THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

音で起きてしまう睡眠の悩みを手軽に安い値段で解消する方法

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

音で起きてしまう睡眠の悩みを手軽に安い値段で解消する方法

 おはようございます、M&Oです。

今回は【睡眠中に音ですぐに起きてしまう悩みの解消方法】をご紹介します。

 

実際に僕が使っている方法なので、眠っている時に音で起きてしまうことで悩んでいる人はぜひ試してみてほしいです。

 

睡眠の重要性は世の中でずっと言われ続けていて、昔は睡眠時間を削って頑張る人が偉いみたいな風潮がありましたが、現在はいかにしっかり寝て起きている時に効率よく行動するかが重要と言われています。

ホリエモンもちゃんと寝ないと次の日の効率が落ちるとよく話されていますね。

 

しかし寝る時間をちゃんと確保しているのに、よく眠れないという人もたくさんいます。

「寝つきが悪い人」も多くこれも大きな悩みだと思います。

ちなみに僕は寝つきが悪いです。

寝れない時は開き直って起きている方が眠くなること気づいてからは開き直るようにしています。

 

そして眠りに入ったとしても『些細な音で起きてしまう』という人もたくさんいます。

僕自身もそうで、寝つきが悪いうえに眠ってからも些細な音で起きてしまうので、典型的な『眠るのがヘタな人間』なのです。

長い間この『睡眠の悩み』を抱えて生きてきていました。

f:id:myprivatecomedy:20200923033750j:image

睡眠を妨げる音問題に対する悩み

寝つきが悪いのは誰のせいでもないので、仕方ないと思える部分もかなりあるのですが、眠ってから他者が出す音で起きてしまう事に関しては『仕方ないこと』とは到底思えません。

 

僕は誰かと一緒に寝ることも苦手です。

同じベッドで寝ることはもちろん、同じ部屋で寝るのも苦手です。

 

たぶん僕もいびきをかいてしまっていると思いますが、誰かのいびきで起きてしまいますし、そもそもいびきをかく人が先に寝てしまうと眠ることができません。

こういった人は僕だけでなく世の中にたくさんいると思っています。

 

でもできることなら、朝起きた時に『あ~よく寝た~!』と思わず言ってしまうような睡眠をとりたいのです!

枕やマットレスでは解消できない音問題

僕は枕やマットレスなどのせいで眠れないということはあまりありません。

何万円もする枕やマットレスを使って眠ったらきっと気持ちいいんだろうなとは思いますが、

高価な枕やマットレスを使ったところで『音がしたら起きてしまう問題』は解決できません。

むしろ『せっかく高価な枕とマットレスで眠っているのに台無しじゃねぇか!』と思ってストレスをさらに溜めてしまいそうな気すらします。

 

 いくらお金をかけて高級な枕やマットレスを使用しても、『豚に真珠(使い方あってるかな・・・)』状態なのです。

上の階の住人や隣人の音で起きるとイライラして余計に寝れない

雨の音や雷の音が気になってよく眠れなかった経験がある人も多いのではないでしょうか。

音が気になるタイプの僕ももちろん雨や雷が気になります。

しかしこれは仕方ないことです。まさか『ふざけんな雨!』『なめんなよ雷!』とは思いません。

眠っている時に音がして起きてしまった時にイライラしてしまうのは、人間が出す音の場合です。

 

マンションやアパートの集合住宅の場合、上の階や隣の部屋の住人が非常識な場合、確実に睡眠に支障をきたします。

隣人の音が原因であまり眠れず引っ越しをした経験も全然あります。

 

少しでも音の影響が少なそうな物件を選ぶ癖がついていて、基本的に鉄筋コンクリートの建物を選ぶようにしています。

しかしそれでも上の階の住人がまったく気を遣わない人だと、結構な足音がして起きてしまう事が多々あります。

 

この『人間が出す音』で起きてしまった時にタチが悪いのが、

イライラしてしまって目が冴えてしまい、全然眠れなくなってしまうのです。

この状態は本当に最悪ですよね。

眠れないストレスと音の主に対しての二重のストレスになっているわけですから。

 

僕は自分が音に敏感で起きてしまうので、夜中に部屋を歩く時は基本つま先で歩いているぐらい気を遣っています。足音が下に響かないようにラグも敷いています。

 

自分が勝手にやっていることなのですが、人間とは勝手なもので『自分はこんなに気を遣っているのに上の階の人はなぜこんなに気を遣わないんだろうか』と思ってしまうのです。(こんなことを思うの僕だけだったらごめんなさいですが)

 

長年こういった睡眠の悩みに苦しんできた僕ですが、意外にも簡単でお金のほとんどかからない方法でこの悩みから解放されたのです。

耳栓でぐっすり眠って朝まで起きずに良質な睡眠を手に入れる

『睡眠中に音で起きてしまう問題』を解消してくれたのは

耳栓でした。

 

「おい!ここまで長々読んできたのにもったいぶった解決方法が耳栓かよ!」と思われた人もいるかもしれませんが、意外と耳栓って思った以上に効果があるんです。

 

実際に僕は耳栓を使用するようになって「音で起きてしまう」ことがなくなっています。

しかも僕が使用している耳栓は決して高価な耳栓ではなくて、

ウレタン製・スポンジ製の柔らかい素材の安い値段で売っている耳栓です。

※こういう耳栓です。

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 完全に音が遮断されるわけではないのですが、ある程度の音が遮断されるので、それだけで睡眠中に起きてしまう事が皆無になりました。

 

それでいて朝はスマホのアラームでしっかり起きれています。

僕の場合は音に敏感なので目覚まし時計の音にも元々敏感なのですが・・・。寝坊したこと人生で1回もないぐらいなので。

 

この記事を読んでいる人の中で、「このタイプの耳栓使ったことあるけど効果なかったけどな」という人がいるかもしれません。

僕の知人でもいたのですが、その知人の話を聞くと、使用方法を決定的に間違えていました。

 

正しくこのタイプの耳栓を使えていない可能性もあるので、装着する時のコツをご説明しておきます。

 

ちなみにシリコンとか固い素材の耳栓は、個人的には睡眠にはおすすめしません。固い素材の耳栓は寝ている時に横向きになるとめちゃくちゃ痛いです・・・。

耳栓の使い方のコツ・注意点

ちゃんとしたやり方で耳栓を使用している人がほとんどだと思いますが、

僕の知人はこの柔らかい素材、ウレタン製やスポンジ製の耳栓を、指先でくるくると細くして耳に突っ込んているということでした。

 

これではダメです。

耳栓を指先でくるくると押しながら細くするところまではいいのですが、その後がいただけません。

そのまま耳に突っ込んではだめです。

 

片方の手で耳の上の部分を引っ張り上げながら、耳栓を耳の穴に入れるのです。

そして耳栓を耳の穴に押し込んでいる状態のまま、耳を引っ張り上げていた手を離します。

こうすることで耳の穴が耳栓によってしっかり密閉されるのです。

 

耳栓を挿入するときに耳の上の部分を持って引っ張り上げていないと、せっかくクルクルと指で細くした耳栓が耳の穴に入りません。

 

実際にやってみると、耳を引っ張り上げずにそのまま耳栓を突っ込んだ場合は、耳栓がボヨンと飛び出てきてしまうはずです。

ただ一応耳栓は耳の中にとどまるので、耳栓を装着できていると勘違いして「全然音が遮断されない」となってしまっているケースが多いです。

 

このやり方をしていなかった!という人はやってみてください。

これから初めてこのタイプの耳栓を使う人は、ちゃんと耳を引っ張り上げて耳の穴を広げてから、耳栓を装着してくださいね!

睡眠中に耳栓を使っている人は実は結構多い

睡眠中に耳栓を使っている人はわざわざ言わないだけで実は結構多かったりします。

芸能人でも松本人志さんや千原ジュニアさんはかなり音に敏感で起きてしまうタイプらしいです。

松本人志さんは耳栓とアイマスクの両方を使用していると過去にテレビで話されていましたし、千原ジュニアさんは隣の部屋の爪切りの音でも眠れないと言っていて、明かりにも敏感で、遮光カーテンで完全に真っ暗にしているそうです。

僕は明かりに関しては問題ないんですけどね。

 

「睡眠中に音で起きてしまう問題」を抱えている人で、「耳栓なんてどうせ意味ないだろう」と思っていて使用したことがない人は、よかったら一度試してみてください!

僕はかなり改善されたので!