THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

アミューズメントメディア総合学院アニメーション学科の評判や就職実績

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

アミューズメントメディア総合学院アニメーション学科の評判や就職実績

こんにちは、M&Oです。

今回はアミューズメントメディア総合学院の『アニメーション学科』の評判や就職実績、授業内容をご紹介します。

 

アミューズメントメディア総合学院は知名度も高く、アミューズメント関連を学ぶ学科を多く用意している専門学校です。

アミューズメントメディア総合学院は卒業生の活躍実績、企業への就職実績が特に優れている専門学校です。そしてそれだけの実績があるからにはもちろん理由があります。

 

実践を行いながら学んでいく非常にクオリティの高い授業内容から、確かな力を身に着けることが可能となり、いざ就職してから即戦力として働けるという強みを持っています。

そしてこの授業の体制が企業側からのアミューズメントメディア総合学院の信頼につながっています。「アミューズメントメディア総合学院の卒業生なら間違いないないだろう」という印象を持っている企業も非常に多いのです。

 

アミューズメントメディア総合学院の学科は

・ゲームプログラマー学科

・ゲームクリエイター学科

・ゲームアニメ3DCG学科

・アニメーション学科

・キャラクターデザイン学科

・マンガイラスト学科

・小説シナリオ学科

・声優学科

の8つの学科があります。

この中で今回は特に『アニメーション学科』への入学を検討している人に向けた記事となります。

ただ授業の内容はアミューズメントメディア総合学院のすべての学科に共通した現場で活かせる実践形式なので、ほかの学科に興味を持っている人も参考になるかと思います。

アミューズメントメディア総合学院の全体の評判や詳細についてはこちらをどうぞ。

 

それではさっそく『アミューズメントメディア総合学院のアニメーション学科』についてご紹介します。

公式ホームページ・無料資料請求はこちらからできます↓

アミューズメントメディア総合学院のアニメーション学科には希望の進路に合わせた2つのコース(専攻)がある

Q.『アニメーションに興味があるけど、アニメーション関連と言ってもいろんな仕事があるけど、授業もそれに応じた形になっているの?』

 

アミューズメントメディア総合学院のアニメーション学科は

・作画のプロとしてアニメ制作に関わりたい!という人向けの

 『アニメーター・監督専攻』

f:id:myprivatecomedy:20200629120342j:image

 

 

・制作管理や演出などアニメ制作のすべてを学びたい!といった人のための

 『制作・プロデューサー専攻』

f:id:myprivatecomedy:20200629120349j:image

 

の2つのコース(専攻)が用意されています。

 

しかしまだアニメーションに興味があるだけで具体的な進路は決めていないから選ぶの難しいという人も多いはず。もちろん専攻(コース)を途中で移ることは可能なのでご安心ください。やってみて「あっちの方が面白そう」と思えば専攻(コース)移ることが可能な体制が整っています。

 

『アニメーター・監督専攻』の卒業後の進路は

・アニメーター(動画・原画・作画監督・キャラクターデザイン)

・彩色

・デジタルペインター

・撮影

・背景美術など。

 

『制作・プロデューサー専攻』の卒業後の進路は

・制作進行

・制作デスク

・制作プロデューサー

・演出助手

・演出

・監督

・絵コンテ

・シナリオライター

・撮影

・撮影監督

などです。

 

具体的な卒業後の進路先を見るとワクワクしてきますね。

声優、ゲームアニメーション、3DCGになるなら【アミューズメントメディア総合学院】資料無料請求はこちら

アミューズメントメディア総合学院のアニメーション学科で学ぶメリットと授業の特徴

Q.『アニメーション関係を学べる場所は世の中に他にもあるけど、アミューズメントメディア総合学院だからこそのメリットってどんなことがあるの?』

 

アミューズメントメディア総合学院のアニメーション学科の強みは何と言っても

・実践を取り入れた授業を強化している点です。

 

通常講義とは別に『プロと同じ手法でアニメを実際に制作する共同制作』が用意されていて、1年生の6月より制作をスタートして卒業までに4本の作品を完成させます。

プロの現場で行っていることを実践しながらアニメを学ぶことができる仕組みになっています。

さらに大きなメリットとして、就職活動の際に制作した作品をポートフォリオとして活用できることも大きなメリットです。つまり『在学中にこの作品を制作しました!』と胸を張ることができます。

 

さらにアミューズメントメディア総合学院アニメーション学科の大きな強みは

講師がプロの現場で活躍している人たち、プロのアニメーターや演出家が常駐している点です。

制作に関することや技術面などすべての面で有意義なアドバイスを受けることが可能になります。

 

そしてやはり将来的にアニメーションの現場に出てプロとして活躍することが目標なので、気になるのは就職に関するメリットです。こちらに関しても

これまでの実績と歴史によるアニメーション業界とのネットワークがあり、一般には出回っていない求人情報や就職情報を紹介することが可能となっていて、さらに専任のキャリアセンタースタッフも常駐していることで一人一人に合った進路のアドバイスが可能となり、高い就職率と低い離職率を誇っています。

 

将来的のことを考えるとアミューズメントメディア総合学院アニメーション学科には大きなメリットがあると言えるでしょう。

アニメーションなら【アミューズメントメディア総合学院】資料無料請求はこちら

アミューズメントメディア総合学院アニメーション学科の評判と卒業生の就職実績

Q.『アミューズメントメディア総合学院アニメーション学科、なかなか良さそうな感じがするわ。でも評判とか実際にどんな企業に就職しているかがやっぱり気になるかな。』

 

アミューズメントメディア総合学院アニメーション学科の評判についてですが、これはアニメーション学科に限ったことではないのですが、「なかなか厳しい」という評判がネット上にはあります。

これに関しては、実践的な授業を行いながら知識やスキルを身に着けて、就職してプロの現場に出た時に即戦力として活躍できるレベルを目指すので、厳しく感じる人が出るのも当然かなと思います。

しかし卒業生の声としては「プロの現場に出ても最初からテンパることはなかった」という声も多く、学んでいる間に頑張った分はあとあと必ず生きてきます。

就職してプロの現場に出た時に、実践経験をしていることで就職先でも早い段階でプラスアルファのことを身に着けられることにもなります。

のらりくらりと学んでいるよりも厳しい場に身を置いて頑張ってしまった方が後の人生にとっていいことは言うまでもありません。

ただこの厳しいという意見も感じ方は人それぞれなので、特に厳しく感じないし充実していると感じるだけという人も多いでしょう。

 

アミューズメントメディア総合学院アニメーション学科の卒業後の就職先

卒業後の就職先は

f:id:myprivatecomedy:20200629125652j:image

f:id:myprivatecomedy:20200629125702j:image

 

などがあります。すごい量ですね・・・・。

しっかりとした体制が整っていて充実した授業内容の結果、これだけの企業への就職が可能になっているのでしょう。

 

アミューズメントメディア総合学院アニメーション学科はアニメーション業界で将来働きたい!という人には、まずは間違いなく候補に入れていただきたい進路先です。

もちろん他の学べる場所と検討してみてということになると思います。

資料請求は完全無料となっていますので、まずは資料請求してより詳しい情報をもとに検討してみてはいかがでしょうか。資料にしか載っていない情報もあるので。

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院2分で簡単申し込みの資料無料請求はこちら

 

・アミューズメントメディア総合学院の全体の情報はこちら

アミューズメントメディア総合学院声優学科の情報はこちら

                            M&O

 

【俳優や声優にご興味がある人はこちらから養成所・専門学校無料資料請求が可能です。まずは資料請求がおすすめ(完全無料です)】

ヒューマンアカデミー俳優声優資料無料請求はこちら

 

アミューズメントメディア総合学院 声優学科体験説明会申し込み・資料無料請求はこちら

 

必ずテレビアニメに出演できる唯一の声優養成所【インターナショナル・メディア学院】/簡単60秒無料資料請求はこちら