映画ネタバレあらすじ評価

映画『ザ・ファブル』ネタバレあらすじキャスト評価感想 岡田准一

映画ファブルあらすじキャスト評価

映画『ザ・ファブル』ネタバレあらすじキャスト評価感想

今回の絶対おすすめ映画は『ザ・ファブル』です。

最近スマホで原作マンガを読んでいてかなり面白かったので、映画も観てみようと思って鑑賞してみました。

詳しい評価と感想は後ほど詳しく書きますが、一言で言うと「思っていたよりも面白かった」です。

それでは映画『ザ・ファブル』の映画紹介です。
※続編が公開されていますが、今回紹介するのは第1弾の『ザ・ファブル』です。

映画『ザ・ファブル』は2019年に劇場公開された日本映画。

上映時間は123分。

配給は松竹です。

監督は江口カン。(続編も監督しています)

キャスト紹介

佐藤アキラ(ファブル)…岡田准一

佐藤ヨウコ…木村文乃

清水ミサキ…山本美月

フード…福士蒼汰

小島…柳楽優弥

砂川…向井理

コード…木村了

クロ…井之脇海

河合ユウキ…藤森慎吾

ジャッカル富岡…宮川大輔

田高田…佐藤二朗

浜田…光石研

海老原…安田顕

マスター…六角精児

松沢…栗島瑞丸

ちっち店長…モロ師岡

古着屋店長…倉本美津留

ボス…佐藤浩市

ほか。

映画『ザ・ファブル』ネタバレ・あらすじ

1流のヒットマンとして伝説となっているファブル(岡田准一)。

幼い頃からボス(佐藤浩市)に殺し屋として育成され、山の中をナイフ1本で生き抜く少年時代を過ごしました。

伝説となっているヒットマン・ファブルは仕事をする際に必ず目出し帽を被っているため、彼の顔を知る者はいません。どんなに大人数の相手でも無駄な動きを一切せずに最低限の動きで次々と相手を仕留めていきます。

裏社会の会合に乗り込んだファブルはあっさりと仕事をこなし、車で待つ相棒の佐藤ヨウコ(木村文乃)のもとへ。ヨウコに車のテレビをつけるように指示したファブルは好きなお笑い芸人ジャッカル富岡(宮川大輔)のネタを観て車中で笑い転げています。

そんなファブルでしたがボスから呼び出され、仕事をしすぎた(人を仕留めすぎた)ため1年間休業するように指示されます。

ボスからの司令は『1年間普通の人間として生活する』ことでした。

ヨウコはファブルの妹として一緒に行動をともにします。

ファブルは佐藤アキラという名前、妹設定の佐藤ヨウコ(どちらも偽名)で、ボスが用意した大阪の家で暮らすことになりました。

ボスはファブルに『1年間絶対に誰も仕留めないように』と念を押しました。

ボスの命令は絶対なので、ファブルもヨウコも普通の人として暮らすために大阪に向かいました。

その頃、ファブルが休業前の最後の仕事をした場所では、ヒットマンのフード(福士蒼汰)とコード(木村了)が現場を物色していました。

2人は後にたまたまファブルが仕事をしている様子が映ったスマホを手に入れます。映像を見たフードは凄腕のヒットマンの存在に興奮し、対決を夢見てファブルを探し始めていました。

大阪に到着したファブルとヨウコはボスが2人の世話を頼んだ組織に挨拶にいきます。

そこで組長の浜田(光石研)と海老原(安田顕)に会い、海老原に住居などを世話してもらいました。

ファブルとヨウコが凄腕のヒットマンということは、浜田と海老原しか知りません。

海老原はファブルの存在が街に影響を及ぼすことを懸念していました。さらに海老原の弟分である小島(柳楽優弥)が刑務所から出所してくるタイミングと重なり、海老原はファブルの存在をうっとおしく感じていました。

ファブルの様子を伺うために海老原は部下に指示をして、ファブルを格闘技経験者に襲わせます。

普通の人間として生きるようにボスから指示されているファブルは冷静にやられたフリをしてあげます。

鼻血を出してうずくまっているファブルにたまたま通りかかった女性・清水ミサキ(山本美月)がハンカチを差し出しますが、ファブルは丁寧に断りました。

ファブルが大阪に来て普通の人間として生きようと奮闘している中、東京での仕事の様子を撮影したスマホを手に入れ、ファブルを探しているヒットマン・フードたちも偶然大阪へとやって来ていました。

そんな中、海老原の弟分・小島が出所してきました。

小島はイケイケの性格で、もともと組織内で対立していた砂川(向井理)と揉め事を起こします。

兄貴分の海老原は小島に勝手な行動させないように目を光らせますが、ちょうどファブルが家にやってきた時に風呂場で心筋梗塞で倒れてしまい入院してしまいます。

ファブルが家に来た時に小島は初めてファブルと対峙し、ファブルがただ物ではないことを見抜きました。

小島は海老原が入院したことで無茶な行動を取り始め、砂川と全面的に対立することになります。

一方ファブルは仕事を偶然再会したミサキに紹介してもらい、ミサキも働いているデザイン事務所で働き始めます。

普通の暮らしをはじめたファブルでしたが、普通の暮らしをしたことがないので戸惑いながら普通を知っていきます。

山で過ごした生い立ちをミサキや同僚に話すと驚かれました。

ファブルは自分のデザインが採用され、時給が100円アップするなど新鮮な普通の暮らしを楽しんでいました。

しかし不穏な空気がファブルの周りで漂い始めます。

ミサキは組織に関わっていた過去があり小島に目をつけられてしまいます。

砂川は小島を消したいと考えていて、ヒットマンを雇います。偶然にもヒットマンはファブルを探しているフードたちでした。

さらに砂川は海老原をハメて組織を乗っ取ろうと小島に海老原の指示で動いていると偽の証言をさせようと小島を拉致して痛めつけました。偶然一緒にいたミサキもさらわれてしまいます。

海老原は不穏な空気を察知してファブルに小島の部屋の様子を見に行くように依頼します。ファブルは断りますが仕方なく調査だけ行うことにします。

小島の部屋に行ったファブルは部屋の痕跡から小島が2人組に拉致されたことを察知。さらにミサキが巻き込まれていることも突き止めました。

ファブルは助けに行くのが普通だとヨウコに話します。人を仕留めることをボスに止められているためヨウコは反対しますが、ファブルは誰も仕留めずにミサキを救出するとヨウコを説得しました。

入院している海老原のもとにファブルのボスがやってきて、ファブルを揉め事に巻き込んでいる事態になっていることを咎めます。

ボスの目的はファブルに1年間仕事を休ませて腕前が落ちるかどうかを見極めることでした。一般社会に馴染めるならそのまま生活させるつもりだと海老原に話しました。

ファブルとヨウコは砂川が小島とミサキを拉致している現場に到着し、侵入を開始します。

ミサキに身の危険が迫っていましたが、ファブルが寸前で救出しました。

次に小島の救出に向かうファブル。

小島を助け出すものの砂川側はかなりの人数で、小島を連れながらの行動はさすがのファブルも苦戦します。なにより仕留めないことに気を遣っています。

なんとかフードたちを倒し(急所を外し仕留めてはいない)、ミサキと小島を助け出したファブルとヨウコは何事もなかったかのようにミサキと接触します。

小島を海老原に引き渡すファブル。

海老原は砂川との軋轢を解決するためにケジメを取らなければなりません。

海老原が取った行動は…?

ファブルとヨウコの感情は…?

映画『ザ・ファブル』感想・評価

原作の漫画をまさに今読んでいるところで、しかもちょうど読んでいる箇所が映画で描かれていたので、なんだか答え合わせのような感じで観てしまいました。

原作と違うところも当たり前でしたがありましたし、描写とかも含めて全体的に映画『ザ・ファブル』は楽しめる作品になっていました。

原作がかなり面白いし、設定や展開も楽しませてくれる感じになっているので、内容的にはつまらないはずがありません。

若干コミカルにし過ぎてるかな〜という印象を最初の方に受けたのですが、観ているうちに気にならなくなりました。

主人公ファブルを演じた岡田准一さんは、こういう作品になると演技よりもアクションに目がいってしまいます。さすがのアクションで楽しませてもらいました。

壁を登っていくスタントとかたぶん自分でやってるんだろうな。

1番印象に残ったのは小島を演じた柳楽優弥さんでした。

最初はすごくコメディっぽく演じててキツイかなと思ったのですが、観ていると馴染んでくるのはさすがの一言。

柳楽優弥さんは唯一無二の目つきを持ってるのが、俳優としてすごく大きな武器だと思います。ちょっと頭おかしいような役が本当にうまいし魅力的です。

だから高橋一生さんとやってるリクルートエージェントのCMとか全然魅力的じゃないんですよね。

柳楽優弥さんすごく良かったです。

ヨウコを演じた木村文乃さんとフードを演じた福士蒼汰さんは、ちょっと無理してる感じがあった印象です。

フードと木村了さん演じるコードは見るからに頭おかしいヒットマンといった感じだったので、違った役作りも見たかったなと思いました。

木村文乃さんは演技がすごくうまい印象があるので、ヨウコが非常に難しい役なんだと思います。笑いまくってるシーンが多いのですが、力が入ってる感じがしてしまいまして。コンフィデンスマンの長澤まさみさんみたいに大笑いしてほしかったなと個人的には思いました。

ちなみに誤解のないように言っておきますが、木村文乃さんは好きな女優さんですし、すごく素敵だと思っています。なのでファンの方たち怒らないでくださいね。

そして浜田を演じた光石研さん、海老原を演じた安田顕さんはさすがの一言でした。

映画をしっかり締めてくれていて、安田顕さんに至っては様々な感情の揺れ動きを見事に表現していて、『安田顕さんが主演なのか?』と思わせるほどでした。

エンディング近くのシーンは安田顕さんの名演技のオンパレードです。

佐藤浩市さんも少ない出番でしっかり印象を残すあたりやっぱりすごいです。

映画『ザ・ファブル』は原作を読んでいる人も読んでいない人も楽しめる映画になっています。

ぜひ1度観てみてください!

映画『ザ・ファブル』

おすすめです。

-映画ネタバレあらすじ評価