THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

映画『青い塩』ネタバレあらすじキャスト評価 ソンガンホ主演韓国映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『青い塩』ネタバレあらすじキャスト評価 ソンガンホ主演韓国映画【概要・キャスト】

おはようございます、M&Oです。

今回のM&Oの絶対おすすめ映画は『青い塩』です。

 

映画『青い塩』はソンガンホ主演、シンセギュン、チョンジョンミンら出演のサスペンスドラマです。

かなりレビューの評価が高い映画だったのですが、実際にかなりいい映画でした。

緊迫感と登場人物たちのドラマ、ソンガンホの時折見せるコミカルな演技、映画の終わり方も文句ない映画で、かなりおすすめの映画です。

それでは『青い塩』の映画紹介です。

 

映画『青い塩』は2012年に公開された韓国映画です。

上映時間は122分。

監督はイヒョンスン監督『イルマーレ』以来の監督作品になります。

 

キャストは

ソンガンホ

シンセギュン

チョンジョンミン

イジョンヒョク

キムミンジュン

ユンヨジョン

キムレハ

オダルス

イソム

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20200714220258j:image

映画『青い塩』あらすじ・ネタバレ

元やくざのデゥホン(ソンガンホ)は現在は引退し、飲食店を出そうと料理の勉強をするために料理学校に通っています。

料理学校でたまたまペアになったのはセビン(シンセギュン)という若い女性でした。

セビンは料理の勉強には乗り気ではなさそうで無愛想でしたが、次第にデゥホンとセビンは会話をするようになり仲良くなっていきます。

セビンの作る料理はおいしく、ドゥホンはセビンの料理の腕前に驚いていました。

f:id:myprivatecomedy:20200714220309j:image

裏社会から完全に足を洗ったドゥホンでしたが、元々在籍していた組織の親分が亡くなったことをきっかけに裏社会に引き戻されそうになります。

亡くなった親分はベッドの上でドゥホンを呼ぶように部下たちに行っていて、遺された遺言状にもドゥホンの名前が書かれているのではと組織の人間たちは思っていました。

しかし、自ら裏社会から足を洗ったドゥホンがいい扱いを受けるのは部下たちにとって面白くないことでした。

 

セビンは裏の顔を持っていました。セビンは元々射的競技の有望株で、非公式ながらアジアで記録を持っているほどの実力者でした。

しかし現在は借金に理不尽な利息を付けられて、多額の債務者となっていました。

セビンは元やくざのドゥホンを見張る役割を組織から課せられていて、そのギャラを借金返済にあてていました。

この事実をドゥホンは知る由もありませんでした。

 

セビンは借金返済のために組織のクスリを盗み出しますが、バレてしまい命を取られそうになります。

しかしちょうどドゥホンを消す命令が上層部から組織に入り、ドゥホンと近い距離にあるセビンはドゥホンの命を取れば借金を帳消しにしてやると言われます。

この命令を断れば命はないと脅されたセビンには他に選択肢がありませんでした。

 

セビンはドゥホンに最後の別れを言いに来ますが、まさかセビンが自分の命を狙っているとは知らないドゥホンはセビンに親切で、セビンはどんどんつらくなっていきます。

 

ドゥホンの元にはかつての弟分や兄弟などが来て、ドゥホンの身を心配していました。

殺し屋まで雇ってドゥホンを消そうと組織。

セビンはドゥホンのことを撃てないまま時は流れます。

殺し屋がドゥホンの命を奪おうとしている時に、セビンはドゥホンの命は自分が取ると言ってドゥホンと対峙します。

セビンはドゥホンの胸を至近距離で撃ちました。

殺し屋はセビンがドゥホンを撃ったのを見届け、ドゥホンを消すミッションは終了したと思い込みました。

 

遠く離れた地で、海で漁をしていたドゥホンが浜辺に上がってきました。

組織時代の弟分とセビンたちがドゥホンを迎えます。

セビンのおかげでドゥホンは命を落としていませんでした。

現在はみんなで海辺のレストランを外国人相手に経営しています。

みんな笑顔で接客していて、幸せな空気がレストランには漂っていました。

映画『青い塩』感想・評価

映画『青い塩』はあまり知られていない韓国映画だと思います。

ソンガンホ好きの人はきっと知っていたと思いますが(笑)

率直な感想として、普通におもしろかったです。というか「いい映画見たなぁ!」と思わせてくれる映画でした。

特に僕はエンディングがとても好きでした。バッドエンドの映画も嫌いじゃないですが、幸せな様子で終わる映画って観終わった後にやっぱりいい気持になれます。

特にそのシーンまではまさに切ない展開だったので。

細かいことを言うと殺し屋がめちゃくちゃ甘いです(笑)

セビンがドゥホンを消すというのをよく信頼したなと思いました。

そしてなにか細工をしたんじゃないかと疑わないという展開にはちょっとビビりましたが、セビンを演じたシンセギュンが涙ながらにドゥホンを撃った銃を海に投げ捨てつ演技がとっても良かったので、殺し屋もこれなら信じても仕方ないかと納得はできました。

撃たれる直前にソンガンホの目にも涙が溜まっているのがたまらなくよかったです。しかも涙が流れるわけではない絶妙の量の涙で。さすが名優です。

ソンガンホはところでころでコミカルなお芝居も見せてくれていて、いい感じのアクセントを作り上げてくれていました。本当に偉大な俳優だと思いますし、とっても好きな俳優です。

映画『青い塩』は観てない人もきっと多いのではないでしょうか。

いい映画です。おすすめです。ぜひ。

映画『青い塩』

辛くて切ない、無償の愛。

青い塩(字幕版)

青い塩(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 

 

青い塩 [DVD]

青い塩 [DVD]

  • 発売日: 2012/09/04
  • メディア: DVD
 

 

ソンガンホ出演映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

 

【VOD無料お試し特集 試していないVODを無料で試そう】

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちらから

【U-NEXT】無料お試しはこちら

Hulu無料お試しはこちら

見放題ならdTV無料お試しはこちら

music.jp無料お試しはこちら!

FODプレミアム無料お試しはこちら

amazonプライムビデオ無料おためし

インディーズ映画専門DOKUSO映画館今すぐ31日間無料体験!