アクション映画

『デイ・アフター・トゥモロー』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 ひどい? ジェイクジレンホール

映画デイアフタートゥモローをネタバレあらすじキャスト評価

映画『デイ・アフター・トゥモロー』キャスト・監督

今回の絶対おすすめ映画は『デイ・アフター・トゥモロー』です。

映画『デイ・アフター・トゥモロー』は、まだかなり若い頃のジェイク・ジレンホールが出演している映画で、主演はデニス・クエイドです。

地球温暖化によって突然訪れた氷河期が人類を襲う様子を描いた映画で、公開当時かなり話題になった映画です。

映像が全くちゃちくないので、今観ても楽しめる作品となっています。

それでは『デイ・アフター・トゥモロー』の映画紹介です。

映画『デイ・アフター・トゥモロー』は、2004年に公開されたアメリカ映画。

上映時間は124分。

監督はローランド・エメリッヒ監督

『ホワイトハウスダウン』『GODZILLA』『パトリオット』などを監督しています。

【キャスト】

ジャック・ホール…デニス・クエイド

サム・ホール…ジェイク・ジレンホール

ローラ・チャップマン…エミー・ロッサム

テリー・ラプソン教授…イアン・ホルム

ルーシー・ホール…セーラ・ウォード

ジェイソン・エヴァンス…ダッシュ・ミホク

フランク・ハリス…ジェイ・O・サンダース

J・D…オースティン・ニコルズ

ほか。

映画『デイ・アフター・トゥモロー』ネタバレ・あらすじ

気候研究の専門家であるジャック・ホール(デニスクエイド)は、地球温暖化に関する国連会議で大規模な気候変動による氷河期到来の可能性があること、対応を模索することが重要であることを話しました。

しかしジャックの発表を現実味のないものとしてとらえる者は多く、深刻に受け止めてもらえる雰囲気ではありませんでした。

ただ1人、テリー・ラプソン教授(イアンホルム)だけは、ジャックの意見に興味深く耳を傾けていました。

ラプソン教授はジャックを飲みに誘い、2人は親睦を深めました。

ジャックが恐れていた気候変動が、現実に起こり始めます。

インドで雪が降ったり日本の東京で氷が降るなど、世界中で異常気象が起こり始めたのです。

しかし、それでも世の中はそこまで深刻に捉えていませんでした。

ジャックにはサム・ホール(ジェイクジレンホール)という息子がいました。

サムはジャックと同じで非常に頭が良く、数学のテストで答案用紙に計算式を書かず頭の中で計算し答えを書いたため、カンニングを疑われてしまったほど高い頭脳を持っています。

サムはちょうど高校生クイズ大会を控えていて、住んでいるワシントンDCからニューヨークへと移動していました。

サムのチームはサムの他にローラ・チャップマン(エミーロッサム)と、ブライアン・パークスです。

空港まではジャックが車で送りました。

世界中で異常気象が激化していきます。

ラプソン教授はジャックに連絡し、海流の変化が発生していることを告げました。

各地で竜巻が起こり、だんだんと被害が大きくなっていき、人々はパニックになり始めます。

ニューヨークに到着していたサムたち一行は、この異常気象により洪水に襲われます。

事態はものすごい勢いで深刻化し、サムたち一行は大きな図書館へと移動しました。

ジャックが異常気象の深刻さを会議で話した時に耳を傾けていなかったメンバー達が、ジャックの話の信憑性を感じ始めます。

ジャックたち研究者は大きな異常気象が発生することを予測します。

ジャックは副大統領にこの事を報告しますが、副大統領が動く様子はありませんでした。

急激な気温の低下が起きている国では、凍死する人間も現れていました。

スコットランドでは飛行していたヘリコプターが台風の目に入った時に、急激な温度変化のためオイルが凍ったことが原因で墜落していました。

ジャックはラプソン教授と協力し、さらに予測を立てます。

ジャックは早ければ24時間後に完全な氷河期が来ることを確信しました。

ジャックはサムに連絡を取り、台風の目に入ると凍ってしまうので、今避難している図書館から動かずに暖を取るようにと指示を出します。

ジャックはサムが南へ避難するのはすでに遅く、不可能だと判断したのでした。

そしてジャックは息子のサムを救うためニューヨークに向かいました。

ジャックはニューヨークに向かう前に、地域ごとに非難、もしくは自宅待機をする必要があることを大統領に話します。

ジャックはこれまで副大統領に話をしていましたが、副大統領はジャックの話に耳を全く傾けないので大統領に意見しました。

大統領はジャックの話を聞き、国民に避難の指示を出しました。

ニューヨークは極寒になっていました。

あまりの寒さに図書館の中に留まっていることは危険だと判断した人々が、図書館の外に出て移動し始めます。

図書館の警備員も非難を促しました。

サムは父親のジャックから、暖をとりながら図書館の中に待機するように指示を受けていたので、図書館から出ていく人達を必死に止めます。

しかしサムの言葉に耳を傾ける人は少なく、ほとんどの人が図書館から出て行ってしまいました。

図書館に残ったのはサムとサムの友人、ホームレスの男性1人、図書館で働く女性1人だけでした。

サムたちは暖炉の周りで暖を取ります。図書館に置いてある本を薪代わりに暖炉の中に入れ、火を絶やさないようにしました。

ホームレスの男性は自身の経験から、暖を取るコツをサムたちに教えました。

ジャックは仲間のフランク・ハリス(J・O・サンダース)とジェイソン・エヴァンス(ダッシュミホク)と共にニューヨークへと出発しました。

異常気象により大雪となっている中、フィラデルフィアで車は動かなくなり、歩いてニューヨークを目指します。

気温はさらに低下していて、図書館を出て避難する選択をした者たちは後悔の念に襲われていました。しかし今さら引き返すこともできません。

ニューヨークを目指しているジャック達は途中で事故に遭い、フランクが命を落としてしまいます。

ホワイトハウスでは大統領が避難を告げるなどの使命を終えた後にやっと避難を開始しますが、大統領の乗った車はあえなく遭難してしまいます。

図書館に避難しているサムたちの1人、ローラが発熱してしまいます。

ローラは傷を負った足が化膿し始めていて、抗生物質が必要な状態でした。

サムと仲間たちは図書館の近くに漂流しているロシア船の中に薬があるはずだと考え、命がけでロシア船に移動してペニシリンを手に入れました。

図書館に戻る際に狼に襲われるなどのピンチに陥りますが、なんとか脱出し図書館へと戻ってきました。

たぶんはニューヨークの上空を見た時に、台風の目がすぐそこまで来ていることを感じていました。

気温はグングン下がっています。

サムたちが図書館に到着した時に閉めた扉が一瞬で凍ります。

ジャックはジェイソンと共に、なんとかニューヨークに到着しました。

ニューヨークの街には凍死した人間たちが横たわっています。

ジャックはサムが避難している図書館へと向かいます。

この時ジャックはニューヨークの惨状を見て、サムに万が一のことが起こっていても不思議ではないと覚悟していました。

図書館に到着すると、下の階はすでにゴールで埋もれている状態です。

果たしてサムたちは生存しているのか…?

結末は本編をご覧ください。

映画『デイ・アフター・トゥモロー』感想・評価

映画『デイ・アフター・トゥモロー』は、万人が楽しめる映画です。

好き嫌いとかがあんまりない映画なんじゃないかと思います。

僕の感想としては、普通にとっても面白いです。

僕の場合はジェイクジレンホールが好きということもあるんですが、映像も全然ちゃちくないですし全く飽きることなく最初から最後まで鑑賞できる映画です。

アメリカ映画!っていう感じは正直しますが、「アメリカすげえだろ」みたいな感じではないので安心して鑑賞していただければと思います。

実際に起こりうる話なんじゃないかと思って観ていると、結構怖くもなる作品です。

色々異常気象も起きてるし映画だけの世界ではないかもしれませんね。

途中でジェイク・ギレンホール演じるサムたちが、図書館を抜け出してペニシリンを持ってくるシーンはかなりドキドキしました。

狼に襲われる上に早く図書館に戻らなければいけないというタイムリミットもあって、予想外にドキドキしたシーンでした。

僕は正直感動などはそこまでしませんでしたか、ハラハラドキドキしますし普通に楽しめる映画です。

まだ観たことがないという人は、ぜひ1度観てみてください。

自信を持ってオススメできる映画です。

映画『デイ・アフター・トゥモロー』

守りたい愛がある 救いたい未来がある

 

ジェイク・ギレンホール出演映画はこちらもおすすめ。

映画『エンド・オブ・ウォッチ』ネタバレあらすじキャスト評価

映画エンド・オブ・ウォッチネタバレあらすじキャスト評価
映画『エンド・オブ・ウォッチ』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評価 実話?ロス市警全面協力

クリックできる目次映画『エンド・オブ・ウォッチ』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評価 実話?ロス市警全面協力映画『エンドオブウォッチ』あらすじ・ネタバレ映画『エンドオブウォッチ』感想・評価・考察 映 ...

続きを見る

-アクション映画