THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

Jリーグの『投げ銭』制度導入はいいアイディア 視聴者もより楽しめる形

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

Jリーグの『投げ銭』制度導入はいいアイディア 視聴者もより楽しめる形

こんにちは、M&Oです。

今回はJリーグで導入されようとしている『投げ銭』について書いていきます。

 

コロナウイルスの影響でサッカーチームにも多大な影響が出ています。

スポンサー離れなどもこれからもっと深刻になっていくことは避けられないのではないでしょうか。試合が行われても無観客などの形をとる可能性が高いので、チケット売り上げのない状況ではチームが選手に年俸を払い続けることも困難になっていくでしょう。

特にどこかのチームのサポーターの方々などは、自分の応援しているチームの今後の生末にかなりの不安を感じています。

『なにかできることはないだろうか』と思われている方々も多いでしょう。

そんな中『Jリーグに投げ銭』というネットニュースを見かけて、即座に「えっ!?すごいいいじゃん!」と反応してしまいました。

『投げ銭』は僕のイメージでは配信を行っている人に対して、応援であったり「いいぞ!」みたいな意味を込めてその名の通り『お金を投げる』行為で、もちろんネットの世界なので『投げ銭』と言っても実際にお金を投げるわけにはいかないので、クレジットカードやポイントなどで投げ銭を行うというのが一般的な方法です。Jリーグもこの形で行う予定のようですね。(口座引き落としじゃ大変そうだからそりゃそうか。)

Amazonギフト券みたいなのでも可能だったらさらに幅も広がりそう。

『投げ銭』という言葉は違えどツイキャスやYouTubeライブなどで盛んに行われていて、「お茶爆」「スパチャ」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この『投げ銭』がJリーグで行われるようになったら、個人的にはかなりいいこと尽くしなのではないかと思っていて、何より試合を観戦している人たちがより楽しめる状況になると思います。

ちょっと想像してみただけでもかなり面白そうですし、「やってみたいな、早く始まらないかな」という気持ちにすらなっています。

どういう形で行われるのかはまだ未知だし、試合を観ている画面に現在のトータルの金額などが表示されるのか、チームごとに投げ銭ができるのかなど気になる点は多々あるのですが、最初からベストな形というのはきっと不可能なので、はじめてみてそこから観客の声を聞きつつ修正していく形で十分でしょう。

何より『投げ銭』をJリーグで行うことを考えて決断したことがすごいです。少し高齢の人たちもいるサッカー協会などの組織の柔軟さが素晴らしいです。

『投げ銭できるなら見てみようかな』や『投げ銭の状況を見ているのも面白い』と言った人たちもいるでしょうし、これまで試合観戦をしていなかった人たちを巻き込める可能性もかなり高いのでないでしょうか。

スマホが普及しているのも大きいですよね。電車で移動中とか待ち時間に試合を観ながら投げ銭してなんて人も出てくるでしょう。

そして鹿島アントラーズがすでに実施したようですが、試合を観ながら選手たちがコメントをしたりして盛り上がったようです。これもすごい面白いですよね。

継続して行っても全然需要あると思うし、クラブもトークライブなどにどんどん力を入れていっていいのではないでしょうか。

現在はすでに引退をしたJリーガーたちも自身のYouTubeチャンネルを開設している人も多くて、横浜マリノスなどで活躍した山田隆裕さんやジュビロ磐田で活躍した福西崇史さんなどのYouTubeチャンネルを僕は好んで見ているのですが、はっきり言って面白いんですよね。

他の選手と対談したりだとか、「あの時は実はこういうことがあって」や「実際にどういう形でスカウトされたのか」など、そういった話が聞けることは昔はテレビで特集されない限りはなかったわけで、僕は嬉しいし楽しませてもらっています。

現役選手は大変になってしまうかもしれませんが、クラブが行うトークライブがどんどん増えたらより盛り上がる気がします。チームごとのカラーも出て面白そうですし。

f:id:myprivatecomedy:20200519120339j:image

Jリーグの投げ銭は10円ぐらいから投げ銭ができたほうが絶対盛り上がる

鹿島アントラーズが行った鹿ライブでは投げ銭は500円から9999万9999円の枠で行われたようですが、Jリーグの投げ銭がはじまったら500円からではなくてもっと安い金額でも投げ銭できたほうが盛り上がるのではないでしょうか。

1円からでもいいけれどせめて10円とか。そして10円で一気に「オラー!」って感じで大量に投げ銭出来たら見た目的にもテンション上がるでしょうし、一緒になってやる人もどんどん増えるのではないかと。

そしてなにより気軽にできる金額がいいと思うので、そのためにはできる限り低い金額設定が必要です。熱心なサポーターじゃなくても投げ銭を気軽にできるような形にできればサッカーにそこまで興味なかった人たちも利用し出すかもしれません。

チームごとに投げ銭できるようになるのではないのかなという感じなのですが、チームごとに投げ銭できても面白そうです。「現在の金額」がリアルタイムで表示されていたらそれはそれで盛り上がりそうです。応援しているチームの敵チームであろうといいプレーやフェアプレーには投げ銭をするみたいになっていって。

想像しているだけで楽しくなってきてしまいました(笑)これからどんな形になっていくのか「Jリーグの投げ銭」に大いに期待しています。

                             M&O