ヒューマンアカデミー

舞台俳優は儲からない?収入が低いイメージの舞台俳優のギャラ形態

舞台俳優は儲からない

スポンサーリンク

舞台俳優は儲からない?収入が低いイメージの舞台俳優のギャラ形態

今回は舞台俳優について書いていきたいと思います。

世間一般では舞台俳優は儲からない、貧乏、それだけで食べていけなくてアルバイトしているといったイメージがかなり浸透していると思います。

テレビや映画に出演していなくて顔を知らない俳優と知り合う機会があって、主に舞台をやっていますとなるとほとんどの人が「大変ねぇ」や「苦労してるのね」なんて言葉を掛けることも少なくないと思います。

確かに世間では舞台ばかりに出演している俳優はお金がない、苦労しているというイメージを持っているのは間違いないと思います。

実際に売れてテレビドラマなどに出演し出した俳優が「劇団時代は貧乏できつかった」なんてことを言っている場面もよく目にします。

もちろん彼らが嘘をついているわけではありません。たしかに貧乏で大変だったのだと思います。実際に僕の周囲の舞台俳優にも貧乏な役者はたくさんいましたし、かなりの年齢になってもアルバイトをしながら舞台に出演している役者はたくさんいました。

まさに世間のイメージ通りといった人たちはたしかに存在します。

しかしそんな人たちもいれば舞台俳優として稼いで生活をしている役者もたくさんいます。中には中年のサラリーマンよりも年収の高い役者もたくさんいますし、1000万クラスの年収の舞台俳優だって存在しているのです。

テレビドラマで役はあるもののあまり目立たないポジションでレギュラーをやっている俳優よりも稼いでいるケースは全然あるのです。

それではまず、舞台俳優のギャラは主にどういった形が多いのかを書いていきたいと思います。

舞台俳優のギャラ(出演料)の基本的な支払いの形

舞台に出演するともちろん役者には出演料、ギャランティーが支払われます。

ギャラの支払い方法は基本的に2通りあって、グロスと言ってこの舞台の出演を通していくらといった形と、1公演いくらといった形になります。

例えばグロスの場合は全部で12回公演があったとして、全部で30万とかそういった感じです。

そして1ステージいくらの場合は、そのままですが例えば1公演が3万円だとすると12公演あったら12×3万円で36万円ということになります。

舞台の仕事では公演回数が多ければ多いほど役者は稼げるケースが多いです。

もちろん公演回数が多くてもお客さんが入るような人気がなければいけないのですが、公演回数に関係なく稽古の期間というのはあまり変わらないので、本番が始まって公演回数が多い方が単純にコスパがいいということになります。

稽古期間は基本的に1ヶ月が多く、長いと2ヶ月稽古する作品もあります。その間拘束されて基本的には他の役者の仕事もできなくなります。

その後に本番を迎えるわけですが、8回ぐらいしか公演がない舞台と30回公演で地方でも公演するといった舞台だと、公演回数が多い方が全然稼げるということになります。

舞台俳優には出演料(ギャラ)とは別に他にも支払われるものがあります。物販の売り上げです。

舞台俳優は人気になると物販の売り上げもかなりの金額になる

舞台俳優で人気になるとそれだけファンの人を持つことになるので、集客ができるようになります。

たくさんのお客さんを呼ぶことができるようになった舞台俳優は出演料も高くなるのはもちろんなのですが、物販がある舞台だとその売り上げも結構な額が自分に入ってくることになります。

これはイケメンが出演している舞台に多いのですが、ブロマイドとかそういった類のものです。本当に人気のある俳優だとこのブロマイドなどが相当売れるのです。

そして契約にもよりますがこの売り上げの何パーセントかはもちろん役者自身に支払われます。これが結構馬鹿にならない金額なのです。そして舞台によっては公演後の2ショットチェキなどを販売していたりもします。

こういった物販の販売はイケメン俳優や女性アイドルが舞台に出演した際に多く行われているイメージですが、勢いは凄まじく特にここ何年かは2.5次元舞台の人気もすごいので、そちらの方の物販の並ぶ列なども相当なものだと聞きます。

そしてこういった俳優たちはお客さんも多く呼ぶので、制作側も重宝することになります。エンタメの世界は観る人がいてくれないと何より成立しない世界ですからね。

特に日本は作品のタイトルなどで劇場に足を運ぶ文化が根付いていないので、俳優目当てで観劇する人が多いことですし。ただどんな理由にせよ演劇が盛り上がることはいいことだと思います。

どんなにいい舞台を作っても観てくれる人たちがいなければ究極の自己満足になってしまいます。それどころか赤字になって借金を背負う事になりますし。

チケットノルマなどがある舞台に出演している舞台俳優は実際稼げていない

経験にある人も多いかと思いますが、「チケットを買ってください」という役者がアルバイト先にいたりしたことがある人って結構いらっしゃるかと思います。

自分で公演のチケットを売らなければいけない場合です。こういった場合はチケットノルマがある場合がほとんどで、30枚売らなければ自腹でチケット買ってねという出演形態になります。

例えば20枚しか売ることができなければ10枚分は自分でチケットを買わなければならないということです。

4000円のチケットだと4万円を自分で捻出しなければならないことになります。しかも稽古で普段しているアルバイトも休まなければならないため収入がないどころかマイナスになってしまうのです。

これを繰り返して借金地獄に陥っていく舞台俳優も大げさではなく存在します。

しかしこういった経験をして舞台俳優として結果的に売れた人ももちろんたくさんいらっしゃいます。

劇団を自分たちでやられている方々もすごく大変というイメージがあるのですが、僕は劇団の主宰の人とか劇団をやっている役者と懇意にしていなかったので具体的にどう大変かは詳しく書けませんが、公演がコケたらそれだけでえらいことになるのは想像がつくので、かなり大変だと思います。

もちろん最初小さくても今は大きい有名劇団もたくさんありますから夢はあるなぁと思いますが。

こういった形で、舞台俳優にも様々な形があります。なので「舞台俳優=稼げない」といった昔のイメージは段々となくなっていくんじゃないかなぁと思っています。

実際に役者だけで生活している舞台俳優もたくさんいるので。ただその反面食べれていない人たちもたくさんいるのですが、みんなではないということです。

最後に、テレビや映画で活躍している誰もが顔を知っているような俳優はそれだけ知名度も半端じゃないので、CMとかもそうですし映画とかももう規模が全然違ってくるので比べ物にならないぐらい稼いでいます。

そして若い舞台俳優の多くがいずれは映像で活躍したいと思っているのも事実です。

でも舞台が好きな人って本当に好きなんですよね。それはそれですごくいいことだと思います。僕は全然観劇とか行かないのでなんだか申し訳ないですが。

よろしければこちらもどうぞ。

俳優・女優・声優に興味がある人におすすめの養成所を紹介

ポイント

俳優・女優・声優に興味がある人におすすめの俳優・声優養成所を紹介します。

無料で資料請求ができるので、この機会にパンフレットをもらっておきましょう!

インターナショナルメディア学院

ポイント

大活躍している声優の堀川りょうさんが学院長を務める声優養成所で、デビュー実績が養成所の中でも抜群に多いのが特徴です。

系列のプロダクションもあるので、通いながらマネジメントを受けてデビューが可能になっています。

声優だけでなく2.5次元で活躍している俳優も輩出していて、俳優志望の人も必見の養成所です。

 

ヒューマンアカデミー

ポイント

ヒューマンアカデミーは俳優専攻・声優専攻があり、多くのプロを輩出している実績を持ち、知名度もある俳優・声優養成所です。

ヒューマンアカデミーには夜間や週末だけレッスンを受けられるコースも用意しているので、会社や学校に通いながら自分のペースで俳優や声優のレッスンを受講できるコースもあります。

養成所の中でもオーディションの数がトップクラスで、在学中にデビューを果たす人も少なくありません。

 

アミューズメントメディア総合学院

ポイント

アミューズメントメディア総合学院は専門学校になります。

昼間に通うコースのほかに、夜間や週末に会社員や学生も通うことができる『声優専科』というコースが用意されています。

アミューズメントメディア総合学院には大阪にアミューズメントメディア総合学院大阪校もあるので、関西でも通うことが可能です。

 

テアトルアカデミー

ポイント

テアトルアカデミーは多くの有名人を輩出している知名度抜群の総合芸能学院です。

しかもテアトルアカデミーは養成所と芸能プロダクションの2つの役割を持っているので、レッスンを受けながら実際に芸能の仕事をスタートできるメリットがあります。

俳優はもちろん、声優で活躍している人材も数多く輩出しています。

さらに詳しく

オーディションをスマホで無料で受けられるので、多くの人が気軽にオーディションにチャレンジしています。

テアトルアカデミーには特待生制度があるので、特待生に選ばれるかチャレンジする人も多いです。

テアトルアカデミーの出身有名人や費用や評判に関してはこちらを参考にしてください。


 

代々木アニメーション学院

ポイント

有名なのでほとんどの人が耳にしたことがある声優養成所『代々木アニメーション学院』もデビューに向けてたしかな実力を身につけられる養成所です。

代々木アニメーション学院は週一から通えるコースを用意しているので、学生や社会人など幅広い層がレッスンを受講しています。

さらに声優だけでなく代アニには2.5次元俳優を育成する2.5次元演劇科もあるので、俳優志望の人も必見です。

スポンサーリンク

-ヒューマンアカデミー

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5