役立ち・豆知識

個サルは初心者も女性も楽しめる?参加したリアルな感想は「やめとけ」

個サルに参加した感想

個サルは初心者も女性も楽しめる?参加したリアルな感想は「やめとけ」

「個サルって楽しいのかな?」

「最近運動不足だしフットサルやりたいけど、仲間を集めるのは無理だから個サルに行ってみようかな」

「何か趣味がほしいな…昔サッカーやってたし個サルを趣味にしようかな」

個サルに参加しようかなと考えている人の多くがこういった考えをもっているのではないでしょうか。

今回は「個サルに行ってみようかな」と考えている人に、実際に僕が個サルに参加した時の感想をお伝えします。

最初にはっきり言っておきますが、「最終的に個サルは最高!」といった内容の記事ではありません。

むしろ個サルに参加するためにサッカー用具をこれから買い揃えようと思っている人には絶対に読んでほしい記事です。

 

それでは個サルに参加して思ったことをお伝えしていきます。

 

個サルってなに?

個サルとは個人個人が集まってフットサルを行なうことです。

フットサルコートを運営している会社が仕切って個サルが行われている場合もあれば、個サルを運営している団体のようなものもあります。

個サルの参加募集がまとめて掲載しているサイトがあるほど、個サルは盛り上がりを見せています。

 

個サルは運動不足の人にとっては楽しく運動ができる機会ですし、サッカーやフットサルが好きな人にとっては気軽にボールを蹴れる機会。

本来であれば個サルは非常に素晴らしい遊びのはずなのですが、1つ決定的に難しい問題があります。

個サルはレベル分けが非常に難しいのです。

 

個サルのエンジョイ・初心者歓迎に注意!

個サルはほとんどの場合、募集要項にレベルについて書かれています。

多いのは「初心者歓迎」「エンジョイ」「ガチ」「中級者」などです。

個サルを全く知らないサッカー初心者の人は、「初心者」「エンジョイ」というレベルのフットサルなら大丈夫と思いますよね。

普通の日本語の解釈なら「初心者歓迎・OK」「エンジョイ」と書かれていたら、初心者の人でも楽しめるフットサルを想像するはずです。

しかし、いざ行ってみると「初心者が全然楽しめない個サル」が多いのが現実です。

 

サッカー経験者だけど「エンジョイ」に参加して楽しめなかった…

僕は高校までずっとサッカーをやっていました。

説明しやすいようにサッカーの経歴を言うと、チームではレギュラーでしたしその地域の優秀選手などにも選ばれるぐらいでした。

ただし、個サルに参加するまでは10年ぐらいボールを触っていない状態でした。

ダッシュする機会もないので、思いっきり走ることもずっとありませんでした。

趣味もなく何か運動する趣味がほしいなぁと思っていたので、思い切って個サルに参加することに決めました。

「ブランクもあるし満足に走れるかもわからないし、自分ができないせいで悪い雰囲気になったら嫌だな」と思い、慎重に個サルのレベルを吟味していました。

そんな中で「ここなら安心して参加できそうだ」と思える「初心者・エンジョイ」と書かれた個サルを見つけたのです。

不安だったのでネットで予約をする前に問い合わせてみました。

「かなりブランクがあるのですが大丈夫ですかね?ガチでやる感じなら遠慮したいのですが」と訊いたところ、「大丈夫ですよ!その日は女性も参加できるレベルの個サルなので」と返答が。

それなら大丈夫かなと思いつつ予約を済ませました。

 

もうサッカーシューズははるか昔に処分していたので、新たにサッカーシューズを購入。

正直この時はルンルンしながら何日か後に迫ったフットサルの準備をしていました。

 

そして個サルに初参加する時がやってきました。

受付に行き会計を済ませて更衣室で着替えてコートの横に行きストレッチを開始。

この時の僕の想像は、和気あいあいとダッシュとかもすることなく楽しくボールを蹴れるフットサルでした。

受け付けでスタッフの人が「参加者はほとんどが常連」的なことを言っていたので少し嫌な予感はしていたのですが、残念なことにこの嫌な予感が的中してしまいます。

結論を先に書くと、僕は個サルをまったく楽しめないどころか二度と参加しないことを決めることになってしまいました。

 

初心者・エンジョイの個サルのはずでは…?

ゾロゾロと人が集まってきます。

なにやら顔見知りの人が多いみたいで「たしかに常連が多いんだなぁ」と思いました。

なかなか話す機会がないままチーム分けして個サルスタートです。

まず、初心者なんて1人もいませんでした。

女性も数人いましたが、しっかりボールを止めて蹴れて、さらにダッシュもしっかりできる明らかな結構な経験者。

たいしてうまくはないけど、かなりフットサルをやってるんだろうなっていう人が多数いて、その人達が常連って感じでした。

はっきり言ってまったりプレーできると思ってた僕はかなり面喰らいました。

足元にボールをもらいたいのに前のスペースにパスを出されること多数。

とにかくダッシュを繰り返すハメに…。

思っていたよりもガチなので、ディフェンスに戻らないと空気が悪くなりそうだなと思いディフェンスも自分なりに頑張りました。

 

残念ながら途中から足があまり言うことをきかない感じになってきてしまいました。

辛いし全然楽しくないし帰りたいな…と正直思っていました。

しかし人数ジャストで数チーム作ってるので、僕が帰ると迷惑がかかるだろうなぁと思い「今回は頑張ろう」と思い頑張りました。

ちなみに顔はちゃんと笑顔を作っていました。

常連さんらしき人たち以外は楽しそうな人はいなかったように見えました。

常連さんたちも悪気はないと思うのですが、固まって話してるので閉鎖的な感じなんですよね。

 

初心者レベルに参加してイキがる経験者たち

常連の何人かは全然周りのことを考えない個人技で抜いて強シュートを打ってゴールを決めることも多々ありました。

「そりゃエンジョイ・初心者っていうカテゴリーなんだから、ガチでディフェンスする人なんていないでしょ」と思いつつ、「たぶん中級者以上のレベルに参加すると通用しないから、このレベルに来てイキがッてるんだろうな」と思って、仕方ない仕方ないと思ってイライラしないようにしていました。

ガタが来まくってるとは言え一応経験者と思われたのか、僕を抜きに来ることはなかったです。足も動かないし全然抜かれますけどね(笑)

ただこういった常連参加者がいるから個サルが成り立っているので、フットサルコートのスタッフさんは注意できないだろうなとも思いました。
話を聞いてる感じ週に何日も来ている人もいるみたいでしたし。

新規の人は僕みたいに「もう来るのやめよう」と思ってリピートする人は少ないと思われます。

楽しくないですもん(笑)

常連さんの中にもいい人がいて、アシストすると「ありがとうー!」って絡んできてくれたりして嬉しかったです。こういう人ばっかりだったらいいのになって思いました。

ちなみにジョギング的な感じで走って楽しくボールを蹴れると思っていた僕は、空気に負けて予想外にダッシュを繰り返し、キツいパスに食らいつき膝まですりむき、次の日は筋肉痛でとんでもない状態になりました。

「二度と個サルには行かない」と心に誓いました。

 

【個サルに参加してわかったこと】

  1. レベル分けはあてにならない
  2. 初心者レベルに参加してイキる経験者が多々いる
  3. 常連が閉鎖的だと全然楽しくない
  4. 常連だけ楽しんでいる
  5. 運営スタッフも常連に甘い(太客だから仕方ない)

失敗しない個サルの参加の仕方

では個サルには参加しない方がいいのか?というとそんなことはありません。

僕はもう二度と行かないのでオススメはしませんが、もしかしたら初心者も参加できる良い個サルもあるかもしれません。

個サルで失敗しないために僕ができるアドバイスは、

事前に見学に行くことです。

実際に生で見ればどんな雰囲気なのか、どれぐらいガチでやってるのか、イキがりにきてる経験者はいないか、などがわかります。

僕も見学してから行けばよかったです…(TдT)

個サルに行くときは事前に見学するのをオススメします。

-役立ち・豆知識

© 2022 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5