映画ネタバレあらすじ評価

映画『L.A.コンフィデンシャル』ネタバレあらすじ・キャスト・感想評価 実話?

LAコンフィデンシャルあらすじネタバレキャスト感想

映画『L.A.コンフィデンシャル』ネタバレあらすじ・キャスト・感想評価 実話?

今回の絶対おすすめ映画は『L.Aコンフィデンシャル』です。

語り継がれる珠玉の名作として君臨している映画なので、ご存知の人も多いでしょう。

映画好きの間で非常に評価の高い作品となっています。

そして、実際に非常に面白い映画です。

「L.A.コンフィデンシャルは実話?」と思われる人もいるようですが、実話ではありません。

それでは『L.A.コンフィデンシャル』の映画紹介です。

映画『L.Aコンフィデンシャル』は1997年に公開されたアメリカ映画。

上映時間は138分。

原作はジェイムズ・エルロイの小説『L.A.コンフィデンシャル』。

監督はカーティス・ハンソン監督。『ワンダーボーイ』『8マイル』『激流』などを監督しています。

キャスト紹介

ジャック・ヴィンセンス…ケヴィン・スペイシー

バド・ホワイト…ラッセル・クロウ

エド・エクスリー…ガイ・ピアース

ダドリー・スミス…ジェームズ・クロムウェル

リン・ブラッケン…キム・ベイシンガー

シド・ハッジェンス…ダニー・デヴィート

ディック・ステンズランド…グレアム・ベッケル

ピアース…デヴィッド・ストラザーン

エリス検事…ロン・リフキン

マット・レイノルズ…サイモン・ベイカー

ブレット・チェイス…マット・マッコイ

ミッキー・コーエン…ポール・ギルフォイル

ラナ・ターナー…ブレンダ・バーキ

ほか。

映画『L.A.コンフィデンシャル』ネタバレ・あらすじ

1950年代、L.Aの裏社会は混沌としていました。

L.A.市警は裏社会のボスであるミッキー・コーエン(ポール・ギルフォイル)を逮捕するチャンスを伺っていました。

ロス市警の刑事バド・ホワイト(ラッセル・クロウ)は、クリスマスに酒屋でリン・ブラッケン(キム・ベイシンガー)と出会います。バドは車に鼻を怪我した女性を見かけました。有名女優にそっくりです。暴力事件かと思いますが、問題ないということでそのまま別れました。

警察署に戻ったバドは留置所に連行されるある事件の複数の犯人たちと鉢合わせになります。

刑事と犯人グループの乱闘になり、バドやステンズランド(グレアム・ベッケル)らは容疑者たちを暴行してしまいます。

同じく刑事のエド・エクスリー(ガイ・ピアース)は制止を試みますがバドたちは言うことを聞かず、この出来事が問題になります。

エドはこの事件を包み隠さず証言し、出世を果たしました。

バドは停職となり、ステンズランドは退職処分がくだされました。

同じく刑事のジャック・ヴィンセンス(ケヴィン・スペイシー)は部署異動の処分で済みました。

ジャックは出世のために仲間を売ったエドを責めました。

ジャックはマスコミと組んで事件を解決して小遣い稼ぎをしている刑事でした。

停職処分となったバドでしたが、上司のダドリー・スミス(ジェームズ・クロムウェル)の指示ですぐに復職を果たしました。

出世したエドが勤務をしている時に緊急連絡が入ります。

現場のバーに到着したエドが見たのは、複数の人間が銃で撃たれて絶命している光景でした。

この事件はエドとダドリーが指揮をとることになりました。本来であれば最初に現場に到着したエドが指揮をとるのですがダドリーは譲りませんでした…。

捜査の中で被害者の中に退職処分になったばかりの元刑事ステンズランドがいたことがわかります。

バドは被害者の1人である女性に見覚えがありました。クリスマスの夜にリンと一緒にいた鼻を怪我していた女性でした。

黒人3人の目撃証言を得たロス市警は捜査をさらに進めます。

エドはジャックと一緒に行動します。

バドは被害女性について調べていくうちにピアース(デヴィッド・ストラザーン)にたどり着きます。

ピアースは豪邸に住んでいて、被害女性もリンもピアースが元締めをしている娼婦でした。

ピアースは女性たちを有名女優そっくりに整形させ商売していました。鼻のケガは整形後のためだったと説明しました。

バドはリンの元にも事情を聞きに行きました。ちょうど市議が逢瀬に来ていましたが、バドがロス市警の刑事と知るとそそくさと帰っていきました。

バドはリンと話しているうちにリンの美貌と聡明さに惹かれます。リンもバドを意識しだしている感じはあるものの、その場は何もなく別れました。

一方ジャックとエドは容疑者と思われる3人組のアジトを突き止めていました。

現場に到着すると先にダドリーの部下2人が来ていて、ジャックとエドの計4人で踏み込み逮捕しました。

尋問はエドが担当し、巧みに証言を引き出していきます。

尋問の途中でバドが乱入し、銃を容疑者に突きつけて女性を暴行していた事実を暴きます。さらに女性が監禁されている場所を吐かせ、バドを筆頭に一行は女性の救出に向かいました。

バドは監禁場所にいた男性に発砲し女性を助け出しました。

今度は尋問をしていた容疑者3人組が脱走したとの情報が入ります。

エドは容疑者が潜伏している民家に押し入り、銃撃戦の末3人を絶命させました。

エドはこの手柄により表彰されました。

バドはリンの元を訪ねました。

バドとリンは求め合うように1つになりました…。

エドは3人組に監禁されていた女性を見舞いました。車椅子を押しながら話している時に女性が偽証していたことを知り、3人組がバーの事件とは無関係であることを確信しました。

バドもきな臭さを感じていて、バーの事件の被害女性の母親の家を訪ねました。

そこでバドは被害女性の恋人が退職処分になった刑事ステンズランドであることを知ります。

さらにバドはその家の縁の下に遺体が埋められているのを発見しました。

エドは一歩遅れてバドの跡を追いました。

エドはジャックに相談し、バドを尾行してくれないかと頼む。

拒絶するジャックに対し、エドは殉職した警官だった父親の話をし、逮捕されずに逃げている父親を絶命させた犯人を『ロロ・トマシ』と名付けていること、そしてそういった捕まっていない犯人たちを逮捕するために警官になったこと話しました。

ジャックは自分が追っているモーテルでの検事が関わっていると思われる事件にも協力することを条件に、2人は協力体制を取ることに。この事件はマスコミのシド・ハッジェンス(ダニー・デヴィート)とジャックが絡んでいる事件でした。

ジャックとエドもリンの元を訪れました。

エドたちはバドとリンが関係を持っていることを突き止めていました。

エドもリンと関係を持ってしまいますが、その様子はシドによって写真に収められました。

ジャックは検視官から縁の下の遺体がかつて刑事だった人物であることを知りました。

遺体の男がかつてダドリーの部下で、ステンズランドと組んでピアースを追っていたことを知ったジャックは、ダドリーの元を訪ね事情を聞こうとします。

しかし紅茶を出して油断させた瞬間に、ダドリーはジャックの胸を拳銃で撃ち抜きました。

ダドリーは息絶える寸前のジャックに「何か言い残すことはないか?」と尋ねました。

ジャックは「ロロ・トマシ」とだけ言ってこの世を去りました。

ダドリーはジャックを殺害した犯人を逮捕するように白々しくも指示を出します。

ダドリーは「ロロ・トマシ」という名前に覚えがないかを聞きます。

これを聞いたエドはダドリーがジャック殺害事件に絡んでいることを確信します。

ダドリーはバドを引き連れてシドに尋問を行いました。

その際にシドはエドがリンと関係を持ったこと、その時の証拠写真があることを話します。

カッとなったバドはその写真を奪ってエドの元へ行き感情のままに殴りつけます。

エドはバドに対し、すべてはダドリーの罠だと話します。

リンの件もバドがエドを憎むように仕向けられた罠でした。

事実、シドとダドリーは口裏を合わせていました。しかしこの後シドはダドリーによって命を奪われてしまいました。

エドとジャックは手を組んで事件を解決しようとピアースを訪ねました。

しかしピアースは自ら命を絶っていました。エドとバドはすぐにピアースが何者かに襲われていることに気づきました。

リンの身も危険だと判断しリンを保護したあと、2人は呼び出されたモーテルに向かいます。

すぐに異変を感じた2人を激しい銃声が襲います。

ダドリーの手下たちと激しい銃撃戦が続きます。エドもバドも銃弾を食らいながらも応戦します。

最後にダドリーの命を断ったエドは、署で取り調べを受けることに…。

黒幕ダドリーの思惑をすべて話すエド。

これが公になれば、ロス市警の名誉が地に落ちると危惧する関係者を前に、エドはある提案をしました。

エドの提案の内容とは…?

バドは生きているのか…?

映画『L.A.コンフィデンシャル』感想・評価

『L.A.コンフィデンシャル』は上映時間138分という少々長めの映画ですが、まったく長く感じません。

映画が始まってからラストシーンまでずっとドキドキしていると言っても過言ではありません。

臨場感が半端なく、ひと言でいうと『質の高い映画』です。

脚本のクオリティも高く、次から次にスリリングに展開していくので飽きることがまずありません。

さらに出演者の芸達者ぶりが臨場感に拍車をかけてくれます。

ガイ・ピアースの冷静で分析の長けているのかなと思わせるキャラクターからの、実は感情で動くという人間味のある演技。

ラッセル・クロウの骨太な演技の中に垣間見える繊細さといったら…。

ケヴィン・スペイシーの飄々としていながらも感じさせる信念。

そして美しすぎるキム・ベイシンガー。聡明な感じを随所に感じさせるあたりは特にすごいと思います。

脚本、キャスト、演出などすべてが見事に絡み合って名作を生み出しています。

もしもまだ観たことがないという人は絶対観て下さい!

はっきり言って『L.A.コンフィデンシャル』は観ないと損です。

おすすめです、ぜひ。

映画『L.A.コンフィデンシャル』

一人の女、ひとつの真実、男たち、野獣の輝き

-映画ネタバレあらすじ評価