THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

ソフトバンク光の速度が速くなるIpv6の接続方法や設定 Ipv4との違い

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ソフトバンク光の速度が速くなるIpv6の接続方法や設定 Ipv4との違い

こんばんは、M&Oです。

今回はソフトバンク光の回線速度を速くするための『Ipv6の設定方法や接続方法』について解説していきます。

 

Q.『よく「Ipv6」っていう言葉を耳にするけど、実際なんなのかがよくわからない。なんとなくインターネットが速くなるっていうイメージだけど、自分が使えているかもよくわからないし、もしIpv6がいいんなら使えるなら使いたいな。でもあんまり複雑なら自身ないんだよなぁ・・・。』

f:id:myprivatecomedy:20200720122332j:plain

Ipv6とは Ipv4との違いはどんなところ?

耳にしたことがあるけれど、なんだかよくわからない言葉ってありますよね。

『Ipv6』はインターネットにそこまで興味がない人にとってまさにそんな言葉です。

耳にはするけど、いったいどんなものなのかわからない。

インターネットが速くなるらしいけど、使い方も自分が現在使っているかもわからない。

 

こういった悩みまでいかなくても疑問点を持っている人は多くいます。

しかし実際にIpv6について説明するとなると、意外とシンプルだったりするのです。

 

現在のソフトバンク光のパンフレットはわかりませんが、過去のソフトバンク光のパンフレットの説明には、

Ipv6は広い道路を車がスイスイ快適に走っているイメージの図で説明されていたと記憶しています。

 

ネットの接続方法は2つあり、

  • Ipv4
  • Ipv6

の2種類になります。

簡単に比較すると

  • Ipv4→回線速度が遅い
  • Ipv6→Ipv4よりも回線速度が速くなる

ということになります。

 

つまり先ほどの道路を車が走っている様子で例えるなら

  • Ipv4→車線の少ない道路で車がのろのろ走っている。もしくは渋滞している
  • Ipv6→車線の多い広い道路をスイスイと車がハイスピードで走っている

といった感じです。

 

このことからもインターネットを快適に使いたい人は【Ipv6】を使った方が断然いいということになります。

【Ipv4】よりも【Ipv6】の方がインターネットの速度が速くなる可能性が確実に高まるわけなので。

 

それではソフトバンク光で【Ipv6】を利用してインターネットを快適に使うにはどうしたらいいかをご説明していきます。

ソフトバンク光で【Ipv6】を利用するためには

ソフトバンク光で【Ipv6】を利用するには、

光BBユニットレンタルが必要になります。

 

光BBユニットレンタルは月額467円のオプションとなっています。

毎月467円追加か・・・お思いになられる人に朗報です。

ソフトバンク光を利用する人の多くはソフトバンクかワイモバイルのスマホなどを利用していることと思います。

このブログでもソフトバンク光はソフトバンクかワイモバイルのユーザーにおすすめさせて頂いています。

 

ソフトバンクがワイモバイルユーザーであれば、おうち割というセット割が適用されるのです。

このおうち割を使う事により、3つのオプションが付いてきて、その中に光BBユニットレンタルも入っているのです。

【おうち割の3つのオプションはこちら】

  • 光BBユニットレンタル(毎月467円)
  • Wi-Fiマルチパック(毎月990円)
  • ホワイト光電話もしくは光電話(毎月467円から)

合計すると約2000円ほど毎月かかってしまうこの3つのオプションが、毎月500円で利用するとができます。

 

「なんだ結局500円はかかるのか・・・」と思った人に再び朗報です。

500円はオプション料金がかかりますが、おうち割はスマホ代金に割引されるのです。

お使いのスマホの契約容量によって割引額は変動しますが、だいたい500円から1000円とお考えいただければと思います。

ちなみに僕はワイモバイルのかなり少ない容量の契約なので、おうち割によるスマホの割引額は500円です。なのでプラスマイナスゼロといった感じです。

 

つまり、ソフトバンク光の請求は基本の月額料金に500円が乗った金額で請求されますが、その分スマホから割引されるので、1000円の割引の人は毎月500円得をすることになります。

 

Ipv6が利用できてWi-Fiルーターを自分で用意する手間もないので、普通に便利なオプションとなっているので、入っておいて損はないです。

というかソフトバンクがワイモバイルユーザーでソフトバンク光を使っていて入ってない人っているのかなというレベルです。

 

「家の電話なんて使わないから光電話なんていらないんだけど!」という声も聞こえてきそうですが、セット割の中に入っているので、仕方ありません。全部で500円なので特に損をしているわけではないのでご安心を。

僕自身も光電話の電話番号をもらっていますが、そのまま放置しています。

 

結論は

【Ipv6】をソフトバンク光で利用するには光BBユニットレンタルが必要。

光BBユニットレンタルは月額467円かかるけど、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーならおうち割(月額500円)が適用されるので、おうち割に加入すれば光BBユニットレンタルが付いてくるので問題ありません。

おうち割は月額500円だけど、スマホ代金に割引が入るということになります。

 

ソフトバンクユーザーでもワイモバイルユーザーでもない人がソフトバンク光で【Ipv6】を利用する場合は、光BBユニットレンタルのオプションをつけることになります。もちろんスマホ代金に割引が入ることもありません・・・。

おうち割が利用できない場合は、とりあえず自分で用意してIpv4で試してみるのもいいかもしれません。遅くて不便ならば途中で光BBユニットレンタルに切り替えるのもありです。

ソフトバンク光のIpv6の設定方法

ソフトバンク光を申し込み機材も届いて開通工事も終わり、さぁ【Ipv6】に設定しようとなるわけですが、

ソフトバンク光を申し込んでおうち割を申しみ、光BBユニットが自宅に届いた人は、

実はなにもしなくてもすでに【Ipv6】に設定されています。

 

ソフトバンクがすでにIpv6に接続される設定にしてくれているので、そのままで【Ipv6】を利用してインターネットを快適に楽しむことができてしまいます。

 

設定してくれているのは、手間がかからないので嬉しいですね。

実際に【Ipv6】で接続されているのか心配な場合は、ソフトバンク光を契約してから使うMy Softbankやソフトバンク公式ホームページの接続方法の確認から簡単に確認できるのでご安心ください。

僕はソフトバンク光を【Ipv4】で利用したことがなく【Ipv6】でしか利用したことがないので、比較した感想は書けませんが、【Ipv6】を利用していてストレスを感じることはなく、むしろ速いと感じているぐらいで、じゅうぶん満足した状態でソフトバンク光を利用しています。

 

ソフトバンク光を利用する場合は【Ipv6】で接続できる環境を整えられるおうち割が必須と言えるでしょう。

                                M&O

 

ソフトバンク光の契約で簡単な手続きで確実に高額キャッシュバックを受け取れる正規代理店に関する記事です。多くの代理店の中から厳選した2つの代理店ですので、どちらかお選びください。

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

 

ソフトバンクエアーを考えている人におすすめの記事はこちら

www.myprivatecomedy.net

 

auのスマホを使っているからauひかりが気になるという人におすすめ記事

www.myprivatecomedy.net

 

やっぱりポケットWi-Fiがいいという人におすすめの記事はこちら

www.myprivatecomedy.net