サスペンス・ホラー映画

ホラー映画『シャイニング』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 キューブリック

映画シャイニングネタバレあらすじキャスト評価

ホラー映画『シャイニング』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 キューブリック

今回の絶対おすすめ映画は『シャイニング』です。

『シャイニング』は鬼才スタンリー・キューブリックが監督・製作の映画

その後のサスペンスホラー映画に、大きな影響を与えている映画です。

ジャック・ニコルソンの怪演が、十分楽しめる作品になっています。

ジャック・ニコルソンだけでなく、シェリー・デュヴァルの恐怖の表情もあまりにも有名です。

それでは『シャイニング』の映画紹介です。

映画『シャイニング』は、1980年に日本公開されたアメリカ・イギリス合作映画。

監督はスタンリー・キューブリック監督。

『スパルタカス』『博士の異常な愛情』『時計じかけのオレンジ』など、数々の名作を世に残している監督です。

原作はスティーヴン・キングによる同名小説。

【キャスト】

ジャック・トランス…ジャック・ニコルソン

ウェンディ・トランス…シェリー・デュヴァル

ダニー・トランス…ダニー・ロイド

ディック・ハロラン…スキャットマン・クローザーズ

スチュワート・アルマン…バリー・ネルソン

ロイド…ジョー・ターケル

ほか。

映画『シャイニング』あらすじ・ネタバレ

ある一軒のホテルがありました。

このホテルは積雪の多い立地にあるため、冬の間は営業中止となっていて完全に閉鎖されていました。

閉鎖している間もホテル内を管理する必要があるので、ホテルに住み込み可能な管理人を雇う必要がありました。

この管理人の仕事に小説を書いている男、ジャック・トランス(ジャックニコルソン)が、興味を持ちます。

ジャックは仕事を探していたこともあり、また静かな環境で執筆に集中できるのではないかと、このホテルの管理人の仕事に魅力を感じたのでした。

ホテルのオーナーであるスチュアート・アルマン(バリー・メルトン)は、ジャックを面接します。

アルマンはジャックに、このホテルの管理人の仕事が決して楽ではなくどちらかと言うと過酷な仕事だということを話しました。

約5ヶ月間ホテルに缶詰めになることになるので、精神的にもきつくなることを話されたジャックでしたが、小説の執筆に集中したいと考えているジャックにとって、デメリットに感じる内容ではありませんでした。

さらにスチュワートは、このホテルで実際に起きた事件のことを話します。

数年前に今回と同じ条件でこのホテルの管理人の仕事に就いた男が、一緒に来ていた妻と娘2人を自らの手で絶命させ、さらに自分自身も命を絶つという事件があったことを話しました。

しかしジャックはこの話を気に留めることはなく、ホテルの管理人の仕事を請け負ったのでした。

ジャックには家族がいました。

冬の間のホテルの管理人の仕事は、妻のウェンディ・トランス(シェリーデュヴァル)と息子のダニー・トランス(ダニーロイド)と一緒に暮らしながら行います。

ジャックは家族を連れてホテルに到着しました。

ホテルはこの日に閉鎖となっていて、スチュワートが出迎えてくれます。

冬の間を家族だけで過ごすので、ジャックたちはホテルの中を案内されます。

妻のウエンディと息子のダニーはホテルで料理長をしているディック・ハロラン(スキャットマンクローザーズ)に、食料の倉庫を案内してもらいました。

会話の中でハロランはダニーのことを「先生」と呼びました。ダニーは家族の中で先生と呼ばれていたのでした。

しかし、このホテルに来てからダニーは先生と呼ばれていませんでした。

ハロランがなぜダニーが「先生」と呼ばれていることを知っていたのか、ウェンディは不思議に思います。

ハロランはダニーと2人だけで話し、ダニーが不思議な力を持っていることを自分は知っていると話しました。

そしてハロランはダニーに対し、その特殊な力を大切にするようにと告げたのでした。

実際にダニーはこのホテルに入ってから、ジャックとウェンディには見えていない様々なものが見えていました…。

ジャック・ウェンディ・ダニーの3人はホテルでの生活を開始し、時が経過していきました。

しかし環境が変わってもジャックは思うように小説の執筆ができないでいました。

執筆が進まないことにジャックは苛立ち、その苛立ちを家族にぶつけるようになっていきました。

ダニーは広いホテルの中を3輪車に乗ってよく遊んでいました。

ダニーの目には、ジャックとウェンディ以外の人間がよく見えていました。

ダニーはこのホテルにやってきた最初の日に、ハロランからある部屋に近づかないように忠告されていました。

しかしダニーはひとりでこの部屋に入ってしまいます。

その後ジャックとウェンディの元にやってきたダニーの首にはアザができていました。

その頃ジャックは悪夢に悩まされていました。

自らの手でウェンディとダニーを説明させてしまう夢を見たジャックは、あまりのショックに激しく動揺していました。

そこに首にアザを作ったダニーがやってきたので、ウェンディはジャックがダニーに何かしたのかと思いジャックを叱責しました。

これはウエンディーの勝手な思い込みではなく、過去にジャックがダニーに怪我をさせたことがあったからでした。

ウェンディはジャックの様子がだんだんとおかしくなっていることに気づき始め、恐怖を感じるようになっていました。

ジャックが小説を執筆しているタイプライターを覗くと、「ジャックは今に気が狂う」という文字が何行も繰り返し書かれていました。

その瞬間背後にジャックが現れ「傑作だろ」とウェンディに話しかけました。

明らかにおかしくなっているジャックに襲われかけたウェンディは、持っていたバットでジャックを激しく殴りつけ気絶させました。

ウェンディはジャックを食料倉庫に閉じ込めました。

ダニーはおかしくなったように「レッドラム」と言う単語を繰り返していて、ホテル内は異様な形に変貌を遂げ始めていました。

(レッドラムという単語を文字にして逆から読むと「殺人鬼」になります)

ホテルは雪のため電話線が切れてしまっていました。家族の身を心配したハロランが救助隊にホテルの様子を見に行くように頼みますが、救助隊が連絡してきた無線をジャックは切ってしまっていました。

ホテル内の幽霊の力もあり、ジャックは閉じ込められていた食料庫から脱出します。

ジャックはホテル内にいる幽霊たちと会話をするようになっていたのでした。

幽霊たちの影響もあり、ジャックはさらにおかしくなり、ウェンディとダニーに襲いかかります。

ジャックは斧を振りかざしながらウェンディとダニーに襲い掛かります。

ウェンディはドアを閉め、ダニーを小さな窓から外に逃がします。自分も脱出を試みますが、窓が小さすぎて出ることができません。

ジャックが斧でドアを破壊します。

斧でこじ開けたドアの間から、恐ろしい顔で中の様子を覗くジャック。

(映画のジャケットにもなっている有名なジャック・ニコルソンのあの表情です)

顔を出したジャックを見て、恐怖のあまり大絶叫するウェンディ。

ハロランが心配のあまりホテルにやってきてくれました。

しかしホテルに到着したハロランは、あえなくジャックの斧の餌食になってしまいました。

ジャックはホテルの外に脱出したダニーを追いかけます。

植え込みで作られた巨大迷路に逃げ込んだダニー。ジャックが恐ろしい形相で追いかけてきます。

ダニーは足跡を辿ってジャックが追いかけてきていることを利用し、ジャックを巨大迷路に残して迷路から脱出します。

そこへホテルから出てきたウェンディが現れ、ふたりは一緒に逃走を図ります。

近くにハロランが乗ってきた雪上車を見つけたウェンディとダニーは、迷路に迷い込んでいるジャックを残して雪山から脱出しました。

果たしてジャックの運命は…?

ウェンディとダニーは、正気を失ったジャックから無事に逃げることができたのか?

結末は本編をご覧ください。

映画『シャイニング』感想・評価・考察

映画『シャイニング』は、解釈が1つではないと言われている映画です。

解釈が1つではないと言われているというか、スタンリー・キューブリック自身はいろんな解釈をされることを別に望んでいないとは思います。

この作品の原作を書いているスティーブン・キングは、スタンリー・キューブリックの映画化の内容に批判的な意見を持っているようです。

スティーヴンキングが原作小説に描いたのは、ホテル内の幽霊によって主人公ジャックが変貌を遂げていく様子でしたが、スタンリーキューブリックが描いた映画版は、ストレスが主な原因でジャックがおかしくなっていく様でした。

実際に幽霊は出てくるので、両方の要素を満たしているとも言えるのですが。

僕は映画が大好きで、つまらないと勇敢さを保つことがめったにありません。

それは「あまり深く考えずに映画を観る」からです。

思慮の浅い男と思われそうですが、酷評されている映画もある程度楽しめてしまうので、僕は長所だと思っています。

この映画『シャイニング』も、僕は「ここってこういう意味なのかな」「何がきっかけでこうなってしまったのか」などは考えずに、ただただ映画の中で起きている出来事をドキドキしながら楽しみました。

あまり深いことを考えずに鑑賞しても、スタンリー・キューブリックの演出が十分に楽しませてくれます。

ダニーがジャックに迷路の中で追いかけられるシーンも、ジャックの主観でダニーの背中を追っている撮り方をしていて、手に汗握るシーンになっています。

この時はかなりセンセーショナルな撮影の手法だったのではないでしょうか。

ジャックニコルソンの演技もとっても楽しませてくれますし、シェリーデュバルやダニーロイドも常軌を逸した演技で楽しませてくれます。

幽霊が出るホラー映画という意味では、期待外れという人もいるかもしれませんが、僕は映画『シャイニング』は、かなり上質なホラー映画だと思っています。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『シャイニング』

ちなみに僕が大好きなスタンリー・キューブリックの映画は『現金に体を張れ』です。

かなりお勧めのでこちらも是非、見てみてください。

映画『現金に体を張れ』ネタバレあらすじキャスト評価

映画現金に体を張れネタバレあらすじキャスト評価
キューブリック映画『現金に体を張れ』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評価 おもしろい!

クリックできる目次キューブリック映画『現金に体を張れ』ネタバレあらすじ・キャスト・感想・評価 おもしろい!キューブリック映画『現金に体を張れ』あらすじ・ネタバレキューブリック映画『現金に体を張れ』感想 ...

続きを見る

-サスペンス・ホラー映画