アクション映画

韓国映画『グエムル 漢江の怪物』ネタバレあらすじ・キャスト・考察・評価 ひどい?正体は?

映画グエムル漢江の怪物ネタバレあらすじキャスト評価

韓国映画『グエムル 漢江の怪物』ネタバレあらすじ・キャスト・考察・評価 ひどい?正体は?

今回の絶対おすすめ映画シリーズは『グエムル漢江の怪物』です。

映画『グエムル漢江の怪物』は、ポンジュノ監督ソンガンホ主演という韓国映画屈指のタッグということもあってかなり有名な映画ではないかと思います。

ポスターも印象的で予告編も公開当時かなり話題になっていたほど印象的なものでした。

一瞬『B級映画なのか!?』と錯覚してしまうのですが、まったくそんなことはありません。

むしろこのリアリティはどうやったら出せるのだろうかと唸ってしまうような映画です。

『グエムル』とは韓国語で怪物という意味です。

それでは『グエムル漢江の怪物』の映画紹介です。

映画『グエムル漢江の怪物』は2006年に日本公開された韓国映画です。

上映時間は120分。

監督はポン・ジュノ監督

『パラサイト半地下の家族』『殺人の追憶』『母なる証明』などを監督しています。

キャストは

パク・カンドゥ…ソン・ガンホ

パク・ヒボン…ピョン・ヒボン

パク・ナミル…パク・ヘイル

パク・ナムジュ…ペ・ドゥナ

パク・ヒョンソ…コ・アソン

怪物の声…オダルス

セジン…イ・ジェウン

セジュ…イ・ドンホ

ホームレス…ヨン・ジェムン

黄色い服の男…キム・レハ

私立探偵…パク・ノシク

ナミルの先輩…イム・ピルソン

ほか。

韓国映画『グエムル漢江の怪物』あらすじ・ネタバレ

韓国にあるアメリカ軍の研究所で一人のアメリカ人研究者が韓国人の助手に、毒性のある薬品の処分を指示します。

アメリカ人研究者は薬品を流して捨てるように言いますが、助手はこの指示に戸惑います。

薬品をそのように捨てることは禁じられていたからです。

助手は禁止されていることを告げますが、アメリカ人研究者は下水に流せばなんの問題もないだろうと助手に言います。

助手は漢江に流れ着いてしまうと反論しますが、アメリカ人研究者は広大な漢江だからこそ問題ないなじゃないかと言います。

そして漢江のように君も大きな心を持ちたまえと助手に告げ、助手は指示に従って薬品を処分しました。

数日が経過し、漢江で釣りをしていた男性二人が異様な形をした小魚を発見しました。

コップですくい見たことのない魚に興奮していた二人でしたが、魚は逃げてしまいます。

釣り人の二人は特に気にとめていませんでした。

漢江の近くで売店を営むパク一家は漢江の川辺でくつろぐ人たちを相手に商売をしていました。

店番をしていたパクカンドゥ(ソンガンホ)は居眠りをしていて、お客が買い物ができずに困っている状態でした。

カンドゥにはパクヒョンソ(コアソン)という中学生の娘がいました。

店番をサボっているところをカンドゥはパクヒボン(ピョンヒボン)に叱られます。

カンドゥはヒボンの長男でした。

ヒボンに言われて注文の入ったスルメを焼いているところに娘のヒョンソが帰宅します。

カンドゥは娘のヒョンソが大好きですぐに走り寄ります。

そして二人は揃ってテレビに夢中になります。

ちょうどその時にアーチェリーの大会がテレビ中継されていて、カンドゥの妹のパクナムジュ(ペドゥナ)が出場していたのです。

ナムジュのアーチェリーの腕前はかなりのもので選手として有名でした。

優勝候補でしたがこの時は三位となり銅メダルを獲得します。

父親のヒボンは娘の試合は心臓に悪いといって見ませんでした。

ヒボンはカンドゥに外に来るように言います。

カンドゥはスルメの足を一本つまみ食いしてしまってて、そのことで客からクレームがきていることをヒボンは告げます。

カンドゥは新たにスルメをその客のところに持っていきますが、漢江に来ている人たちは何かに夢中になっていて、みんな同じ方向を見ていました。

カンドゥも気になりみんなが見ている方向を見ると、橋にぶら下がっている何かわからない得体の知れない黒い巨大ものがあることに気が付きました。

その物体はそのまま水の中に飛び込み漢江の水中を泳いでいました。

集まった人々が近くにあった物をそれぞれその物体に向けて投げると、なんでも食べてしまいます。

するとその謎の生き物は地上に上がってきて次々に人を襲い始めました。

かなりのスピードで人々を襲う怪物(グエムル)、その場に居合わせた人たちは大騒ぎして逃げますが被害者が次々と出ます。

反撃する者もいましたがまったく歯が立ちません。

カンドゥは重量のある看板で怪物(グエムル)の足を打ち付けました。

怪物(グエムル)は痛がるような反応を示しますが、まったく致命傷にはなりません。

カンドゥは怪物(グエムル)の血のようなものを顔に浴びてしまいます。

トレーラーハウスから出てきたヒョンソはまだ何が起きているかわかっていません。

しかし何かいつもと違う様子を感じ取り視線を向けた先には怪物(グエムル)がいました。カンドゥはヒョンソの元へ来てヒョンソの手を取って走り出します。

他にも大勢の人たちが逃げ回っています。

カンドゥは転んでしまいその拍子にヒョンソの手を放してしまいます。

慌てて再び手を取って走り出すカンドゥ、夢中で逃げますがハッと気が付くと手を取って逃げていたのは見知らぬ中学生でした。

呆然としたカンドゥが振り返ると転んだヒョンソが立ち上がっているところでした。

カンドゥは引き返そうとしますが、ヒョンソの背後にはすでに怪物(グエムル)が迫っていて、ヒョンソは怪物に連れ去られてしまいます。

慌てて追いかけるカンドゥは怪物(グエムル)を追って漢江に飛び込みますが、怪物(グエムル)はものすごい速さで対岸に行ってしまいました。

怪物(グエムル)はそのままヒョンスと共に漢江の水の中に消えていきました。

多くの被害者が出て、合同の大規模な葬儀が行われました。

悲しみに暮れるカンドゥとヒボンの元に、アーチェリーの大会を終えて銅メダルをぶら下げたナムジュがやってきました。

ナムジュはヒョンスの遺影を見て泣き崩れました。

そしてそこにカンドゥの弟であるパクナミル(パクヘイル)もやってきます。

ナミルもヒョンソを可愛がっていて、ヒョンソからもおじさんと慕われていました。

ナミルは悲しみのあまり取り乱しヒョンソを助けられなかったカンドゥを責めます。

そこへ突然仰々しい防護服に身を包んだ政府の除菌部隊がやってきました。

漢江の近くにいた人間たちはウイルスに感染している可能性が高いとされ、病院に閉じ込められます。

中でも怪物の血を浴びたカンドゥは最重要人物にもなります。

病院で一夜を過ごしているとカンドゥの携帯電話がなります。

カンドゥが電話に出ると相手はなんとヒョンソでした。

ヒョンソは生きていたのです。

怪物(グエムル)はヒョンソを殺さずに生きたまま住処としている下水溝にヒョンソを閉じ込めていました。

ヒョンソが生きていることを必死に警察に訴えるカンドゥでしたが、悲しみのあまり正気を失っているだけだろうと相手にされません。

警察に頼れないと判断したパク一家は、病院を抜け出してヒョンスを救うべく立ち上がります。

ヒボンの有り金をはたいて車と下水溝の地図を手に入れたパク一家四人は漢江へと向かいました。

下水溝を探し回りますがヒョンソの居場所はまったくわかりませんでした。

そんな中でパク一家は怪物(グエムル)と遭遇し対峙します。

ナミルとヒボンが銃で怪物(グエムル)を撃ちますが命中しません。

ヒボンは駆け付けたカンドゥから銃を受け取り残りの弾が一発あるとカンドゥから聞くと、自分だけ残りナミルたちを非難させます。

怪物(グエムル)がヒボンの至近距離まで来たところでヒボンは銃を撃ちます。

しかし銃はすでに弾切れでした。

カンドゥは弾丸の数を数え間違えていたのでした。ヒボンは怪物(グエムル)に襲われ命を落としてしまいました。

ナミルは知り合いの先輩を頼りヒョンソの携帯電話の発信履歴からヒョンソの居場所を割り出そうとします。

しかしパク一家はテレビや新聞などで報道され追われている身で懸賞金が懸けられていました。

懸賞金に目がくらんだ先輩は仲間と画策してナミルを捕まえようとします。

間一髪のところで逃げ延びたナミルでしたが、ヒョンスの居所は逃げる直前にコンピューターで割り出していました。

しかしナミルの体力は限界に近づいていて辿り着けそうもありませんでした。

ナミルは薄れていく意識の中でナムジュにメールでヒョンスの居所を伝え、そのまま意識を失ってしまいました。

ヒョンソは一緒に下水溝にいる少年となんとか逃げられないかと考えていました。

服をつなぎ合わせて上によじ登ろうとしますが、怪物(グエムル)の阻止にあってしまい失敗に終わります。

カンドゥはヒボンが亡くなった時に捕らえられていました。

ウイルスのせいで頭がおかしくなっていると勝手に診断され、病院で実験台にされそうになります。

しかしカンドゥは看護師を人質に取って施設を脱出し、ヒョンソの元へと向かいました。

カンドゥがヒョンソのいる下水溝に辿り着くとすでにそこにヒョンソはいなくなっていました。

カンドゥが怪物(グエムル)を見かけると口にヒョンソが咥えられていました。

怪物(グエムル)を追い掛けるカンドゥ、ちょうどそこにナムジュが居合わせ怪物(グエムル)をアーチェリーで射貫こうとしますがカンドゥはヒョンソが危険なことになるために止めます。

地上の漢江には人が集まって抗議をしていました。政府はこの怪物(グエムル)をやっつけるために科学物質の散布を開始しようとしていました。

怪物(グエムル)が姿を現し軍隊の者たちが狙撃します。

ヒョンソが咥えられているためにカンドゥは必死に制止しようとしますがなかなか声が届きません。

怪物(グエムル)の正面から狙撃をしようとしていた男をカンドゥは体当たりで吹っ飛ばしました。

化学物資がものすごい勢いで散布され、怪物(グエムル)はもがき苦しみます。

ぐったりした怪物(グエムル)の口の中からカンドゥはヒョンソを引っ張り出します。

ヒョンソは下水溝にいた子供をしっかり抱きしめていました。

ヒョンソと子供の運命は…?

カンドゥたちとグエムルの戦いの行方は…?

感動の結末は本編で…。

韓国映画『グエムル漢江の怪物』感想・評価

『グエムル漢江の怪物』は劇場公開された当時、完全にB級映画だと正直思い込んでいました。

ポスターの感じからそう思ってしまったのと、予告編で流れていたと記憶しているのですがヒョンソがグエムルに連れ去られるシーンがなんだかそのカットだけを見ると可笑しく感じてしまい、当時少しネタになっていたことを覚えています。

ところが実際にこの『グエムル漢江の怪物』を観ると、当初そんなことを思っていたことを心から謝りたい気持ちになりました。

まずまったくチャチくないのです。

そして壮大なドラマが描かれていて、家族の愛やヒョンソが一緒にいた少年を助けた愛など感動するポイントもたくさんあるのです。

そして特筆すべきはやはりグエムルの描写で、つかみどころのないというか、ただの怪物ではなく何を考えているのかわからないようなキャラクターになっているのです。

最後は兄弟が力を合わせてグエムルを絶命させるクライマックスもありがちかもしれませんが、そうであってほしいと思えるラストでした。

そしてソンガンホ演じるカンドゥがヒョンソが救った子供と暮らしているシーンは大いに涙腺が緩んでしまいます。

またこのシーンの描かれ方が素晴らしいのです。

さすがポンジュノ監督、そしてさすがソンガンホと言った感じなのです。

観たことない人はとっつきにくい映画という印象があるかもしれませんが、楽しめて感動できる映画です。おすすめ映画です。ぜひ。

映画『グエムル漢江の怪物』

お父さん 助けて!

ソン・ガンホ出演映画はこちらもおすすめ。

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』あらすじネタバレキャスト評価

映画『タクシー運転手約束は海を超えて』ネタバレあらすじキャスト評価
光州事件実話映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレあらすじ・キャスト・評価

クリックできる目次光州事件実話映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 光州事件光州事件実話映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』あらすじ・ネタバレ光州事件実話映画『 ...

続きを見る

-アクション映画