THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。元俳優が映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

プレゼントは正直Amazonギフト券が一番うれしいし活用できる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

プレゼントは正直Amazonギフト券が一番うれしいし活用できる

こんにちは、M&Oです。

今回はプレゼントは正直Amazonギフト券が一番うれしいし間違いないんじゃないかということについて書いていきます。

 

プレゼントをもらう機会、そしてあげる機会は個人差こそありますがほとんどの人にあることでしょう。

誕生日や入学や卒業、入社や退社、何かに合格した時、何かの記念日やバレンタインやホワイトデー、そしてもちろんクリスマスなど挙げたらキリがないほどにプレゼントをあげたりもらったりする機会が世の中に溢れています。

経済的にもいいでしょうしプレゼントをもらう人も嫌な気持ちどころか嬉しい気持ちになるし、プレゼントをあげる側も心がこもっている場合は「何をプレゼントしたら喜んでくれるかなぁ」などと考えるのは精神的にもポジティブな作用をもたらすでしょう。

しかし必ずしも『プレゼントをもらう』『プレゼントをあげる』行為がポジティブとは限らないんですよね。本来であればポジティブでしかない『プレゼントをあげる』『プレゼントをもらう』行為が残念なことにストレスになってしまっているケースも少なくありません。

そんなストレスの解消方法にベストなのがAmazonギフト券なのです。

それではプレゼントをあげる側・もらう側のAmazonギフト券プレゼントのメリットです。

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: Ecard Gift Certificate
 

Amazonギフト券をプレゼントすることで自分の時間も無駄にすることなく相手に選択肢も与えられる

誰かにプレゼントをあげる時、ほとんどの場合『さて何をプレゼントしようか』というところからスタートしますよね。『あの人はこういう趣味があったはずだから』『たしかこれが好きだったよな、でもすでに持っているかもしれないな』『他の人と被りそうだなこれ』など、様々な事が頭をよぎってなかなか決められない人も多いでしょう。

関係性にもよりますが、そこまで自分の時間を割いてまで悩むほどの関係でもないことがあるのではないでしょうか。

逆に近い人ほどその時に何をあげたら喜んでくれるかをわかっていることが多いので、時間をかけて『どうしよう、何をプレゼントしよう』となる相手ほど、本来は自分の時間を使うのがもったいないケースが多かったりします。

もちろんプレゼントは何をもらっても嫌な気持ちはしないし素直に『ありがとうございます』と感謝の気持ちがさすがに僕も浮かびますが、時間を割いて選んでもらって頂いたプレゼントが『これ持ってる・・・』『まいったな、これはちょっと使う事ないぞ』なんてこともなきにしもあらずなのです。

そして日本人は(世界の外国の人も同じかもしれませんが)、表向きは「ありがとうございます!」だったりもっとすごい人は「これ欲しかったんだ」などと思ってもいないことを言ってしまうのです。せっかくプレゼントをわざわざしてくれている人に対してこういったことを言うのは正解だとは思いますが、できれば心から言えた方がいいに決まっています。プレゼントしている側も心からそう言ってもらえた方が言うまでもなく嬉しいはずです。

しかしそんなプレゼントを常に選ぶのは非常に難しい。そこでAmazonギフト券の出番なのです。メールやLINEで手軽に送ることができる気軽さもあり、会って直接渡さなくてもプレゼントできるメリットもあります。商品券タイプもあるので直接渡したい場合はもちろんそれも可能です。

Amazonギフト券をプレゼントすることによって、「何をプレゼントしようか」と悩む時間を省くことができます。同時に「これはすでに持っているかな」「誰かと被るかな」といった心配も皆無です。

Amazonギフト券をもらった人は使うタイミングも含めて様々な使い方が与えられる

そしてさらに大きなメリットとして、もしも相手の欲しいものがわかっていた場合、しかし関係性的にそこまで高額のものをプレゼントするのはちょっと・・・と言った時に、Amazonギフト券をプレゼントすることによって、プレゼントされた側は「そのAmazonギフト券を足して自分で買い物」ができるのです。例えば2万円のものが欲しかった時に1万円分のAmazonギフト券をプレゼントされていれば、自分で半額の1万円を出せば心から欲しかったものを購入することができるのです。

日用品などもAmazonギフト券で購入できるわけですから、本当に必要なものをプレゼントで購入できるのは本当に大きなメリットです。

毎月ミネラルウォーターを箱買いしている人は、プレゼントでもらったAmazonギフト券を使って何か月か必要としているミネラルウォーターをプレゼントしてもらっていることに結果的になるのです。個人的にはかなり嬉しいです。すぐに使う必要もないですからね。

もしかしたらAmazonを使う習慣がないという人もいるかもしれませんが、プレゼントされたことをきっかけに試しにAmazonを使ってみるのもいいじゃないですか。そこからハマるかもしれません。

それはちょっと心がこもっていないんじゃないかという意見もあるかもしれません。確かに相手のために自分の時間を割いてプレゼントを選んだり、相手の本当に喜ぶものをプレゼントできればそれはそれで幸せでしょう。

Amazonギフト券をプレゼントすることは確かにそういった労力を必要としないので楽かもしれません。ただAmazonギフト券も十分に「相手のことを思ってのプレゼント」です。確実に有効活用できるし、相手に選択肢を与えられますし。

そういえば子供の頃は大人からもらうプレゼントで図書券が多かったけれど、あれも選択肢をこちらに与えてくれていたわけですね。本という縛りはあるものの好きな本を選べるわけで。Amazonギフト券は図書券や商品券のまさに進化版といったところでしょうか。

Amazonギフト券のプレゼントは確実にロマンチックではないと思われるでしょうけど(笑)僕は実用的な方が嬉しいのでロマンは求めません(笑)

あ、結婚式お返しのようなやつもカタログから選ぶとかがありますけど、あれなんかもまさにAmazonギフト券でいいと思います。

                            M&O

Amazonギフト券 グリーティングカードタイプ - 20,000円 (Amazon Kindle)

Amazonギフト券 グリーティングカードタイプ - 20,000円 (Amazon Kindle)

  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: Paper Gift Certificate
 
Amazonギフト券(商品券タイプ) - ブルー(金額自由設定)

Amazonギフト券(商品券タイプ) - ブルー(金額自由設定)

  • 発売日: 2018/10/01
  • メディア: Paper Gift Certificate