広告 ドラマ・泣ける映画

映画『ゼログラビティ』ネタバレあらすじ結末と感想評価|結末は?ありえない?

映画ゼロ・グラヴィティネタバレあらすじキャスト評価結末

映画『ゼログラビティ』キャスト・概要・監督

今回のおすすめ映画は『ゼロ・グラビティ』です。

映画『ゼロ・グラヴィティ』は宇宙が舞台になっているSF映画で、ヒューマンドラマ的な要素もふんだんに盛り込まれています。

手に汗握る展開で、あっという間に時間が過ぎ去る映画です。

「どうやって撮影したんだろう」と疑問が湧いてくるような無重力状態の映像にも引き込まれます。

それではさっそく映画『ゼロ・グラビティ』の映画を紹介していきます。

映画『ゼロ・グラビティ』は、2013年に公開されたアメリカ・イギリス映画。

上映時間は91分。

監督はアルフォンソ・キュアロン監督。

『ハリーポッターとアズカバンの囚人』を監督していることで有名です。

【キャスト】

ライアン・ストーン…サンドラ・ブロック

マット・コアルスキー…ジョージ・クルーニー

NASAの管制官…エド・ハリス

シャリフ…ファルダット・シャーマ

シャトル船長…エイミー・ウォレン

ISS船長…バシャール・サヴェージ

ほか。

 

映画『ゼロ・グラビティ』ネタバレ・あらすじ・結末

医療技師であるライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、スペースミッションのため初めて宇宙にやってきていました。

一緒に宇宙に来ているベテランのマット・コアルスキー(ジョージ・クルーニー)とシャリフ(ファルダット・シャーマ)とともに、ライアンはスペースシャトル『エクスプローラー号』の外に出て宇宙遊泳をしながら修理を行ったり、ヒューストンの基地にデータを送ったりしていました。

ライアンはヒューストンに何度もデータ送信を行っていましたが、思うようにデータを送ることができず手こずっています。

マットは船外活動ユニットの確認作業を行っていましたが、突然マットにヒューストンの本部から連絡が入ります。

ヒューストンからの連絡は『膨大な宇宙のゴミが高速で向かってきているので、船内に入って避難するように』という内容でした。

ロシアが自国の人工衛星を破壊したことで、他の人工衛星も連鎖的に破壊され大量の宇宙ゴミが発生してしまったのが原因でした。

ライアンやマットたちは突然危険にさらされることになりました。

宇宙ゴミは高速で接近してきたため、ライアンとマットとシャリフは避難に間に合わず、スペースシャトル『エクスプローラー号』に宇宙ゴミが衝突してしまいます。

ライアンとマットはそれぞれ弾き飛ばされ、ライアンはパニックに陥り呼吸が浅い状態で宇宙を漂っていました。

ベテランのマットが通信でライアンに語りかけます。

とにかく落ち着いて呼吸を激しくしないように指示し、ベテランらしい落ち着きでライアンの体と自分の体をロープでつなぐことに成功しました。

マットのリードでエクスプローラー号に戻る2人でしたが、途中でシャリフを発見するものの高速で飛んできた宇宙ゴミが顔面にぶつかったシャリフはすでに息絶えていました。

エクスプローラー号に戻るも、スペースシャトルはすでに大破していて中に残っていた乗務員たちは宇宙服を身につけていなかったこともあり、すでに絶命していました。

マットは宇宙ゴミが再び向かってくることを予測していました。

スペースシャトルを失ったマットとライアンは、マットがテストをしていた船外活動ユニットを活用して国際宇宙ステーションに向かうことにします。

ライアンがパニックを起こさないようにマットは、ライアンに家族の質問をしたり気を紛らわせようとしていました。

ライアンは最愛の娘の命を失った過去をマットに話しました。

国際宇宙ステーションにたどり着いた2人でしたが、不運なことにこちらも破損しており、地球へ帰還するためのソユーズ宇宙船はすでに1機が離脱していて、残っている1機もパラシュートが開かれた状態になっていました。

国際宇宙ステーションの様子を見たマットは、中国の宇宙ステーションである『天宮』へ向かう提案をライアンに話します。

しかし船外活動ユニットは燃料切れを起こしていて、2人は激しく宇宙ステーションに衝突してしまい、宇宙空間に放り出されてしまいました。

宇宙ステーションから離れてしまうと、もう戻ってくることはできなくなってしまいます。

宇宙空間に漂っていたパラシュートのワイヤーがライアンの足に引っかかり、ライアンはその場にとど。ことに成功します。

ライアンが持つロープをマットが掴み、2人はなんとかその場にとど。ことに成功しますが、ライアンの足に絡まったロープはマットの離される力によって今にも外れそうになっていました。

このままでは2人とも命を落としてしまうと判断したマットは、ライアンにロープを離すように指示します。

ライアンはこの指示に背きますが、マットはライアンだけでも救うために自らロープのフックを外して宇宙空間へと消えていきました。

マットは宇宙の中に放り出されながらも、通信でライアンに語りかけ勇気を与えています。

ライアンは一人で破損した宇宙ステーションに戻り、ヒューストンへ通信を試みます。

宇宙服を脱いで一息ついたライアンでしたが、ステーション内で火災が発生し再び窮地に立たされます。

ソユーズに乗り込み離脱を図ったライアンでしたが、パラシュートのワイヤーが本体に絡まってしまっていて、うまく離脱することができません。

ライアンは宇宙服を着込みパラシュートのワイヤーを外しに行きますが、再び宇宙ゴミが飛んできて宇宙ステーションは大破してしまいました。

ソユーズに乗り込み発進しようとするライアンでしたが、燃料を使い果たしてしまっていて、下がり続ける船内の気温の中で意識が朦朧としてきていました。

無線で必死に助けを求めていたライアンは、地球のある人物と無線がつながり、犬の鳴き声を聞いて心が落ち着き、静かに自分の人生の終わりを迎える覚悟を決めます。

目を閉じていたライアンでしたが、突然ソユーズの窓をノックする音が聞こえ目を開けます。

窓の外には宇宙服を着ているマットがいて、ソユーズの中に乗り込んできました。

マットはライアンに希望を捨てないように話し、着陸する時に使う逆噴射装置を使って中国のステーションである『天宮』に向かう方法をアドバイスします。

生きることを諦めていたライアンでしたが、マットの言葉に再び生きる希望を見出します。

しかしライアンがマットの方に目線を向けると、そこにマットはいませんでした。

ライアンが作り出した幻だったのか、ライアンを救うためにマットの思いが形となって現れたのか…とにかくライアンはマットのアドバイス通りに逆噴射で天宮へと向かいました。

中国の宇宙ステーションである天宮の付近までやってきたライアンでしたが、ソユーズをうまくドッキングすることができず、消火器を持ってソユーズから出て天宮の中に入ろうと試みます。

消火器を噴射させて自分の体を流しながら、天宮にたどり着いたライアンは中に入ると、地球に帰還するための宇宙船『神船』のユニットまで行き、脱出を試みます。

天宮も被害を受けていて長くは持たない状態でした。

焦るライアンは中国語で書かれた船内の指示に戸惑いながらも、なんとか神船を起動することに成功します。

天宮は高度を下げて大気圏へと突入しようとしています。

ライアンが乗った神船は間一髪のところで天宮から切り離されました。

ライアンは地球に帰還するために、過去に亡くした娘やマットに祈りを捧げます。

一度は生きる希望を完全になくしていたライアンでしたが、この時には絶対に生きて地球に帰還するという強い意志を持っていました。

その意思を持たせてくれたのはマットでした。

大気圏に突入し、ヒューストンから無線が入ります。

果たしてライアンは生きたまま地球に帰還することができるのか…?

手に汗握る結末は本編をご覧ください。

 

映画『ゼログラビティ』感想・評価

映画『ゼロ・グラビティ』の率直な感想ですが、非常に面白かったです。

最初から最後まで手に汗握る展開でハラハラドキドキさせてくれて、終わり方も個人的にとても好きな終わり方で大満足です。

ジョージ・クルーニー演じるマットの幻が出てきた時は涙が出そうになるぐらい感動しましたし、その後に奮い立ったサンドラ・ブロック演じるライアンの生きようとする姿勢にもとっても感動しました。

そして何より無重力状態を完璧に表現していて、「どうやって撮影しているんだろうか」とただただ驚きました。

本当に無重力状態を作って撮影しているんですかね?もしくはブルーバックでワイヤーで釣って撮影しているのだろうか?

ワイヤーで釣っているのだとしたら無重力に見せる演出が上手すぎて驚愕するレベルです。

無重力状態の表現がチャチクなかったことが、映画『ゼログラビティ』を楽しめた大きな要因の一つだと思います。

この部分がチャチかったら間違いなく興ざめしてしまっていたと思います。

個人的には非常に楽しめる映画だったのですが、映画『ゼロ・グラビティ』はありえないという感想も多いようです。

着ている宇宙服が酸素が長く持つタイプの宇宙服ではないということや、宇宙服の手袋をしたまま物を掴むことは簡単にはできないはずなど、様々なポイントに突っ込んでいる意見を見かけます。

映画というのは様々な意見があっていいものだと思っていますが、「ありえない」とツッコミを入れてる方々の意見に対しては、結構な疑問を持ってしまいます。

だって映画ですよ?実話が元でリアリティを追求している作品ではないのだから、ありえない演出があったって全然いいじゃないですか。

しかも宇宙に関して知識を持っていなければ全然気づかないポイントです。

僕は宇宙に対して詳しくないので違和感を感じることなく、映画『ゼロ・グラビティ』を楽しむことができました。

「ゼログラビティはありえない」と言っている人たちは、僕からすると「非常にもったいない」という印象です。映画として楽しむだけで素晴らしい時間を持つことができるんですから。

色々な意見がありますが、映画『ゼロ・グラビティ』は最初から最後まで楽しめる映画でした。

気になっているけどまだ観ていないという人は、是非一度鑑賞してみてください。

自信を持っておすすめできる映画です。

映画『ゼロ・グラビティ』

宇宙の暗闇を生き抜け

 

ジョージクルーニー出演映画はこちらもおすすめ。

映画『スーパー・チューズデー』ネタバレあらすじ・キャスト・評価

映画スーパーチューズデーネタバレあらすじキャスト評価
映画『スーパーチューズデー』ネタバレあらすじ結末と感想評価|ライアンゴズリング・ジョージクルーニー

続きを見る

-ドラマ・泣ける映画
-, ,