映画ネタバレあらすじ評価

レオナルドディカプリオが若い頃に出演したおすすめ映画とエピソード

スポンサーリンク

レオナルドディカプリオが若い頃に出演したおすすめ映画とエピソード

ポイント

今回は人気・実力ともに長い間トップレベルの評価を受け続けている俳優・レオナルドディカプリオの若い頃に出演した映画を紹介していきます。

レオナルドディカプリオの若い頃の映画ってよく考えたら全然観ていないという人には、ぜひ観てみて頂きたい映画がたくさんあります。

参考

現在は渋さも兼ね備えた大人の俳優へと変貌を遂げているレオナルドディカプリオですが、若い頃のレオナルドディカプリオのイノセントな魅力は世界の俳優の中でも群を抜いていて、一見の価値が間違いなくあります。

それではさっそくレオナルドディカプリオの若い頃に出演した映画を、エピソードなども入れつつ紹介させて頂きます。

映画『ボーイズライフ』

ポイント

映画『ボーイズライフ』はレオナルドディカプリオの記念すべき本格的な映画初出演作品です。

本当はチョイ役などで他の映画にも出演しているのですが、キャリアとしてはこの映画が初出演と言えます。

この時にはテレビドラマ『愉快なシーバー家』などでレオはすでに人気を博していました。

『ボーイズライフ』でロバートデニーロ、エレンバーキンら名優といきなり共演することになったレオナルドディカプリオ。

友人のトビーマグワイアも出演していて親交を深めています。

参考

レオが『ボーイズライフ』に出演したのはオーディションでチャンスを掴んだからなのですが、オーディションにはロバートデニーロも同席していてレオは緊張をしない対策として「あそこに座っているのはロバートデニーロじゃない。ドワイト(デニーロの役名)なんだ」と言い聞かせてオーディションに臨んだそうです。

他の子役たちとくらべて偉大な俳優に臆することなく演技を披露し、ロバートデニーロ本人が「この子がいい」とレオを推したと言われています。

レオは『ボーイズライフ』で思春期の少年が持つ反抗期や複雑な家庭環境の中で心が揺れる少年を見事に演じ高い評価を受けます。

豆知識

ロバートデニーロもこの時すでにレオナルドディカプリオの才能に惚れこんでいて後に共演することになる映画『マイルーム』の話もこの時にすでに話しています。

また名監督のマーティンスコセッシ監督にも「将来君と必ず仕事をする」を紹介しています。

自らの演技力で道を切り開いていくまさにスタートなった映画です。

『ボーイズライフ』映画レビューはこちら。

映画『ボーイズライフ』ネタバレあらすじキャスト評価 レオ初出演映画

映画『ボーイズライフ』ネタバレあらすじキャスト評価 レオ初出演映画【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画は『ボーイズライフ』です。 『ボーイズライフ』はレオナルドディカプリオがオーディションでロバ ...

続きを見る

映画『ギルバートグレイプ』

ポイント

レオナルドディカプリオという俳優の名前を映画界に知らしめた作品となった『ギルバートグレイプ』。

ジョニーデップ、ジュリエットルイス、ジョンCライリーなど豪華な顔ぶれと共演しています。

ジョンCライリーとは『アビエイター』『ギャングオブニューヨーク』などでも共演しています。

レオナルドディカプリオはこの『ギルバートグレイプ』でジョニーデップの弟役を演じているのですが、知的障害を持っているアーニーという役柄を天才的に演じ、いきなりアカデミー賞にノミネートされるという快挙を成し遂げます。

この時はまだレオのことを知らない映画関係者も多く、映画を観た後に本当の知的障害を持っている子を起用したと思っていた人も多かったそうです。

それぐらいの演技をレオは披露してみせたのでした。

豆知識

またこの『ギルバートグレイプ』の出演に関しては、他の映画のオファーも受けていて決めかけていたものの、やはり『ギルバートグレイプ』のオーディションに参加したいということでオーディションで勝ち取ります。

レオはビデオで研究したり施設に赴いて役作りを行って自分のものにしていきました。

『ギルバートグレイプ』の映画レビューはこちら。

映画『ギルバートグレイプ』ネタバレあらすじキャスト評価

映画『ギルバートグレイプ』ネタバレあらすじキャスト評価【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画シリーズは『ギルバートグレイプ』です。 映画『ギルバートグレイプ』はピーター・ヘッジスの同名小説『ギルバ ...

続きを見る

リバーフェニックスがキャスティングされていたレオナルドディカプリオ主演映画

映画『バスケットボールダイアリーズ』

ポイント

映画『バスケットボールダイアリーズ』はレオの記念すべき初主演映画となります。

学生バスケットボール界のスターであった高校生が遊び半分で手を出したドラッグに溺れていく様子を描いた衝撃作となっています。

ジムキャロルという実在の人物の実話となります。

この映画のレオナルドディカプリオの演技は本当にすさまじいです。

参考

時に颯爽とバスケットボールをし、時に荒んだ生活をしている路上生活者となり、母親との確執の中に見せる母親への愛情、思春期特有の恋や葛藤、親友の死に対してのぶつけようのない怒り、禁断症状に苦しんでいる時の涙と鼻水をこれでもかと垂れ流している演技、そして何よりもレオが放つイノセント、純粋さに終始見惚れてしまう映画になっています。

この時のレオナルドディカプリオはめちゃくちゃ華奢です。

映画『ディパーテッド』で共演するマークウォルバーグと共演をしています。

『バスケットボールダイアリーズ』の映画レビューはこちら。

映画『バスケットボールダイアリーズ』ネタバレあらすじキャスト評価

映画『バスケットボールダイアリーズ』ネタバレあらすじキャスト評価【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画は『バスケットボールダイアリーズ』です。 映画『バスケットボールダイアリーズ』はレオナルドディ ...

続きを見る

映画『太陽と月に背いて』

ポイント

映画『太陽と月に背いて』は実在の伝説の詩人アルチュールランボーをレオナルドディカプリオが演じました。

デヴィッドシューリスとがっつりと共演している映画で、体当たりの演技を披露しています。

レオナルドディカプリオが見事にミステリアスさと同性さえも惹きつける魅力を放っていて、この時のレオナルドディカプリオもイノセントゆえの美しさをこれでもかと放っています。

豆知識

レオナルドディカプリオはこの『太陽と月に背いて』のオファーを受けた時に、少し迷っていたそうですが、『バスケットボールダイアリーズ』の原作者のジムキャロルから「ぜひやるべきだ」とアドバイスされて出演を決心したそうです。

ジムキャロルも詩人なのでアルチュールランボーに対する思いが強かったのでしょう。

映画『バスケットボールダイアリーズ』と『太陽と月に背いて』はリバーフェニックスがキャスティングされていた映画です。

リバーフェニックスが突然他界してしまったため、レオナルドディカプリオが選ばれたのでした。

レオはリバーフェニックスのことを尊敬しています。

『太陽と月に背いて』の映画レビューはこちら。

映画『太陽と月に背いて』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ

映画『太陽と月に背いて』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画は『太陽と月に背いて』です。 映画『太陽と月に背いて』は伝説の詩人と呼ばれているアルチュール ...

続きを見る

アカデミー受賞俳優たちと堂々の共演を果たしたレオナルドディカプリオ

映画『マイルーム』

ポイント

『マイルーム』ではメリルストリープ、ダイアンキートン、ロバートデニーロというアカデミー賞受賞俳優たちと共演し、さらに評価を上げます。

素直になれない少年から青年になろうとしているハンクをリアリティたっぷりに演じたレオ。

豆知識

ロバートデニーロは映画『ボーイズライフ』ですでにその才能を高く評価していましたが、『マイルーム』で共演したメリルストリープ、ダイアンキートンもレオナルドディカプリオを絶賛しています。

レオ自身もこのメリルストリープとダイアンキートンとの共演はとても刺激になったと語っていて、大きな経験となっています。

『マイルーム』のレオは可愛さを残していた時期を過ぎて、ひたすらカッコいい男へと変貌を遂げています。

『マイルーム』の映画レビューはこちら。

映画『マイルーム』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ

映画『マイルーム』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画は『マイルーム』です。 映画『マイルーム』は戯曲『マーヴィンズルーム』を映画化した作品。邦題は『マ ...

続きを見る

映画『クイック&デッド』

ポイント

存在を知らない人も多いであろう映画『クイック&デッド』ですが、キャストも豪華ですし個人的にはとても好きな映画です。

ただ鑑賞するのが現在なかなか困難な映画かもしれません。

シャロンストーン、ジーンハックマン、ラッセルクロウらと共に出演したレオは演じたのは生意気なガンマン・キッドです。

豆知識

レオはこの映画への出演は最初乗り気ではなかったそうですが、シャロンストーンが自分のギャラを削ってレオに充ててもいいというほどのラブコールを送ったそうです。

ジーンハックマンはレオナルドディカプリオのことをあまり知らず、たいして気にしていなかったそうですが、レオが絶命するシーンの演技を見て「わお!なんて演技ができる子だ!」と驚いたとインタビューで話しています。

ラッセルクロウとは『ワールドオブライズ』で後に再共演を果たします。

ラッセルクロウはこの時にインタビューで『何より嬉しいのはレオがあれからこれだけの成功を収めているのにまったくかわっていないってこと』と話しています。

『クイック&デッド』の映画レビューはこちら。

映画『クイック&デッド』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ

映画『クイック&デッド』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画シリーズは『クイック&デッド』です。 『クイック&デッド』は若き日のレオナルドディカ ...

続きを見る

映画『ロミオ+ジュリエット』

ポイント

個人的にはレオナルドディカプリオの美しさを一番堪能できる映画という印象です。

シェイクスピアのあまりに有名な戯曲をバズラーマン監督がアロハシャツや銃を持ったりと斬新な解釈で臨んだ『ロミオ+ジュリエット』は多くの人に大きなインパクトを与えました。

豆知識

ティボルトを演じたジョンレグイザモはこの時の撮影を振り返って「俺はあいつ(レオ)が憎い。あいつはなんだって簡単そうにやっちまうんだ。マイケルジャクソンの真似も上手いし、ラップをしてふざけていたかと思えば、その直後に目にいっぱい涙をためて演じられるんだ。」とインタビューで話しています。

レオのことを認めているが故の愛のある言葉ですね。レオの天才ぶりがよくわかるエピソードでもあります。

演技ももちろんですが、『ロミオ+ジュリエット』のレオナルドディカプリオの美しさは反則級です(笑)

『ロミオ+ジュリエット』の映画レビューはこちら。

映画『ロミオ&ジュリエット』ネタバレあらすじキャスト評価

映画『ロミオ&ジュリエット』ネタバレあらすじキャスト評価【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画シリーズは『ロミオ&ジュリエット』です。 映画『ロミオ&ジュリエット』タイタニックの前に、レオナルド・ ...

続きを見る

世界的スターになった映画『タイタニック』

ポイント

『タイタニック』はもはや説明不要でしょう。

レオナルドディカプリオが世界的スーパースターになった映画で映画も歴史的ヒットとなった映画です。

豆知識

共演したケイトウィンスレットとは後に『レボリューショナリーロード』で再共演を果たしています。

『タイタニック』はマシューマコノヒーやスティーブンドーフなどと最終候補となりますが、レオがジャックの座を勝ち取ります。

実はローズとジャック2人とも板の上に乗れたのではないかと後にレオ本人がふざけて突っ込まれることもありましたが、レオは「ノーコメントで」と笑って答えています(笑)

あまりにアイドル的な人気をなってしまったためにせっかく演技派俳優なのにもったいないという意見もありましたが、レオ自身は「この映画のおかげで好きな作品を選んで出られるようになった」と語っています。

『タイタニック』の映画レビューはこちら。

映画『タイタニック』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ

映画『タイタニック』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ【概要・キャスト】 今回の絶対観おすすめ映画シリーズは『タイタニック』です。 映画『タイタニック』はほとんどの人がご覧になっているんじゃな ...

続きを見る

映画『仮面の男』

ポイント

ガブリエルバーン、ジョンマルコヴィッチ、ジェレミーアイアンズ、ジェラールドパルデューらこれでもかというぐらいの名優たちと共演した『仮面の男』ではルイ14世を演じ、双子の役を一人二役で見事に演じ切りました。

表情から醸し出す空気まですべて演じ分けていて、さすが天才俳優と言わしめたさく品です。

映画自体もラストは涙なしでは観られない映画となっていて、個人的にもとても好きな映画です。

映画『ザ・ビーチ』

ポイント

ダニーボイル監督作品で元々はユアンマクレガーの主演がほぼ決まっていたという話があります。

楽園とは、自由とは何かを問いかけるテーマで繰り広げられる展開で、映像の描写がゲームのような描写になったりと遊び心にも富んだ作品です。

しかしテーマは至って真面目で緊張感もしっかりある映画で、レオは精神的にむしばまれていく様子などを魅力的に演じています。これまで見ることのなかったレオの演技の引き出しも楽しめる映画です。

レオのショートヘアが新鮮な映画でもあります。

『ザ・ビーチ』の映画レビューはこちら。

映画『ビーチ』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ

映画『ビーチ』ネタバレあらすじキャスト評価 ディカプリオ【概要・キャスト】 今回の絶対おすすめ映画シリーズは『ザ・ビーチ』です。 映画『ザ・ビーチ』は公開当時は髪をバッサリ切ったレオナルド・ディカプリ ...

続きを見る

映画『セレブリティ』

ポイント

ウッディアレン監督作品にも出演したレオナルドディカプリオ。

ケネスブラナー主演の『セレブリティ』ですが、ポスターは完全にレオが主演であるかのようなポスターになっています(笑)当時のレオ人気を考えれば宣伝としては正しいと言えるでしょう。

『セレブリティ』ではいわゆる素行の悪いハリウッドスターを演じているレオですが、演技がうまいだけにやたらとリアルでなんだか複雑な気持ちになります(笑)

参考

白いTシャツに黒パンツというファッションなのですが、これだけで異様にかっこいいあたりは本当にさすがです。

映画自体も楽しめますし、レオのビジュアルとしては個人的にはこの映画が一番かっこいいです。

『セレブリティ』の映画レビューはこちら。

映画『セレブリティ』ネタバレあらすじキャスト評価 ウッディアレン

映画『セレブリティ』ネタバレあらすじキャスト評価 ウッディアレン【概要・キャスト】 絶対おすすめ映画シリーズ、今回は『セレブリティ』です。 『セレブリティ』はタイタニックに出演し人気絶頂となったディカ ...

続きを見る

映画『あのころ僕らは』

ポイント

映画『あのころ僕らは』はなんとアメリカで未公開で日本で上映された映画です。

かなりこじんまりと公開された映画です。

参考

実はこの映画は元々商業目的ではなく自主制作として仲の良いメンバーで作られた映画なのですが、監督だったと思いますがレオ人気にあやかって商業仕様にしてしまい裁判沙汰になっている映画なのです。

トビーマグワイアもレオと一緒に出演しています。

基本的には日本で言うところのファミレスでずっとおしゃべりをしている内容ですが、レオの演技は素晴らしく、個人的にはとても楽しめた映画です。アドリブ的に繰り広げられていくストーリーが楽しい映画となっています。

この映画は現在鑑賞するのが結構難しいと思われます。

『あのころ僕らは』の映画レビューはこちら。

映画『あのころ僕らは』はディカプリオの幻の出演作

映画『あのころ僕らは』ディカプリオの幻の出演作 映画『あのころ僕らは』(Don's Plum)は1995年から1996年にかけて撮影された作品。日本では2002年に公開された作品で、なんとアメリカでは ...

続きを見る

昔レオナルドディカプリオの特集オールナイトがあった時にそのイベントのタイトルが「あのころレオは」だったのを鮮明に覚えています(笑)

レオナルドディカプリオの若い頃に出演した映画を紹介させて頂きました。

観ていない作品があったら是非鑑賞して頂きたいですし、久しぶりに観たりするのもいいのではないでしょうか。ぜひ。

【無料体験機関があるVODを集めています。まだ利用してないVODの無料体験を】

スポンサーリンク

-映画ネタバレあらすじ評価
-

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5