THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

ヒューマンアカデミー声優コースの評判は?学費や卒業後の所属先紹介

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ヒューマンアカデミー声優コースの評判は?学費や卒業後の所属紹介

こんにちは、M&Oです。

今回は『ヒューマンアカデミーの声優科』を詳しくご紹介していきます。

 

この記事を読んでくれているほとんどの人が「声優になりたい」「声優を目指している」と思いを持っていて、「声優になるにはどうしたらいいんだろう」と思われているのではないでしょうか。

声優を目指すうえで「ヒューマンアカデミー」で学ぶことのメリットやヒューマンアカデミーに通う事を考えている人が抱える疑問に今回はお答えしていきます。

f:id:myprivatecomedy:20200706130024j:image

 

※ヒューマンアカデミー全体の詳細を紹介した記事はこちらをご覧ください。

ヒューマンアカデミーで俳優・声優をスタート!評判は?コースや授業内容は? - THE ENTERTAINMENT DIARIES

ヒューマンアカデミー声優科の特徴と評判や口コミ

Q.「ヒューマンアカデミーって声優を目指す人にとってはメジャーな名前だけど、ヒューマンアカデミーの声優科の特徴ってどんなものがあるのかしら?」

 

ヒューマンアカデミー声優科の特徴

・未経験者でも最短1年で声優になれるカリキュラムを用意している

・声優事務所所属オーディションなど受けられるオーディションの数が圧倒的に多い

・東京だけでなく全国16か所で受講可能。しかも変わらない内容とクオリティを実現

・在学中から現場参加。タイアップがあるので在学中からアニメへの出演が可能

などが大きな特徴となっています。

 

東京だけでなく全国16か所でレッスンを受講できることや、オーディションの数の多さ、在学中から現場に参加して実践経験を積めることは特に大きなメリットですよね。

 

また実際に1年間で声優事務所に所属し活躍されている卒業生もいて、これはヒューマンアカデミーの授業内容のクオリティの高さを証明しています。

 

ヒューマンアカデミーでは大手事務所の俳協のレッスンカリキュラムを採用していることも、しっかりと実力を身に着ける大きな要因となっています。

 

Q.「ヒューマンアカデミーってそんな感じなのね!実際にヒューマンアカデミーに通った人の口コミとか評判を知りたいな」

 

口コミや評判は気になるところですよね。実際にヒューマンアカデミーに通った方々の口コミや評判は

 

「プロの声優になることが目的だったので、オーディションの多さに惹かれました。オーディションを受けられるのが選ばれた人だけでなく、希望すればオーディションを受けられるのもとてもよかったです」


「声優としてのスキルや知識はもちろん、必要なマナーや礼儀も学べます。だからと言って堅苦しいわけではなく、アットホームな雰囲気とユニークな講師の元で学ぶことができます」


「業界とのつながりが強いのでオーディションを筆頭にチャンスが多い、実際にタイアップしているアニメ作品に在学中から出演している人も本当にいました」


「週1のクラスは声優としてのスキルを身に着けるのはなかなか困難。でも実際に1年間の期間でその後活躍されている人もいるので、自分の頑張りしだいではあるかも」

などの口コミや評判が見受けれました。

 

ヒューマンアカデミーの大きなネットでの評判や口コミでネガティブなものあるのですが、実際に通っていない人がネガティブな口コミを寄せていて、実際に通った人はポジティブな口コミが多いんですよね。

 

また勧誘が多いなどのネット情報もありますが、確かに過去にそういったことはあったようですが、現在はそんなことはなくなっているそうです。

 

勧誘を行っていたときは生徒数が欲しかったのだと思われますが、現在は実績を積み上げることで自然と生徒も集まってきているので行う必要がなくなったのでしょう。

ヒューマンアカデミー特典付き声優資料無料請求はこちら

ヒューマンアカデミー声優科の学費 声優のスキルを学ぶのにかかる費用は?

Q.「ヒューマンアカデミーの資料を取り寄せてみようかしら。でもその前にやっぱり気になるのはかかる学費よね。費用はどれぐらいかかるのかが気になるわ」

 

学費・費用に関してはやはり気になるところですよね。

ヒューマンアカデミーは選択するコースや全日制や夜間受講などで学費、かかる費用が変わってくるので、詳細は無料なので資料請求をして確認をする必要があるのですが、

基本的な料金として

・全日制は150万円台

・夜間クラスは60万円台

ほどとなっています。

全日制は週に3日から5日がっつりとなり、夜間クラスは週1日からとなります。

高いと感じるか安いと感じるかは完全に個人の感じ方となるのでなんとも言えませんが、ヒューマンアカデミーで最大限に声優としての実力を身に着けてチャンスをしっかりつかむ人ほど、後々「決して高くなかったな」と感じるでしょう。

逆に在学中にサボればサボるほど高い授業料となるとも言えます。

 

費用に関しては資料をしっかりと見て検討したり、若い人は資料があった方がご両親にも相談しやすいのは間違いないので、無料の資料請求を活用してください。

特典としてオーディション必勝本がついてきます。完全無料なのでお気軽にこちらから。

ヒューマンアカデミー特典付き声優資料無料請求はこちら

ヒューマンアカデミー声優科の卒業後の事務所所属実績や卒業生は?

Q.「ヒューマンアカデミーの声優科についてだいぶわかってきたわ。最後に卒業後の所属先は実際どんな事務所があるのか、卒業生して活躍している声優は誰がいるのかを知りたいな」

 

ヒューマンアカデミー声優科の卒業後の所属先ですが、

f:id:myprivatecomedy:20200706130041j:image

 

かなり多いですね。ヒューマンアカデミーは有名声優を近年も輩出しているので、現在はもっと所属事務所が多くなっている可能性が高いです。

 

ヒューマンアカデミー声優科の卒業生は、一部のみのご紹介ですが

・俳協に所属されて活躍されている熊谷健太郎さん

・俳協に所属されて活躍されている村川梨衣さん

・81プロデュースに所属されて活躍されている小林大紀さん

・アトミックモンキーに所属されて活躍されている前川涼子さん

・青二プロダクションジュニアに所属されて活躍されている大和田仁美さん

ほかにも多数いらっしゃるのですが、他のみなさんは無料資料請求でもらえるパンフレットに記載されています。

ヒューマンアカデミー特典付き声優資料無料請求はこちら

 

ヒューマンアカデミー声優科について今回はご紹介させて頂きました。

確かな実績を持っているヒューマンアカデミーは声優への第一歩として検討する価値があります。

資料を取り寄せて他の声優養成所や声優専門学校と検討してみることをおすすめします。

無料の資料請求は現在「オーディション必勝本」がついてくる特典付きなのでかなりお得です。

下に俳優・女優・声優になりたい人向けの記事のリンクと、簡単に資料請求できるスクール、オーディションを無料で受けられる芸能事務所などのリンクを貼っておきますので、活用してください。

                                   M&O

 

声優を目指している人はこちらの記事もおすすめ。

インターナショナルメディア学院の評判や学費・オーディションを解説 - THE ENTERTAINMENT DIARIES

アミューズメントメディア総合学院の評判・学科・卒業後の実績・資料請求方法 - THE ENTERTAINMENT DIARIES

 

【俳優や声優にご興味がある人はこちらから養成所・専門学校無料資料請求が可能です。まずは資料請求からスタート!(完全無料です)】

ヒューマンアカデミー俳優声優資料無料請求はこちら

アミューズメントメディア総合学院 声優学科体験説明会申し込み・資料無料請求はこちら

必ずテレビアニメに出演できる唯一の声優養成所【インターナショナル・メディア学院】/簡単60秒無料資料請求はこちら

 

【オーディションはこちらから】
【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)

◆期間限定◆今ならオーディション書類選考を免除!【YStar Produce 新人発掘プロジェクト】

 

・俳優や声優に興味がある人におすすめ記事まとめ

インターナショナルメディア学院の評判や学費・オーディションを解説 - THE ENTERTAINMENT DIARIES

ヒューマンアカデミーで俳優・声優をスタート!評判は?コースや授業内容は? - THE ENTERTAINMENT DIARIES

テアトルアカデミーで俳優女優になるには 有名人や費用や評判は? - THE ENTERTAINMENT DIARIES

アミューズメントメディア総合学院の評判・学科・卒業後の実績・資料請求方法 - THE ENTERTAINMENT DIARIES

芸能事務所ワイスターの評判は?所属費用やオーディション情報を紹介 - THE ENTERTAINMENT DIARIES

 

声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント

声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント

  • 発売日: 2019/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)