映画ネタバレあらすじ評価

映画『アンブレイカブル』ネタバレあらすじキャスト評価

スポンサーリンク

映画『アンブレイカブル』ネタバレあらすじキャスト評価【概要・キャスト】

今回の絶対おすすめ映画は『アンブレイカブル』です。

映画『アンブレイカブル』は『シックスセンス』で世の中に衝撃を与えたMナイトシャマラン監督とブルースウィリスがタッグを組んだ映画で、SFサスペンスとなっています。

サミュエルLジャクソンの存在感も半端じゃなく、ヒーローの存在を独特な視点でとらえた映画となっています。

それでは『アンブレイカブル』の映画紹介です。

映画『アンブレイカブル』は2001年に公開されたアメリカ映画です。

上映時間は106分。

監督はMナイトシャマラン監督『シックスセンス』『サイン』『ヴィレッジ』『スプリット』などを監督しています。

キャストは

デヴィッドダン・・・ブルースウィリス

イライジャプライス・・・サミュエルLジャクソン

オードリーダン・・・ロビンライトペン

ジェセフダン・・・スペンサートリートクラーク

イライジャの母・・・シャーレイウッダード

マシソン医師・・・イーモンウォーカー

ケリー・・・レスリーステファンソン

ベビーシッター・・・ミケリアキャロル

オレンジ色の服の男・・・チャンスケリー

デュービン医師・・・マイケルケリー

ジェンキンズ・・・ジョーイペリロ

ビジネスマン・・・ファードスバンジ

ドラッグの売人・・・Mナイトシャラマン

ほか。

映画『アンブレイカブル』あらすじ・ネタバレ

大学のスタジアムの警備員をやっているデヴィッドダン(ブルースウィリス)は、結婚して息子もいる中年男性です。

妻のオードリーダン(ロビンライトペン)と息子のジェセフダン(スペンサートリートクラーク)と3人でつつましやかに暮らしていました。

ある時、フィラデルフィアでデヴィッドが乗っていた列車が、脱線事故を起こし大惨事となります。

乗客はみな命を落としましたが、デヴィッドだけは命に別状がないどころかかすり傷ひとつついていませんでした。

デヴィッドの無傷の様子を見た医者は驚かずにいられませんでした。

病院に駆けつけている大勢の乗客の遺族たちの間を歩き、オードリーとジョセフと強く抱擁するデヴィッドは、なぜ自分だけがかすり傷ひとつなく助かったのか不可解でした。

そしてデヴィッドの前に、1枚のカードが目に入ります。

カードには『あんたはいままでの人生で何日病気にかかりましたか?』

と書かれていました。

デヴィッドは実際病気になった覚えが全然ありませんでした。

妻のオードリーにも確認しますが、病気になったのは遠い昔の出来事のようでした。

デヴィッドはカードの送り主であるイライジャプライス(サミュエルLジャクソン)に会ってみることにし、ジョセフを伴ってイライジャの元へと向かいました。

イライジャはコミックの原画の画廊のオーナーをしている人物でした。イライジャ自身が熱狂的なコレクターです。

イライジャは生まれつき非常に骨が折れやすい体質で、骨形成不全症という難病を患っていました。

イライジャはデヴィッドに自分の身の上話をして、自分のように体の弱い人間がいることは、逆にヒーローのような不死身の肉体を持った人間もいるはずと考えていること、そしてそれがデヴィッドなのだとイライジャはデヴィッドに話しました。

デヴィッドは相手にしていませんでしたが、言われていることは当たっていました。

イライジャはデヴィッドがスタジアムの警備員をやっていることに疑問を感じ、やっていたアメフトをなぜ辞めたのかを問います。

デヴィッドは妻のオードリーとすでにつきあっていて、オードリーがアメフトに賛成ではなかったので、愛を選んだデヴィッドはアメフトをやめる決意をし、辞める口実にけがを装っていました。

デヴィッドはこれまでも病気やけがをしないで生きてきていたのでした。

デヴィッドはイライジャを怪しい人物と思っていましたが、同席していた息子のジョセフは、父親のデヴィッドがヒーローである可能性に期待せずにいられませんでした。

父親のデヴィッドが不死身であるかを確認するために、ジョセフは自宅にあった拳銃を持ち出し。、デヴィッドに向けて不死身かどうかを確かめると言い出しました。

オードリーが必死に止めますが、ジョセフは本当に撃とうとしています。

デヴィッドは撃ったらパパは1人でニューヨークに行くと言い、撃ってもパパ死なないけど、ニューヨークに行ってしまうからなと告げました。

ジョセフは銃をテーブルの上に置きました。

デヴィッドには不死身の身体(破壊されない身体)の能力の他に、危険な人物、悪事を働いた人物の行動が察知できる(様子が映像化される)能力もありました。

イライジャから自分がヒーローとしての能力があることを指摘されたデヴィッドは、スタジアムの警備中にドラッグの売人(Mナイトシャラマン)に声をかけて尋問をしてみたりして、以前よりも行動を起こすようになっていました。

ほかにも宝石店で窃盗をした女性などの犯罪の映像が見える中で、デヴィッドは見かけたオレンジ色の服を着た男(チャンスケリー)が、一軒家に押し入って家族を襲う映像を見て、オレンジ色の服を着た清掃員の後をつけることにしました。

オレンジ色の服を着た男はとある家で子供たちを拘束して監禁していました。

デヴィッドは拘束を解いて犯人と格闘します。

途中でプールに落とされて溺れかけますが、何とかプールから出たデヴィッドはオレンジ色の服を着た男を捕らえることに成功しました。

何ごともなかったように食卓で食事をしているデヴィッドは、ジョセフがやってくると新聞の記事を無言で見せます。

新聞にはデヴィッドっぽいシルエットの絵が描かれていて、『謎のヒーロー現る』という見出しで、子供を救った記事が書かれていました。

デヴィッドはオードリーには聞こえないように、口の動きで『お前の言うとおりだった』とジョセフに告げました。

ジョセフは涙ぐんで喜びをかみしめていました。

デヴィッドは自分の才能に気づかせてくれたイライジャの元を訪れます。

ところがイライジャの映像がデヴィッドに見えだします。列車事故や航空機事故、ホテル火災などの大きな事故の光景でした。

イライジャは車いすで自分のデスクにいました。

あたりにはデヴィッドが映像で見た事故の記事がたくさん貼られています。

デヴィッドは気が付きました。

イライジャはヒーローを探していて、不死身の人間を探すために、数々の事故を起こしていたのでした。その結果ようやく見つけたのがデヴィッドだったのです。

デヴィッドは犠牲になった人たちのことを思いショックを受けます。

イライジャはさらにヒーローに対峙する悪役はヒーローと逆の素質を持っていて、ヒーローと元々友達だったりする、とコミックと現実の境目がなくなっているような発言を続けます。

デヴィッドはイライジャの元を去り、警察に通報、事故現場の物的証拠などからイライジャは逮捕されました。

イライジャは精神病院に収監されました。

映画『アンブレイカブル』感想・評価

映画『アンブレイカブル』は、「ヒーローもの」というジャンルでとらえると非常に異色な作品です。

ヒーローが作りだされるまでの過程が描かれているのは、珍しいことではないと思いますが、人間の狂気がきっかけになっているというのは斬新というかあまりないですよね。

そしてこのきっかけを与えるイライジャを演じているサミュエルLジャクソンが素晴らしいので、どんどん作品に引き込まれます。

ブルースウィリスも終始、決して派手さはないものの重厚な演技で楽しませてくれます。

新聞記事を子供に見せて小声で「お前の言う通りだった」というシーンはかなり痺れましたし感動しました。

そしてラストですが、サミュエルLジャクソン演じるイライジャがあれだけの告白をした後に、デヴィッドが自ら手を下すのではなく、警察にあっさり通報するというのは、いい意味で期待を裏切ってくれて最高でした。

デヴィッドが始末するとか映画だと多そうなのにあえてそれをやらないあたりさすがです。

おすすめ映画です。ぜひ。ユーネクストは鑑賞しました(2020/8)

映画『アンブレイカブル』

真実を知る覚悟はあるか。

【無料体験機関があるVODを集めています。まだ利用してないVODの無料体験を】

スポンサーリンク

-映画ネタバレあらすじ評価

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5