THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

オーディションの書類審査(一次選考)に受かるコツとやるべきこと

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

オーディションの書類審査(一次選考)に受かるコツとやるべきこと

こんにちは、M&Oです。

今回はオーディションについて書かせて頂きます。

 

俳優や女優、声優などエンターテインメントの世界で表現することを目指す人にとって避けては通れないのがオーディションです。

芸能事務所に所属するためにオーディションを受けている人もいれば、すでに事務所などに所属していてCMや映画、舞台、ミュージカル、ドラマなどのオーディションを受けている人もいるでしょう。

今回は基本的には何か作品に出演するためのオーディションについてということになりますが、芸能事務所にこれから所属して活動をスタートしようという人にとっても言えることになります。

芸能事務所に所属すると宣材写真を撮ってプロフィールを作成し、事務所がプロフィールをバラまいてそこから様々なオーディションを受けて仕事を取っていくというのが王道となっています。

書類審査を通ることがまず第一関門になるのですが、この時点で『全然通らない』と悩む人もいらっしゃるでしょう。書類審査にあまりにも受からないということであれば、そのままにして時間が過ぎるのはもったいなさ過ぎます。

あまりにも書類審査が通らないのであれば、それはプロフィールに問題があります。写真が良くない可能性も高いですし、担当しているマネージャーがあなたに合っていないオーディションにプロフィールを出しまくっているかもしれません。

宣材写真に関してははっきり言ってケチってはだめです。芸歴などがない場合は特にです。「あ~あれに出演してた子ね」と審査側が思うような芸歴が最初はないのが当たり前ですが、そうなると単純に考えて審査する人は写真で判断するしかありません。特技がその作品とばっちりハマっていればそれを理由にオーディションに呼ばれることもありかすが、だとしても写真でどんな人間かをアピールできていた方が絶対いいです。

特技などが特に必要とされないオーディションもたくさんあります。そうなると写真しか判断材料がありません。書類審査を通らないと何も始まりません。

あまりにも書類審査で落とされるという人は、少しでもオーディションに行ける可能性を上げる努力は絶対に必要です。定期的に所属事務者が費用を持ってくれて宣材写真を撮影する場合が多いですが、もっとマメに自腹で宣材写真を撮るぐらいの努力は必要です。

100パーセント書類選考に受かるというのは不可能ですが、少しでもチャンスを増やす努力は絶対に必要です。

担当マネージャーとコミュニケーションと取ることもオーディションに受かるためには必要

プロフィールを出してくれているマネージャーとの話し合いも大切です。話し合いと言ってもそんなにかしこまった話し合いの必要もありません。

事務所に顔を出して世間話をしたり、可能であれば食事などにも行きましょう。ゴマをするとかそういった意味ではありません。マネージャーとコミュニケーションを取ることはマネージャーにとっても親切な行為なのです。

「こういう面もあるのか」「意外とこういう役もいけるかな」などなど、コミュニケーションを取ることによって新しい面を知ってもらえて、より自分にあったオーディションにプロフィールを出してもらえる可能性も高まります。

まったく書類審査に通らないという事であれば、宣材写真であったり出しているジャンルであったり、もしかしたら自分とはかけ離れたところで勝負しようとしてしまっているかもしれません。

誰がどう見てもイケメンの役者が、かなりの三枚目のオーディションに応募しまくっていても受かる確率はかなり少ないでしょう。

言うまでもないですが、逆ももちろんで三枚目の人がイケメンを求めているオーディションに応募しても受かる確率はほぼないでしょう。

何かの間違いで全然自分に合っていないオーディションの書類審査に受かってしまうこともあるのですが、そういった場合はオーディション会場に入った瞬間に来ている面々を見て「あ、絶対受からない(笑)」となります。「なんで呼ばれたんだろう。帰りたいな」と思うぐらいのことがあったりもするのですが、こういうケースはとても稀です。

自分がどんなイメージだと一番活かされるのかは第三者に判断してもらった方がいい

基本的に見た目的なことの話になりますが、内面的な部分も入ってくる話です。

あなたが今している髪型、着ている服装は自分で選んで着ているものですか?

そうであればあなたに合っているベストな髪形や服装ではない可能性が大いにあります。

自分にどんな髪型や服装が合うかというのは、自分でわかるのはかなり難しいことなのです。自分自身の好きなものやいいなと思ったものを取り入れている人はきっと多いとでしょう。好きな俳優に影響されていたりアーティストやモデルなどの真似を取り入れている人も多いのではないでしょうか。

自分の好きになったものはあなたの感性によるものなので、それはもちろん大切にした方がいいです。しかしそれが自分に合っているかは全然違う問題です。

特に何かを表現する時にあなたを活かしているイメージに合っているかというのが大きな問題になります。売れてしまえばあなた自身にオファーが来るので自分の好きな髪形やファッションをしてもいいでしょう。しかし最初は役に合っているかの方がどうしても大切になるのです。

極端な例ですが、優しいソフトな顔立ちの人がオールバックが好きだからと言ってオールバックで宣材写真を撮っていたら損をするだけです。優しい顔をしているならオールバックでライダースを着ているよりも、前髪をおろしてシャツなどを着ていた方がオーディションの書類審査には通りやすいでしょう。

極端な例だったので微妙かもしれませんが、もっと繊細な部分で自分を活かすには何がベストかを追求することが必要です。

そういった場合は第三者の目がとても大切になります。

担当のマネージャーさんが言ってくれる場合もあるでしょう。ここでマネージャーさんがセンスのある人ならいいのですが、時代錯誤しているようなマネージャーだとあまり参考になりません。これは運もありますね。新人の時に「マネージャーを変えてくれ」とはなかなか言えないでしょうし。

もう一つは美容師の人に訊いてみるのがおすすめです。少し値段が高くてもちょっといい美容院に行って、男性なら女性の美容師に、女性なら男性の美容師にお任せでカットしてもらったり、「一番似合うと思う髪型にしてほしい」とオーダーするのがかなりおすすめです。

異性の美容師の方が異性から見て魅力的な髪形にしてもらえるというのが有名です。これは是非一度試してほしいです。

一流の俳優である唐沢寿明さんは、若い頃にまったくオーディションに受からずに苦労されている人なのですが、当時革ジャンを着てといったやんちゃなファッションをしていたところ、あなたのイメージ合っていないとアドバイスを受け、「髪型をソフトにして白いポロシャツを着るように」と言われたそうです。

鏡に映った自分を見て恥ずかしくなったそうですが、それから俳優の仕事はどんどん上り調子になっていきます。

こちらの本に書かれているのでご興味ある方は是非。タイトルとは裏腹に俳優を目指す人は読んだ方がいい本です。

ふたり

ふたり

  • 作者:唐沢寿明
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: Kindle版
 

 

こういったことがあるので、自分のイメージは自分ではわからないことが多いのです。中にはセルフプロデュースに長けている人もいるのですが、オーディションの書類審査になかなか受からないということであれば、第三者に自分はどんなイメージが一番合うかを聞いていった方がいいでしょう。それが無駄になることは絶対にないので。

書類審査に受からずにオーディションに行けないまま時間だけが過ぎていくというのはできる限り避けなくてはいけません。オーディションに行けるようになったら今度はまたそこで勝ち抜かなくてはいけないわけなので。できるだけたくさんのオーディションに呼ばれて慣れることも大切です。

可能性を高めるためにできることはたくさんあります。なんでもやってみて違ったら軌道修正すればいいのです。

                               M&O