役立ち・豆知識

バナナフィッシュのアッシュリンクスのモデルはリバーフェニックスだった

スポンサーリンク

 バナナフィッシュのアッシュリンクスのモデルはリバーフェニックスだった

ここ最近昔ハマったマンガ『バナナフィッシュ』がまた流行っている事を先日ブログに書かせて頂きましたが、

やはりリバーフェニックスと『バナナフィッシュ』の主人公であるアッシュリンクスの関連性が確信へと変わりまして。

先日のブログでは、あくまで当時バナナフィッシュを読んでいた時にたしかそうだったよなという記憶で書かせて頂いたのですが、コメントでリバーとアッシュの関係性を言って下さる方いました!ありがとうございました!

そして今回はですね、更なる証拠を手にしましたのでこうやって再びペンをとった次第です。ペンをとるというかキーボードをたたき始めた次第です。

海外のリバーフェニックスのサイトでもリバーフェニックスとバナナフィッシュを紹介

今回の件を知ったのは、海外の(たぶんアメリカ)リバーフェニックスのサイトでバナナフィッシュの事を紹介していて。このリバーフェニックスのサイトのインスタを僕フォローしてて、「あら!?」となったわけです。

そんなリバーフェニックスのサイトに載っていたのがこちらの画像。

服まで一緒かい!!!と思わず突っ込みたくなるような写真と絵ですね(笑ご)存じない方のために補足しますと、上の写真は『マイプライベート・アイダホ』という映画の時の写真ですね。キアヌ・リーヴスとリバー・フェニックスです。余談ですが僕のドメイン名はこの映画からインスパイアされています。でもリバーフェニックスもアッシュリンクスも好きな僕にとっては、とんでもなく嬉しいことです。この写真と絵にはかなり度肝を抜かれましたが(笑)

いや~これも確実ですね。シンクロ率90%ぐらいいっているんじゃないかと(笑)アッシュリンクスもリバーフェニックスも本当に魅力的ですね。作者さんのリバーフェニックスへの愛がひしひしと伝わってきますね。

バナナフィッシュ作者の吉田秋生さんがリバーフェニックスについて書いたものですね。

『スタンドバイミー』『モスキートコースト』『旅立ちの時』『マイプライベートアイダホ』などが書かれている感じですね。リバーフェニックス愛を強く感じる一枚となっていますね。

つまりですね、何が言いたいかといいますと!

バナナフィッシュ好きの人達、そしてこれから読もうとしている方々!

リバーフェニックスを知ってから読むと更に面白さが増す可能性が大ですよ!!!

そしてリバーフェニックス好きだけどバナナフィッシュは読んだことがないという方々。リバーフェニックス好きであれば、バナナフィッシュ読んだら楽しめる可能性が大ですよ!!!

そんな相乗効果の提案のブログでした!!

スポンサーリンク

-役立ち・豆知識

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5