THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

仕事にやりがいがないのに続けているのははぜ?人間は変化を嫌う傾向がある

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

仕事にやりがいがないのに続けているのはなぜ?人間は変化を嫌う傾向がある

こんばんは、M&Oです。

今回は【会社や仕事をかえること】、つまり【転職】について書いていきたいと思います。

『毎日特に面白くもないけどとりあえず会社に行っている』

『もっと人生に変化が欲しいけど、結局現状維持のまま何年も経っている』

『会社に行くことがストレスだけど、転職も大変そうだしそのまま我慢して出社している』

そんな悩みを持っている人に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

僕は会社員をやったことがない生き方をしてきていますが、だからこその視点で書いていければと思っています。

f:id:myprivatecomedy:20200813234247j:image

可もなく不可もなくで仕事を続けている人は会社員に多い?

会社で正社員として働いている人を僕はある意味で尊敬しています。

派遣社員の人も尊敬しています。

基本的に週に5日間、1日8時間労働という人がきっと多いと思います。

さらにこの基本的な労働時間に残業などがプラスされる感じでしょうか。

 

1日8時間を週に5日というのは、僕的には結構長い労働時間です。

労働と捉えると、結構長いというよりかは【かなり長い】です。

 

僕の中で【労働】というとどうしても

【望んでいないのにしている行為】

【辞めれるものなら辞めたい行為】

というイメージなので、やりたくないことを1日8時間、週に5日やるというのはなかなかつらいことだと感じます。

というかやりたくないことを週に5日間、1日8時間もできる自信がありません。

変な他意などをまったく込めずに、それだけ【労働】できる人は、普通にすごいと思うのです。

 

自分ができないことをしている人は基本的にすごいと思うので、うんざりしながら週に5日、1日8時間働いている人のことは、なおさら普通にすごいと思います。

ただこれは【ネガティブな感情で会社に行っている人】に対してです。

 

というのも、会社員をしている知り合いに話を聞いてみた時に、会社に対してポジティブな感情がなかったとしても、特にネガティブな感情を持っていない人も多かったのです。

見出しに書かせて頂いた【可もなく不可もなく】といった感じの人たちです。

僕は仕事にやりがいを感じていない人はネガティブな感情に陥りながら仕事をしている会社員が多いのかと思っていたのですが、聞いてみると意外と【別にネガティブじゃない】感じなんですよね。

 

【ネガティブじゃないけどポジティブでもない】という気持ちで会社に出勤し続けている人は意外と多いのではないでしょうか。

改めて考えてみると、そんな変な事でもない気もします。

 

子供のころに学校に通っていた時にはたぶん【ネガティブな感情もポジティブな感情】も特になかったように思います。

【学校とは行くものと決まってるから行くんだ、ただそれでけ】と思っていて余計なことを考えていなかったのかもしれません。

大人になって会社行く際も、【この会社に就職したから出勤して仕事をやるだけ】と考えている人が多いのかもしれません。

別に悪いことじゃないし、意外と感情やテンションの起伏が少なそうでメリットも多そうです。

そういう人って毎日ムラなく平均的なパーフォーマンスを発揮してそうな気がするからです。

こういった人たちは【仕事を変えたい、転職したい】という願望があまりなさそうです。

あったとしても現在の職場をすぐに辞めたいという願望もないので、行動に移るまではかなり腰が重そうなイメージです。

 

それでは【会社や今の仕事に嫌気がさしている人たち】について考えてみます。

仕事を辞めたいとストレスを感じながら続けている会社員たち

『毎日会社に行くのが嫌で嫌で仕方ない』

『上司とそりが合わなくてつらい』

『会社の人間関係が最悪で胃が痛い』

『現在やっている仕事に面白みを全く感じない』

などなど、

会社や仕事に対して不満や悩みなど、【ネガティブな感情】を持っている人はたくさんいます。

 

しかし、悩みや不満などの【ネガティブな感情】を持っているにも関わらず、会社や仕事をそのまま続ける人がとても多いのです。

 

もちろん事情がある人もいらっしゃいます。

ご家族がいて、転職がうまくいかなかったらと考えて、収入が減ることを恐れて転職をしない人もいるでしょう。

ただ考え方が違えば、転職することで収入があがることもじゅうぶん考えられると思いますが。

 

結婚してお子さんがいてという人は、少々動きにくいというのは一応わかるのですが、独身の身軽そうな会社員でも、嫌々ながらも同じ会社に勤め続けている人が多いのです。

もちろん全然いいのですが、嫌々行くぐらいならせっかくなら少しでも楽しいを思えることをやればいいのになと思ってしまいます。

しかも嫌々来ている社員に給料を払っている嫌々来られている会社もかわいそうですし。

お互いにとっていいことないじゃないかと思ってしまいます。

ただどうやら人間というのは、変化を嫌う傾向にある生き物で、現状を維持したがる方が人間にとって自然のことのようなのです。

人間が自ら環境を変かえたくない生き物【環境を変えるだけで好転する人生】

人間の傾向として、変化を嫌い現状維持を好む傾向があることは先ほど書かせて頂きましたが、この傾向というのはどうやらかなり根強いもののようで、

【たとえ現在の環境がつらかったとしても、環境が変化するよりかは現状維持を選択する】

ぐらい、人間というのは基本的に現状維持をしようとしてしまうようです。

 

人間は環境を変えるぐらいの行動を起こすには、結構な労力を必要とするのです。

現状維持で守れるものきっとあります。現状維持をしている方が居心地もよく感じてしまうのでしょう。

しかし、変化を求めて行動を起こし、現状維持を壊して動いた先に、もっと有意義なことが待っている可能性もあります。

しかも多くの人が現状維持を好んで動かないのであれば、行動を起こして変化を求めた先には多くのチャンスがありそうな気がしてなりません。

現状維持を望む人がマジョリティで、変化を求めて動く人がマイノリティということになるわけですから。

 

もしも現在あなたが、毎日が充実しているわけでもないけどこのままで別にいいかと思っているなら、それは大多数の人が思っていることで、現状維持をすることで安心している人はたくさんいるので、そんな考えを何も疑問に思う事はありません。

 

ただ、現状維持をしている人がほとんどの世の中では、動ける人にはきっと多くのチャンスがあるでしょう。変化を恐れずに動いた先は、毎日が楽しい人生かもしれません。

 

変化を求めて動く癖をつけておきたいですし、動ける体制もできるだけ常に整えておきたいものです。

                   M&O