映画ネタバレあらすじ評価

映画『告発』ネタバレあらすじキャスト評価 感動実話映画

スポンサーリンク

映画『告発』ネタバレあらすじキャスト評価 感動実話映画【概要・キャスト】

今回の絶対おすすめ映画シリーズは『告発』です。

映画『告発』ははっきり言って重たい映画です。重たいけど初めて観た日からつい何度も観てしまっている映画です。

アルカトラズ刑務所で起きていた虐待を告発し、アルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実話を映画化した作品になっています。

精神的にも肉体的にも限界に追い込まれていくケヴィンベーコンの演技に心が常に揺さぶられます。ゲイリーオールドマンの名優ぶりも圧巻の映画となっています。

それでは『告発』の映画紹介です。

映画『告発』は1995年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は122分。

監督はマーク・ロッコ監督

キャストは

ジェームズ・スタンフィル・・・クリスチャンスレーター

ヘンリー・ヤング・・・・ケビンベーコン

ミルトン・グレン・・・ゲイリーオールドマン

メアリー・・・・・エンビスデイビッツ

バイロン・スタンフィル・・・ブラッドドゥーリフ

ヘンキン・・・スティーブントボロウスキー

ブランチ・・・キーラセジウィック

他。

映画『告発』あらすじ・ネタバレ

貧しい生活を妹と共にしていた青年ヘンリー・ヤング(ケビン・ベーコン)はある日貧しさに耐えきれずに妹のためにお金を盗んでしまいます。盗んだ金額は5ドルでした。

あえなく捕まり投獄されるヘンリー。収監されたのは孤島に作られた脱出不可能と言われるアルカトラズ刑務所でした。

5ドルを盗んだ罪で25年の服役を課されたヘンリー。

刑務所でできた仲間にそそのかされ脱獄を試みるヘンリー。しかし裏切りにあい脱獄は失敗に終わります。

ヘンリーは独房に入れられ、三年半もの期間閉じ込められます。陽の光も届かない独房と簡素な食事でヘンリーは少しずつ精神を蝕まれていきます。

独房生活から解放されたヘンリーへ虐待は続き、中でも副刑務所長のミルトン・グレン(ゲイリー・オールドマン)の虐待は常軌を逸したもので、二度と脱出しようなどと思わぬようにとヘンリーはアキレス腱を切られてしまいます。

ある日食堂で食事をしている時に、脱走の際に裏切りを働いた服役者を見つけたヘンリーは、衝動に駆られ手にしていたスプーンで襲いかかり柄の部分で相手の首を刺し殺害してしまいます。もうヘンリーの精神はとうに限界を超えていました。

その事件により裁判にかけられることになるヘンリー。ヘンリーの弁護士として新人弁護士のジェームズ・スタンフィル(クリスチャン・スレーター)がヘンリーの元を訪れます。

ヘンリーは最初まったくジェームズに心を開かず、話ができないヘンリーの態度にジェームズは閉口しますが、ジェームズの根気強いアプローチにより大きな距離があった二人の関係は徐々に縮まっていきます。

ジェームズはヘンリーからアルカトラズの異常とも言える虐待の話しを聞き、アルカトラズを告発し闘うことを決意します。

ジェームズはヘンリーと接していくうちにヘンリーに対して親身になっていき、自分自身もこの裁判を戦い抜こうと覚悟を決めます。

しかし、アルカトラズ刑務所を敵にするということはアメリカという国家を敵に回すことと同じでした。

ジェームスとヘンリーの訴えは世界中から大きな注目を浴にることとなります。しかし、敵に回した相手はあまりに大きく様々な圧力と嫌がらせがジェームズとジェームズの周囲の人間に降りかかります。

無謀とも言える闘いを挑んだジェームズの元からは兄で弁護士であるバイロンも離れていき、さらには恋人のメアリー(エンヴィスデイヴィッツ)すらも離れて行ってしまいました。

ジェームズは大切なものを失いながらも奮闘します。裁判は流れが徐々に変わっていき、死刑判決が濃厚とされていたヘンリーに過失致死罪の判決が出される可能性が出てきました。

しかし、突然ヘンリーが裁判に勝つことを拒み出します。ヘンリーは死刑にして欲しいとジェームズに頼みます。刑が軽くなることよりも死刑をヘンリーは強く望んでいました。

説得を試みるジェームズですがヘンリーの考えは変わりません。頑なに死刑を望み続けていました。

ジェームズは最後の手段として裁判でヘンリーを証言台に立たせます。

証言台に立ったヘンリーは裁判で、『あそこには戻りたくない。あそこに戻るくらいなら死んだ方がマシだ』と心から絞り出した声で絶叫します。

泣き叫び死刑にしてくれと懇願するヘンリー。ヘンリーはアルカトラズ刑務所に戻されればどんな目にあうかがひたすら怖かったのです。

その叫びは裁判に来ていた人達の心に響き、ヘンリーは死刑にならずに過失致死となり、結果的にヘンリーとジェームズはアルカトラズ刑務所との裁判で勝利を収めました。アルカトラズ刑務所には実態調査をするために捜査が入る事となります。

ヘンリーは刑務所に戻る際に、精一杯背筋を伸ばしていました。

長い間独房生活を強いられた彼の身体は明らかにおかしな形になってしまっていました。アキレス腱を切られた足を引きずりながら、ヘンリーは「俺は勝った!」と何度も叫んでいました。

再び刑務所に戻されたヘンリーは、独房に閉じ込められた3日後、その生涯を終えました。

独房の壁には『VICTORY』という文字が刻まれていました。

妹を飢えさせたくないがために盗んだ5ドルがきっかけで始まったヘンリーの刑務所生活は、終わりを告げたのでした。

アルカトラズ刑務所はこの裁判をきっかけに閉鎖となりました。

映画『告発』感想・評価

初めて観たのはいつだったか…高校生の時だったかなぁ。もうとにかく胸が痛くなったのを覚えています。

それから何度となく観ている映画ですが、

何度観ても胸がえぐられる感覚です。

もちろん作品の内容によるところが大きいのですが、プラスして

俳優陣の演技によるところも大きいです。

ケビン・ベーコン、ゲイリー・オールドマン、クリスチャン・スレーターなどなど、これでもかと演技という表現で衝撃を与えてくれます。

特にケビン・ベーコンはアカデミー賞取ってもいいだろうって演技です。

そしてやっぱりゲイリー・オールドマンもクリスチャン・スレーターも素晴らしいんです。

こういう芸達者な人たちってお互いを活かしあっているんですよね。結果的にそうなっているだけで狙っているわけではなんでしょうけど。

そしてさらに言うと、

海外の映画ってホントにチョイ役の俳優とかエキストラの人達にも妥協がないです。

何気に日本との大きな違いな気がします。日本のエキストラって本当に・・・ですから。

ケビン・ベーコンはもちろん好きな俳優の一人で、しかもM&Oの好きな俳優と共演することも多くて彼の出演作は昔からよく観ているのですが、

『告発』が一番かもしれません。

ケビン・ベーコンって色んな役で違う顔を見せてくれる俳優だけど、この『告発』ほどの衝撃はなかなか受けていません。

ケビン・ベーコンは元々イケメン俳優で売り出されようとしましたが、思うようにいかずに結果的に演技派俳優になったそうです。

目を背けたくなるシーンも正直ある映画です。しかしそれでも観る価値がこの映画『告発』には間違いなくあります。

正直決して軽くないし重たい映画ですが、素晴らしい作品ですので、もしまだ観てない人は絶対に観て頂きたいです。自信を持ってお薦めします。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『告発』

涙を流す前に、拍手を贈ってください。

 

【無料体験機関があるVODを集めています。まだ利用してないVODの無料体験を】

スポンサーリンク

-映画ネタバレあらすじ評価

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5