THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』ネタバレあらすじキャスト評価

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』ネタバレあらすじキャスト評価【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回の映画紹介は『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』です。

 

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は阿部サダヲさんと吉岡里帆さん主演の映画です。

阿部サダヲさん演じる声帯ドーピングによって驚異的な声を手に入れている人気ロックバンドのボーカル・シンと、吉岡里帆さん演じるストリートミュージシャンとしていい曲は歌うものの声が小さすぎるシンガーソングライター・ふうかと、その2人を取り巻く人たちが展開する物語となっています。

それでは『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の映画紹介です。

 

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は2018年に公開された日本映画です。

上映時間は107分。

監督は三木聡監督『図鑑に載ってない虫』『インスタント沼』『俺俺』などを監督しています。テレビドラマの『時効警察』も人気の監督です。作風としてはかなり好き嫌いが分かれる監督です。

 

キャストは

シン・・・阿部サダヲ

明日葉ふうか・・・吉岡里帆

女医・・・麻生久美子

自滅・・・小峠英二(バイきんぐ)

伊能聖子・・・片山友希

木之本・・・中村優子

シンの母・・・池津祥子

よろこび蕎麦の主人・・・森下能幸

無料レコード社長・・・岩松了

デビルおばさん・・・ふせえり

社長・・・田中哲司

ザッパおじさん・・・松尾スズキ

ぎょうにんべん・・・村上航

坂口・・・千葉雄大

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20200603154836j:image

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』あらすじ・ネタバレ

熱狂する観客で埋め尽くされたライブハウス。

観客が待ちわびているのはカリスマ的な人気を誇るロックシンガーのシン(阿部サダオ)です。驚異の歌声を持つと言われているシンの歌声に観客は熱狂しています。

ライブハウスの楽屋ではシンが何かの薬を喉に注入しています。シンを担当しているレコード会社の坂口(千葉雄大)もこの様子を見守っています。

シンは喉にドーピングを施していたのです。

ライブがスタートし観客は叫びシンは驚異的な歌声で歌いあげます。

シンは暴力事件を起こして謹慎していたのですが、その事件が不起訴となり復活ライブとなっていました。観客は待ちわびたシンのボーカルに大いに盛り上がっています。

しかし突然シンの口から大量の鮮血が噴き出し、観客の顔を真っ赤に染めます。

しかし観客たちがそれはシンのパフォーマンスの1つだと思っています。

シンはこの復活ライブの前に所属事務所の社長(田中哲司)からライブ出演を見送るように言われていました。シンの喉は度重なるドーピングの影響で限界を超えてボロボロになっていたのです。

制止を振り切って復活ライブのステージに立ったシンでしたが、シンの喉はやはり途中で悲鳴をあげてしまったのでした。

 

路上でシンガーソングライターの明日葉ふうか(吉岡里帆)がバンドを引き連れて歌っています。MCを終えて歌い出すふうか。ギャラリーはそれなりに集まっています。しかしふうかの歌声はめちゃくちゃ小さくギャラリーからは苦笑いが起こり、「声聞こえないよ!」というヤジもとんできてしまいます。

f:id:myprivatecomedy:20200603154852j:image

ふうかは歌声の小ささが原因でバンドメンバーから見放されてしまいます。ふうかに音楽の才能がないというわけではなく、歌声の小ささが問題となっていました。

シンはライブハウスを抜け出してピザの配達員のバイクを奪って逃走をします。

そこへすき家で食事を終えたふうかがたまたま居合わせ、バイクで派手に転倒したシンに駆け寄ります。水道管が破裂したのかあたりは水浸しで、シンのライブ用メイクはこれにより落ちてすっぴんの顔になっています。

ふうかはシンを病院に連れていき、一風変わった女医(麻生久美子)がシンの治療にあたりました。

ふうかは寝泊まりしている部屋の1階にあるアイスクリーム屋のザッパおじさん(松尾スズキ)とデビルおばさん(ふせえり)と翌朝、起きてから話をします。

バンドメンバーはいなくなってしまったことを嘆きますが、デビルおばさんは厳しく、やさしい言葉をかけるどころか甘えるんじゃない!と一喝します。

音楽を続けていく情熱を失いかけながら、ふうかはシンのお見舞いに女医の元を訪ねました。

病院に行くとシンが勝手に病院を抜け出してしまったことを聞きます。

ふうかは1人で路上ライブで歌っています。

ギャラリーがいなくなっていく中で、1人残っていたのはシンでした。ふうかは驚いて女医さんが心配していたとシンに話します。シンはそれには答えずに「もう終わりなの?」と訊きます。ふうかは「あと1曲」と言って気を取りなおして歌い始めます。

シンは真面目にふうかの歌を聴こうとしますが、ちかくでパンクバンドが路上ライブを大音量でやっていてふうかの声がまったく聴こえません。

うるせーなぁ!と怒ったシンはパンクバンドの元へと文句を言いに行ってしまいます。ふうかは慌ててあとを追います。

パンクバンド自滅のボーカル(小峠英二)にシンが文句を言うと、緊迫した空気が流れます。自滅は音がうるさかろうと俺たちはルールなんて全部無視だから関係ない、決めごとが大嫌いだからな!とシンにキレます。

f:id:myprivatecomedy:20200603154907j:image

これに対しシンは「決めごとは嫌いだ?だったらなんでお前らライブの曲順決めてやがんだよ!」とキレます。

これを言われた自滅と自滅のファンたちはなにも言えなくなってしまいます。

しかし暴走した自滅ファンとシンがいざこざを起こし自滅にも危害を加えてしまったため、シンは駆け付けたふうかを連れて一緒に逃げます。

逃げている最中にふうかから職業を聞かれたシンはプロデューサーだと嘘をつきました。ふうかはシンのすっぴんしか見ていないので有名ロックシンガーだと気が付いていないのです。

ふうかはプロデューサーから見た自分の歌の評価を尋ねます。

シンは「まったく心に刺さらない。音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」とふうかに告げました。

ふうかはこの意見を受け入れずに自分のやり方で伝えたいことを伝えたいと話しますが、シンはそんなふうかに「やらない理由を見つけてるだけだ」と告げて自分を変えるように迫ります。

揉み合いになっている時にふうかのギターが通りに飛んでしまい、車に轢かれて粉々になってしまいました。ふうかは母親からもらったギターだと声を荒げますが、声が小さくてシンには聞き取れません。しかし必死で訴えるふうかを見ていて、シンは確かにふうかの思いを感じたのでした。

翌日、ふうかが部屋で寝ていると突然窓ガラスが割れてギターが投げ込まれてきます。

シンがお詫びに新しいギターをプレゼントしにやってきたのでした。

窓ガラスを割ったことでデビルおばさんは怒り弁償しろとまくし立てるのでシンは大金を手にして弁償すると言いますが、デビルおばさんはその大金をすべて奪ってしまいました。

シンはふうかを変えるために歌のオーディションに無理やり連れていきます。しかしオーディションは低レベルな意味の分からないオーディションで、ふうかは出場者を見ていて「ああはなりたくない」と言います。シンはそんなふうかに物足りなさを感じていました。

オーディションにふうかを連れて言っている様子を偶然レコード会社の坂口にシンは目撃されてしまいます。さらにシンはいきなり声が全くでなくなってしまいます。

ふうかはシンが喉にドーピングをしていることを知り、女医はそのドーピングは旧ソ連のもので非常に強い副作用があって危険なものだとふうかに伝えました。

何者かのリークによりシンが口パクだという疑惑が世間をにぎわせます。

シンは坂口にこの件を怒りますが、坂口はラストライブとしてドームツアーを開催する計画を話しました。社長はシンが去ると坂口にシンには心の病気を持った妹がいる話をしました。

実は口パク疑惑を流したのは坂口でした。坂口は自分には破壊衝動があると怪しげな表情でベッドを共にしている女性に話していました。

シンはニューアルバムのレコーディングに臨みます。

しかし今度はシンの声帯ドーピング疑惑が流れ世間は騒然とします。

この情報をリークしたのは社長でした。シンのドームツアーのチケットは「それでもシンの歌っている姿を見たい」という思いと共に高騰を続けていきました。

一方ふうかはこれまで以上に音楽に情熱を傾けて路上ライブを行っていました。

ドームツアーのポスターは初めてシンのすっぴんの顔が映っているものでした。このポスターを見たふうかは初めてシンがあのシンであることを知り驚愕しました。

しかしその後のさいたまスーパーアリーナで行われるライブで、観客が入っている状態の中シンは姿を現さずにライブをドタキャンしてしまいます。被害額は数十億円にのぼるとまでテレビで報道されていました。

ふうかとデビルおばさんとザッパおじさんがテレビでそのニュースを見ていると、普通にシンが現れます。シンはふうかが自分の正体に気が付いたことを知ります。

坂口らがシンの行方を追っていてやってきます。シンとふうかは逃走を開始します。

損害を出してしまった社長は、債権者にシンを必ず見つけ出すと約束をしていました。

シンはロックハンドとは違った歌い方で、これが自分の素の声だと言って、ふうかの前で「アベノマリア」を歌いました。

シンは母親から虐待を受けていました。シンは子供の時にあるロックバンドと出会い歌う楽しさを知ったこと、母親が男に刺された現場を目撃してしまい声が出なくなった妹居の存在などを話しました。

ふいかも自分のことを話します。ふうかは過去にいじめを受けていて、そのせいで大きい声を出せなくなっていました。

ふうかはシンに声帯手術を受けさせるために韓国の釜山へと連れていきます。

釜山の花火工場はかつてふうかの父親が技術者として赴いて多大な貢献をしていたのでふうかはそこでお姫様のような扱いを受けます。

シンとふうかはその花火工場で匿ってもらう事にします。

しかしデビルおばさんとザッパおじさんはこの花火工場のことを知っていて、シンの行方を追っている社長に脅されて話してしまいます。

釜山の花火工場に社長の追手である見るからに悪そうな集団がやってきてしまいます。

翌日に手術を控えていたシンはふうかとギターを持って歌っていました。

しかしそこに追手たちが現れて工場を荒らしながら2人を探し始めます。

シンは倉庫の花火を使って男たちに攻撃をしかけ、ふうかとシンはバイクに乗って逃走しますが、駆け付けた警察によってシンが捕まってしまいます。

f:id:myprivatecomedy:20200603154947j:image

連行されるシンと熱い口づけ交わすシンとふうか。ふうかはパトカーに向かってシンの名前を絶叫しました。

その後ふうかはミュージシャンとして成功を収めていました。ふうかの担当は坂口が担当しています。シンは釜山の刑務所に服役していました。

ふうかは韓国ツアーを行いたいと申し出ますが、課題が山積みで困難でした。ふうかのシンに歌声を聴かせたい思いを汲んだ坂口はふうかに釜山に近い対馬でライブをやれば声が聞こえるかもと提案します。

ふうかはこの提案を真に受けて対馬でのライブが開催されます。

シンは刑務所でまったく喋らない日本人として存在していました。

風が強く吹く日、何かを感じ取ったシンは刑務所の広場を看守の制止を振り切って走り回ります。そして広場の台に立ち耳を澄ませます。制止を振り切って勝手な行動をするシンには警備の銃口が向けられていました。

ライブがはじまりふうかが絶叫しながら歌いあげます。

制止の声を聞きながらシンは「静かにしろ」と言葉を発します。

歌い続けるふうか。シンに向けられていた銃から弾丸が発射しました。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』感想・評価

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』ですが、この映画はかなり好みが分かれると映画です。

個人的には面白い部分も見つけられた映画、といった感想です。

キャストがなかなかに豪華で芸達者な人が多かっただけに「もったいない」という感想も正直あります。

テンポがめちゃくちゃ悪いんですよね。全体的にテンポがよければかかなり違った印象になっていたはずなのにもったいないです。三木聡監督の作品は元々独特という印象なので驚きもそこまでなかったし、このテンポにしたのも三木聡監督として計算通りなのでしょう。ただ間延び感はかなり感じました。

阿部サダヲさんをはじめとして田中哲司さん、松尾スズキさんなどを起用しているのに間に違和感を感じるというのは監督の責任もあるかと。最初吉岡里帆さんが原因なのかなと一瞬思ったのですが、全然そんなことなかったです。吉岡里帆さん疑ってごめんなさい。

Amazonプライムビデオでパソコンで鑑賞したのですが、全体的に音量がどうしても小さかったです。これはシンの歌声やラストのふうかの歌声を際立たせるためなのかなと思っていたのですが、全然そんなことなくシンの歌声もふうかの歌声もいきなりボリュームが上がるなんて演出もなくただ全体的に音が小さかったです。

一番面白かったのはパンクバンド自滅の小峠さんでした。モヒカンのボリュームが半端じゃない(笑)本当にブランキージェットシティとか好きな人だからこの仕事嬉しかったんじゃないかなと思いながら観てしまいした。

阿部サダヲさんの役者としての魅力や吉岡里帆さんの可愛さにかなり助けられている映画です。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』はたしかかなり大々的に映画館で公開していたイメージですが、単館系の扱いの方が逆に受け入れられやすかったのではないでしょうか。三木聡監督の作品は万人受けは難しいでしょうし。好きな人は好きは作風ですが。

 

ただ楽しめるシーンはあるし、ハマる人はハマる世界観なので、ぜひ一度は鑑賞してみて頂きたいです。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

この声に、世界がヤラれるっ!!

 

三木聡監督映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                             M&O

【VOD無料お試し特集 試していない動画配信サービスを無料で試そう】

東京電力のガスの契約で、Amazonプライムが永年無料でご利用可能!

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちらから

【U-NEXT】無料お試しはこちら

Hulu無料お試しはこちら

見放題ならdTV無料お試しはこちら

music.jp無料お試しはこちら!

FODプレミアム無料お試しはこちら

amazonプライムビデオ無料おためし

インディーズ映画専門DOKUSO映画館今すぐ31日間無料体験!