に入ったままです。

ケージは海底47mの位置で停止しました。

ケージが停止した海底47mは無線の圏外になってしまっていて、ケイトとリサは船上の人間たちと連絡を取り合うことができませんでした。

酸素ボンベの残量を心配したケイトとリサはサメのいる海中の中でパニックになりそうになりますが、少し上に上がれば無線が通じるかもしれないとダイビング経験のあるケイトがケージを出て上に泳いでいきます。

海底40mの位置まで行くと無線が通じ、ケイトは助けを求めます。

サメから身を守る方法はケージの中にいるしかないと指示を受け、ケイトは大急ぎへとケージへと戻りました。

ケージに入る瞬間、サメが襲ってきますが、間一髪でケイトはケージの中へと入り込みます。

サメはケージに噛みついてきてケージは破損をしますが、なんとか2人は無事にケージの中で待機しました。

しかし酸素ボンベの残量はどんどん減っていってしまっていました。

リサとケイトが明かりを発見します。

船上にいたハビエル(クリスJジョンソン)が救助にやってきていました。

なかなか自分たちの居場所に気づいてもらえないため、リサはケージを出て明かりの方へと向かっていきます。

ハビエルと落ち合ったリサでしたが、その瞬間ハビエルはサメに襲われてしまいます。

リサはハビエルが持っていた予備のケーブルと水中ガンを拾い、ケージへと戻りました。サメは襲ってきましたがなんとかケージへとたどり着きました。

持ってきたケーブルをケージにつなぎ、船上に連絡しケージを引き上げてもらいます。

これで無事に帰れると安堵していたケイトとリサですが、ケーブルが細く、ケージの重さに耐えきれずに切れてしまい、ケージは再び海底へと落下していきます。

海底へと落ちたケージの底の部分にリサは足を挟まれて動けなくなってしまいます。

予備のボンベが船上から落とされますが、そのボンベを取りに行っている間にケイトがサメに襲われてしまいます。

リサは目の前でケイトがサメに襲われるのを見てしまいパニックになります。

リサはケージの中から予備のボンベをなんとか引き寄せようとしますが、なかなかうまくいきません。ようやくケージの中に予備のボンベを入れ、酸素を吸う事に成功します。

リサの無線にケイトの声が聞こえてきます。

リサはケイトがサメに襲われて絶命したと思っていたので、興奮してケイトに話しかけます。

ケイトはサメから一回は逃れたけど、今またサメに囲まれているとリサに無線で伝えます。

リサはケイトのためにケージから出て海上にでることを決意します。

ケイトを抱きかかえ、発煙筒をたきながら周りにいるサメたちをけん制しながら海上へと向かいます。

船上からは危険だからケージに戻れと無線が入りますが、リサはケイトが大ケガをしているためもう浮上するしかないと言って海上を目指しました。

海上に顔を出したケイトとリサは船上から投げられた浮き輪を頼りに船を目指しますが、サメに足を食いつかれてしまいます。

なんとか船の下まで行きますが、引き上げられるときにもサメは足に再び食いついてきました。

それでもなんとか船上に引き上げられたケイトとリサ。

船上の人間たちが大ケガをしている2人の足に応急処置を施します。

テイラー船長(マシューモディーン)がリサに話しかけます。

リサはテイラー船長の声がまともに聞こえず、朦朧とした意識の中で自分の手を見ながら笑いだしていました。

しかし、リサがケイトを連れて海上に出て救助されたのは、すべてリサの幻覚で…

結末は本編をご覧ください。

映画『海底47m』感想・評価

映画『海底47m』、ドキドキハラハラしながら鑑賞させて頂きました。

もうストーリーとかは言い方悪いですがどうでもいいんです。

シチュエーションと演出と俳優の演技だけでしっかりドキドキさせてもらいました。

サメがリアルです!それが怖さを増す大きな要因なのですが、エンタメ感があんまりないサメなので、かなり現実味があっていやがおうにも緊張させられます。

酸素ボンベの残量によるタイムリミットが近づいている恐怖も加えられるので、本当に心臓に悪い映画です。

こういった映画のお決まりの2人組みの、片方は乗り気で片方は乗り気じゃないという形はオーソドックスなのですが、海底に沈んでからはずっと息をのむ展開が続きます。

『海底47m』を鑑賞後になんだか頭がちょっと痛くなってしまったのですが、たぶん力が入ってしまっていたからだと思われます(笑)

それぐらいハラハラドキドキできる映画です。

おすすめ映画です。ぜひ。

感想はコメント欄にお気軽にどうぞ。

映画『海底47m』

この夏、あなたはもう海に潜れない

サメの映画はこちらもおすすめ。

映画『ロストバケーション』ネタバレあらすじキャスト評価

サメ映画ロスト・バケーションネタバレあらすじキャスト評価
サメ映画『ロスト・バケーション』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 実話?ありえない?

クリックできる目次サメ映画『ロスト・バケーション』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 実話?ありえない?サメ映画『ロスト・バケーション』あらすじ・ネタバレサメ映画『ロスト・バケーション』感想・評価 サメ ...

続きを見る

-サスペンス・ホラー映画