コメディ映画

映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 長澤まさみ

映画コンフィデンスマンJPネタバレあらすじキャスト評価

映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 長澤まさみ

今回の絶対おすすめ映画は『コンフィデンスマンJPロマンス編』です。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』は人気ドラマ「コンフィデンスマンJP」の映画化第1弾となります。

長澤まさみをはじめメインキャストはもちろん、ドラマ「コンフィデンスマンJP」にかつて登場したキャストも登場するなど、「コンフィデンスマンJP」好きにはたまらない映画となっています。

かなり面白い傑作のエンタメ映画です。

それでは『コンフィデンスマンJPロマンス編』の映画紹介です。

映画『コンフィデンスマン JPロマンス編』は2019年に公開された日本映画です。

上映時間は116分。

人気ドラマ「コンフィデンスマンJP」の映画化第1弾となっています。

監督は田中亮監督

脚本はテレビドラマ「コンフィデンスマンJP」と同じ吉沢良太。

キャストは

ダー子…長澤まさみ

ボクちゃん…東出昌大

リチャード…小日向文世

五十嵐…小手伸也

モナコ…織田梨沙

ちょび髭…瀧川英次

鈴木さん…前田敦子

矢島理花…佐津川愛美

キンタ…岡田義徳

ギンコ…桜井ユキ

ホーナムシェン…生瀬勝久

高松千鶴…山口紗弥加

除…葉山ヒロ

桂公彦…小池徹平

志村庄一…小澤亮太

宝石研磨職人…小栗旬

鉢巻秀男…佐藤隆太

桜田しず子…吉瀬美智子

城ケ崎善三…石黒賢

ランリウ…竹内結子

ジェシー…三浦春馬

赤星栄介…江口洋介

ほか。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』あらすじ・ネタバレ

信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人は次のオサカナ(ターゲット)を探していました。

ダー子は大きなオサカナを望んでいましたがそう簡単には大きなオサカナちゃん(ターゲット)は出現しません。

そんな日々の中で久しぶりの超大物のターゲットが現れます。

香港の女帝として「氷姫」の異名を持つ莫大な資金を持つランリウ(竹内結子)です。

ランリウは人前に顔を出すことがなく、香港の人々はランリウの顔を勝手に想像して、似顔絵を描き冷酷なランリウを非難していました。

ランリウは数百億円といわれる伝説のパープルダイヤを所有していると言われています。

ダー子たちの次なる標的はランリウに決定し一行は香港へと旅立ちました。

ダー子、ボクちゃん、リチャード、五十嵐(小手伸也)、そして日本でダー子にペット詐欺を仕掛けるもあっさり見破られてしまい、ダー子の弟子となったモナコ(織田梨沙)も香港にやってきました。

香港に到着したダー子たちはランリウが自分たちに興味を持つように、ダー子とモナコが伝説的な祈祷師に変装し餌を撒きますが、用心深いランリウはなかなか食いついてこず、懐に入り込むことができません。

やっとランリウの前で占いをする機会を得ますが、ランリウは祈祷師となっているダー子とモナコを信用せず、ダー子はバカにするなとアイスティーを頭からかけられてしまいます。

そこにランリウと近い距離にいるジェシー(三浦春馬)という男が現れます。

ジェシーはかつてダー子が交際していた男で、一緒に詐欺のミッションを行った男でした。ダー子はこのジェシーを憎んでいました。

ジェシーの脇腹に傷があることをダー子が言い当てて、2人が知り合いだとは知らないランリウはダー子の能力を認めて自分の近くに置くことにしました。

ジェシーはダー子と知り合いであることを黙っていて、ダー子に協力したことになります。

ランリウのパープルダイヤを狙っているジェシーはダー子ともう一度仲良く手を組もうと持ち掛けますが、ダー子は断固として拒否しました。

その頃日本ではダー子たちに20億円をだまし取られた赤星栄一(江口洋介)が部下たちを総動員してダー子たちを探していました。

ジェシーからも情報を入手し、ランリウには忘れられない恋人がいる可能性が高まります。

ジェシーはランリウを自分の虜にしようと画策していたのですが、あと一歩のところでランリウを落とせずにいました。

ダー子は段々とジェシーに惹かれていく様子を見せていてボクちゃんは心配し始め、そんなボクちゃんをモナコは見ていました。

ランリウの忘れられない恋人が離婚した元夫であることが分かります。

ダー子たちはランリウのために2人がヨリを戻すために作戦を立てます。

手紙を勝手に書き、落ち合って飛行機に乗りカナダのバンクーバーに行って一緒に暮らそうという内容の手紙でした。

ランリウは財産を捨てて元夫と生きていく決心をします。しかし元夫はランリウにもう未練はなく若い女性といちゃついて待ち合わせ場所に行くことはありませんでした。

しかもランリウは元夫が若い女といちゃついている光景を見てしまいます。

失意の中で歩いているランリウの前にジェシーが現れます。

ジェシーは両手を広げてランリウを迎え入れようとします。悲しみに暮れているランリウはジェシーに救いを求めて走り寄ります。

するとそこへ突然拳銃を持ったダー子が現れランリウに銃口を向けます。

ダー子は「あの人は渡さない!」と言ってランリウに発砲します。

ジェシーがランリウを庇い腹部を撃たれます。出血するジェシーをランリウが泣き叫びながら抱きかかえて助けを呼んでいます。

ダー子は走ってその場から逃げ、ボクちゃんとモナコは「信じられない」といった表情で呆然と見ていました。

ジェシーは病院に搬送され治療を受け、ベッドに横たわっていました。

ジェシーに心惹かれたランリウはジェシーに付き添い、看護師が面会時間の終わりを告げても朝までいると言って離れませんでした。看護師はコーヒーを持ってきました。

看護師は部屋を出るとマスクを取りました。看護師はダー子でした。

コーヒー飲んだランリウは眠ってしまいます。

翌日目を覚ますとジェシーがいなくなっています。

病院内を探し回るとジェシーどころか病院だった建物には誰一人いません。

ゴミ箱の中からランリウは偽物の人間の胴体を発見、さらに首にかけていたパープルダイヤがなくなっていることに気が付き、ハメられたことを悟って怒り狂いました。

ダー子はボクちゃんやリチャードを裏切ってジェシーと手を組んでパープルダイヤを奪ったのでした。

ボクちゃんたちはダー子のメモからダー子とジェシーが高跳びしようとしていることを悟り、急いでヘリポートへと向かいました。

ヘリポートにはダー子とジェシーが仲良くヘリに向かって歩いていました。ダー子はボクちゃんやリチャードたちに「みんなすっかり騙されたでしょう!」と言って去ろうとします。

ボクちゃんはダー子に愛の告白をしましたが、ダー子には届きませんでした。

しかしダー子がヘリコプターに乗り込もうとするとヘリの中から赤星が現れます。

状況が呑み込めないダー子。

ジェシーは実は元々赤星と繋がっていて、ダー子を引き渡すことを目論んでいたのでした。

そしてダー子のみならず赤星は自分を騙したダー子以外のボクちゃんとリチャードも探していて、ジェシーはボクちゃんとリチャードをおびき寄せるためにわざと高跳びをすることがわかるメモを残していたのでした。

パープルダイヤは現在ジェシーの手中にありました。

赤星の部下たちが大勢押し寄せてダー子たちを取り囲み銃を構えます。

しかしそこに大量のパトカーがやってきます。

香港の警官たちと一緒に現れたのは自分が騙されたことを悟ったランリウでした。

怒り狂っているランリウは「香港で私を騙すとはいい度胸だ!!」と言いながらダー子に銃口を向けます。

そしてダー子に先に銃を向けていた赤星に「日本のマフィアか!?邪魔するな!」と一喝します。

赤星も退かずにランリウと赤星は両手に拳銃を持ちダー子と相手に向けてけん制しています。ダー子は隠し持っていた銃とボクちゃんが赤星の部下から奪った銃を受け取り2人に銃口を向けます。

緊迫した空気を切り裂いたのはジェシーでした。ジェシーは赤星に香港で揉めるのはやばいと言い、赤星に「パープルダイヤも手に入ったし一旦ひきましょう」とヘリに赤星を乗せて離陸して逃げて行きました。

ジェシーと赤星はダー子たちとダマしランリウからパープルダイヤを盗み出しご満悦でした。しかし日本に帰り城ケ崎善三(石黒賢)に鑑定をしてもらうと、盗み出したパープルダイヤが偽物だったことが判明します。

慌てて赤星とジェシーは香港に行きランリウの屋敷を訪れますが、屋敷の中には何ひとうない状態でした。

ジェシーはちょうど内見に来た不動産屋にランリウはどこに行ったかと訊きますが、不動産屋は笑って「何を言っているんだ?ランリウ様の屋敷はあれだぞ」と言って高台の建物を指さしました。

ダー子と結託してランリウを自分の虜にさせるために元夫との仲を切り裂く時に、ランリウの元に現れなかった元夫は実はランリウとカナダに行きたがっていました。

しかし仲を切り裂いてランリウにショックを与えるのが目的なので行かれては困ります。

そこで30億円を渡してランリウの元夫にランリウのところへ行かない約束をさせ、若い女をあてがったのでした。

この30億円を用立てしたのは赤星でした。赤星は何百億円のパープルダイヤが手に入るので30億円ぐらい問題ないと思っていました。

ランリウの元夫は本物ではなく。扮装したリチャードでした。そして若いお女に扮していたのはジェシーに結婚詐欺で大金を取られた鈴木さん(前田敦子)でした。

ジェシーは「どこからだ・・・どこから騙されていたんだ?」と頭を整理しようとしますが、どこから騙されていたのかわかりません。

赤星は大金を払ったのにパープルダイヤが偽物だったことでカンカンに怒っています。

怒り狂っている赤星はダー子からの置手紙を見つけます。ダー子と赤星の関係はまだまだ続きそうな予感を感じさせる内容でした。

そして赤星が偽物のパープルダイヤをよく見るとダイヤには「ⓒダー子」と刻まれていて、赤星は狂ったように笑っていました。

ダー子がパープルダイヤの偽物を宝石研磨師(小栗旬)に依頼した時に頼んでいたのでした。

実は元々のターゲットはジェシーだったのでした。ジェシーに騙された鈴木さん復讐からこの計画はスタートし、さらに赤星が自分たちのことを狙っていると聞き、そこにジェシーを意図的にダー子たちが絡ませたのでした。

モナコはジェシーが送りこんだスパイでしたが、ダー子たちは最初からお見通しで騙された振りをしていました。モナコは途中からダー子たちに魅力を感じ惹きこまれていっていました。

祝勝会を派手に行っているダー子たち。

モナコは気まずそうですがダー子やボクちゃんやリチャードはモナコに優しく接し、スパイだったことはまったく気にしていない形で接します。

事実モナコは純粋がゆえに利用しやすく、ダー子はその純粋さを愛おしく感じていました。

そこへランリウが突然上機嫌で現れます。

ランリウの正体は実は…。

結末は本編をご覧ください。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』感想・評価

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』とっても面白かったです。

大満足でした。

脚本もいいしテンポもいいしキャストもいいし面白い演出も散りばめれられていていろいろな意味で優秀な映画です。

途中長澤まさみさんと三浦春馬さんが映画『ゴースト』を思わせるシーンがあり、声を出して笑ってしまいました(笑)

テレビドラマの映画化って見づらくなってしまうこともある印象のですが、コンフィデンスマンJPは全然そんなことなく、ロマンス編とっても楽しませて頂きました。

ドラマにがっつりハマっていた人は嬉しい登場キャストになっていますし、ドラマを観ていなくても楽しめる作りになっているところがとっても優秀です。

長澤まさみさんが女優として本当にすごいです。これだけ美人なのにダー子を魅力的に演じていて、コロコロ変わる表情がすごくいいし、セリフも妙なセリフでもダーらしく言うのですごく自然に入ってきます。

「すっからかんだぁ!!」というセリフがあるのですが、言い方が面白すぎてかなり笑っちゃいました(笑)

吹っ切れててすごくいいんです、コンフィデンスマンJPの長澤まさみさん。

他のキャストの方々もみんな素晴らしいのですが、やはり竹内結子さんの美しさは反則だなと実感しました。

年齢を経てもきれいなままなのはなぜなのでしょう、今回のコンフィデンスマンJPロマンス編はいつにもまして綺麗に感じました。

友情出演的な出演の小栗旬さんは一瞬なのに出てくるとついテンションが上がってしまい、小栗旬さんはもうそんな立ち位置の俳優なんだなと感じました。普通に「おお!」って思ってしまいました。

江口洋介さんもどこか間の抜けた要素を秘めている演技をされていて、赤星が愛されるキャラクターとなっています。勝ち誇ったあとの贋物ですからね(笑)

しかも鑑定が石黒賢さん演じる城ケ崎善三ですからね、最高です(笑)

『コンフィデンスマンJPロマンス編』はエンタメ映画といった感じで楽しめる作品です。面白かったです!

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』

嘘はいつだって真実よりも魅力的。史上最大の騙し合いが始まる!

長澤まさみの出演映画はこちらもおすすめ。

映画『グッドモーニングショー』ネタバレあらすじキャスト評価

映画グッドモーニングショーネタバレあらすじキャスト評価
映画『グッドモーニングショー』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 さらば青春の光も出演

クリックできる目次映画『グッドモーニングショー』ネタバレあらすじ・キャスト・評価 さらば青春の光も出演映画『グッドモーニングショー』あらすじ・ネタバレ映画『グッドモーニングショー』感想・評価 映画『グ ...

続きを見る

-コメディ映画