THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

映画『テッド』ネタバレあらすじキャスト評価 ファンタジーコメディ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『テッド』ネタバレあらすじキャスト評価 ファンタジーコメディ【概要・キャスト】

おはようございます、M&Oです。

今回の絶対おすすめ映画は『テッド』です。

 

映画『テッド』はかなり一世風靡した映画なので多くの人が鑑賞しているのではないでしょうか。下ネタのオンパレードで、友情版とPG-12版と2種類が公開されているのもすごいです。

物語としても非常におもしろく、マークウォールバーグ好きとしては、マークウォールバーグがこういった作品に出演していることもなんだか嬉しいです。

しかしテッドって見た目本当にかわいいです(笑)

それでは『テッド』の映画紹介です。

 

映画『テッド』は2013年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は106分。

監督はセスマクファーレン監督。テッドの声も担当しているので、かなり大活躍ということになります。

 

キャストは

テッド・・・セスマクファーレン(声の出演)

ジョンベネット・・・マークウォールバーグ

ロリーコニンズ・・・ミラキュニス

レックス・・・ジョエルマクヘイル

ドニー・・・ジョヴァンニリビシ

ロバート・・・エイディンミンクス

ガイ・・・パトリックウォーバートン

トーマス・・・マットウォルシュ

タミリン・・・ジェシカバース

フランク・・・ビルスミトロビッチ

スティーヴベネット・・・ラルフガーマン

ヘレンベネット・・・アレックスボースタイン

ターニャテリー・・・ローラヴァンダーヴォート

トレイシー・・・ジェシカストループ

ミシェル・・・メリッサオードウェイ

ナレーター・・・パトイリックスチュワート

ジャレッド・・・ライアンレイノルズ(カメオ出演)

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20200919194510j:image

映画『テッド』あらすじ・ネタバレ

1985年、アメリカのボストンの住宅地に内気な1人の少年がいました。

8歳のジョンベネットは近所の子供たちの輪に入れずいつも寂しい思いをしていました。

両親はジョンにテディベアをプレゼントしました。

そのテディベアは「大好き」という言葉を話すことができるぬいぐいるみで、ジョンは両親にも言えないことでもテッドと名付けたテディベアには何でも話していました。

ジョンとテッドはいつも一緒に過ごしていました。

ある夜ジョンはテッドが喋れればいいのに、という願いをしてから眠りにつきます。

すると驚いたことにテッドは「大好き」以外の言葉を普通にしゃべれるようになっていました。

驚き喜ぶジョンと驚愕する両親、そしてテッドは史上初の命の宿ったぬいぐるみとして有名になり、テレビなどにも引っ張りだこになります。

テッドはいくら自分がセレブリティになろうとも、一番大切なのはジョンであることを決して忘れませんでした。

 

時は経過しジョンは35歳になっていました。テッドも見た目は変わらないものの中身はすっかり下ネタをいうおじさんになっていました。

現在も2人は仲良く暮らしています。

ジョンはレンタカー屋の社員として働いていて、テッドはすでにテレビ出演などはとっくになくなり、ブームが去ってビールを飲んだくれているような自堕落な生活を送っていました。

ジョンには一緒に暮らしているロリーコニンズ(ミラキュニス)という恋人がいます。

ロリーは広告代理店に勤めていて、ジョンと相思相愛で結婚を考えていました。

しかしジョンはなかなかプロポーズをしてくれず、2人の4周年記念の\ディナーの時も、指輪を期待しましたが、ジョンが送ったのはイヤリングでした。

ロリーはジョンに、このままテッドと暮らしていたらあなたはダメになると忠告しました。

 

ジョンは悩みながらもテッドと別居することに決め、テッドはスーパーマーケットでアルバイトをはじめます。

テッドは女性好きでスーパーの女性従業員とそういう関係になり仕事をほったらかして事に及んでいてクビになるかと思いきや、なぜかテッドが不真面目なことをするたびに店長は高く評価しテッドを昇進させていきました。

 

テッドはパーティーにかつてのジョンとテッドの憧れのテレビヒーローが来たことを理由に、ジョンを電話で呼び出します。

ジョンはロリーと一緒に別のパーティーに参加していて無理だと最初は断っていましたが、結局誘惑に負けてテッドの元へ行ってしまいました。

しかしここでテッドとジョンは我を忘れてしまい、問題を起こしてしまいます。

 

ロリーはジョンに愛想を尽かし、いよいよジョンとロリーの関係が終わりを迎えようといしていました。

しかしテッドがロリーに、ジョンとちゃんと話してほしいと話し、ジョンはロリーと話しをするチャンスを得ます。

しかしちょうどジョンがロリーに会いに行く時に、テッドはしつこく自分を買いたいと以前から言ってきていた父子に誘拐されてしまいます。

しかも子供はテッドと2人きりになるとテッドにひどい暴力をふるってくるのでした。

テッドはどうにかしてジョンの携帯電話に連絡して助けを求めした。

ジョンとロリーは急いでテッド救出に向かいます。

テッドはなんとか脱出しますが、追跡は続いていました。

ちょうどそこにジョンたちが現れますが、テッドは胴体を真っ二つに引きちぎられてしまいます。

胴体を引き裂かれたテッドは、これまでのように反応することなく、たたのぬいぐるみになってしまいました。

 

ジョンとロリーはテッドを持ちかえり、縫合して応急処置を施しました。

しかしテッドは何も反応することなく、ジョンは呆然としてテッドを見つめていました。

ジョンとロリーはその晩願い事をしてテッドが生き返ることを祈りました。

 

翌朝、テッドが急に動き出します。

いつもと違う声で「詰め物の位置がズレているから今まで通りにはいかない。こんな僕でも面倒見てくれるかい?」と弱々しくジョンに話しかけました。

これはテッドの芝居で、テッドはすぐにこれまで通り元気に動き元気にしゃべりました。

ジョンはテッドが生き返り歓喜します。

これまで通り、これまで以上の幸せな毎日た続き、ジョンとロリーもめでたく結婚を果たしました。

映画『テッド』感想・評価

映画『テッド』、面白かったです!

こういうファンタジーもいいですねぇ。下ネタもたくさん出てくるし、下ネタは得意な方じゃないんですが、ビジュアルの可愛いテッドが言うから許せちゃう感じで楽しめました。

マークウォルーバーグの腕が太すぎてとてもレンタカー屋の従業員には見えない点が気になりましたが(笑)、マークウォールバーグもすごく魅力的でよかったです。

「本当にこんなこと起きたらいいのにな」と年甲斐もなく思ってしまいました。

そんな気持ちにさせてくれる映画です。

しかし監督のセスマクファーレンはテッド声も担当して監督もしてモーションキャプチャーもやっているみたいなので、すごいですよね。この作品にかける思いが非常に伝わってきますね!

映画『テッド』、最高に楽しめて癒される映画です。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『テッド』

世界一ダメなテディベア、出没。

テッド(字幕版)

テッド(字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 
テッド [Blu-ray]

テッド [Blu-ray]

  • 発売日: 2014/03/05
  • メディア: Blu-ray
 
テッド [DVD]

テッド [DVD]

  • 発売日: 2014/03/05
  • メディア: DVD
 

 

マークウォールバーグ出演映画はこちらもおすすめ。

                M&O

 

【VOD無料お試し特集 試していない動画配信サービスはありませんか?無料で試そう】

東京電力のガスの契約で、Amazonプライムが永年無料でご利用可能!

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちらから

【U-NEXT】無料お試しはこちら

Hulu無料お試しはこちら

見放題ならdTV無料お試しはこちら

music.jp無料お試しはこちら!

FODプレミアム無料お試しはこちら

amazonプライムビデオ無料おためし

インディーズ映画専門DOKUSO映画館今すぐ31日間無料体験!