映画ネタバレあらすじ評価

映画『キッズリターン』ネタバレあらすじキャスト評価 安藤政信

スポンサーリンク

映画『キッズリターン』ネタバレあらすじキャスト評価 安藤政信【概要・キャスト】

今回の絶対おすすめ映画は『キッズリターン』です。

最近安藤政信さんの出演作の紹介が続いていますが、安藤政信さんはいつ気が変わって露出が減るかわからないので、精力的に出演している今こそたくさん出演作を紹介させて頂きます。

この『キッズリターン』は安藤政信さんの記念すべきデビュー作でして、クレジットにも(新人)と記されています。そしてこの『キッズリターン』多くの新人賞を総ナメにし、その後の活躍へと続いていきます。

それでは『キッズリターン』の映画紹介です。

映画『キッズリターン』は1996年公開の日本映画です。

上映時間は108分。

監督は北野武。今作が6作目となる監督作品。『その男、凶暴につき』『BROTHER』『菊次郎の夏』『座頭市』などたくさんの映画で高い評価を得ている監督です。

キャストは

ミヤワキマサル・・・金子賢

タカギシンジ・・・・安藤政信

ハヤシ・・・・・・・モロ師岡

ジムの会長・・・・・山谷初男

組長・・・・・・・・石橋凌

若頭・・・・・・・・寺島進

カズオ・・・・・・・津田寛治

会社の上司・・・・・平泉成

タクシーの客・・・・大杉漣

担任教師・・・・・・森本レオ

カツアゲされる高校生・・・宮藤官九郎

ほか。

映画『キッズリターン』あらすじ・ネタバレ

高校生のマサル(金子賢)とシンジ(安藤政信)はいわゆる不良であり落ちこぼれで、授業にも出ずに出ても悪ふざけばかりしている2人組です。どちらかと言えばマサルが兄貴分の2人の関係です。

カツアゲも日常だった2人でしたが、ある日カツアゲした相手が連れてきたボクサーにマサルがあっという間に倒されてしまいます。

相手がボクサーであることがわかり、負けたままでは終われないとボクシングを習うことを決めたマサルはシンジも一緒にやるように誘い、ともにボクシングジムに入る。入会したボクシングジムにはマサルをぶっ飛ばしたボクサーがいて一触即発の空気になります。揉め事を起こしながらもマサルとシンジはボクシングの練習に励みます。

しかしマサルに半ば強制的にボクシングを始めさせられたシンジには意外にもボクシングの才能があり、期待もされ、本人もボクシングの才能を開花させていきます。

スパーリングでもマサルに勝ってしまうシンジ。教わってもいないカウンターを繰り出したことでジムのトレーナーたちはシンジの才能を確信します。

自分よりシンジが優れていると認めざるをえなくなったマサルはボクシングを辞めてしまいます。

マサルとシンジの間には今までと違う距離ができ、会わない日が続いていましたが、シンジはボクシングを続けていました。シンジはマサルがいなくなってしまったことに寂しさを覚えていました。

ある日2人は喫茶店で偶然の再会を果たしますが、マサルはなんとヤクザになり下っ端として使いっパシリをしていました。

卒業しそれぞれの道を歩きはじめる同級生たち。シンジはボクシングを続け、プロデビューの話も出て、才能は順調に伸びていました。

ある日、ヤクザとして出世しているマサルがボクシングジムにやってきます。

マサルは自分が組長になったら、シンジがチャンピオンになったら再会しようと告げます。

しかし、順調に見えたシンジのボクシング人生に障害が現れます。ジムの先輩であるハヤシ(モロ師岡)はシンジに対し反則のコツなどの良くないアドバイスをしたり、節制しなければいけないのにお酒を飲みに誘っては「呑んだって吐けばいいんだよ」とシンジをどんどん堕落させます。

シンジはハヤシのせいで思うように減量もできなくなり、ハヤシからもらった下剤を飲んで体重を落とし、コンディションが悪いまま臨んだ大切な試合で力を出せずに負けてしまいます。ジムの会長からも愛想を尽かされるシンジ。

マサルのお世話になっていた組長が撃たれてしまう事件が起こり、復讐に燃えるマサルでしたが組は穏便に手打ちで済ませようという話になります。

しかしマサルはすぐに熱くなってしまう性格から会長に対し暴言を吐いてしまい、落とし前をつけるために兄貴分の若頭(寺島進)からリンチをされ大怪我を負ってしまいます。

月日は流れ、ボクシングを辞めているシンジとヤクザから足を洗ったマサルは偶然の再会を果たし、昔のように自転車を二人乗りして母校の校庭を走ります。

マサルはシンジに「まだやってるのか?ボクシング」と尋ねますが、シンジは「いや、もう。」と答えます。マサルは就職活動中であることをシンジに話しました。

シンジが口を開きます。

「マーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかな。」

それに応えるマサル。

「バカヤロー!まだ始まっちゃいねえよ!」と。

映画『キッズリターン』感想・評価

最初に触れておくと、

久石譲さんの音楽が本当にすさまじくいいです。

耳に残ってはなれませんし、映画とマッチし過ぎて音楽を聴くと映画の風景が見事に浮かんできます。まさに芸術といった感じで、サントラ欲しいです。持ってないけれど。

さて、当時から大好きだった映画『キッズリターン』ですが、大人になってから観るとまた違った感慨深さがある映画です。

多くの方々がなつかしさを感じると共に、勇気をもらえる映画なんじゃないかと思います。

何が終わって何が始まるかは自分の考え方しだい。そんなことを感じさせてくれるラストの2人のセリフのやりとりは

名言として語り継がれています。

M&Oも例外ではなく、ラストのセリフのやりとりとっても好きです。

そしてやはり触れておきたいのは、

新人とて華々しくデビューした安藤政信さん。

大抜擢と言えるでしょう。

この作品で安藤政信さんは

日本アカデミー新人賞受賞しています。

f:id:myprivatecomedy:20181006230716j:plain

イケメンだなぁ・・・これをイケメンと言うんだよと言葉を覚えたての子供に教えてあげたいです。

そして今ではあまり見ることのできない金子賢さんのまだ不器用な演技が見れる『キッズリターン』。自分が勝っていると思っていた相手に才能で負けてしまい、プライドがを傷つけられ思わず逃げ出してしまう若い日の感情が痛いほどに伝わってきます。

北野武監督作品の中でも人気の高い映画『キッズリターン』

まだ観たことない方には自信を持ってお勧めしますし、観たことある方も久しぶりにどうですか?

今観ると違った感情が湧き起こるかもしれません。というかその可能性大です。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『キッズリターン』

マーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかなぁ。

バカヤロー!まだはじまっちゃいねえよ!

【無料体験機関があるVODを集めています。まだ利用してないVODの無料体験を】

スポンサーリンク

-映画ネタバレあらすじ評価

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5