THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

映画館離れは加速する?映画館がなくなることはない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画館離れは加速する?映画館がなくなることはない

こんにちは、M&Oです。

今回は『映画館離れ』と『映画館の存続』について書いていきたいと思います。

 

映画館に行って映画を観る人というのは減少傾向にあります。

減少傾向にあった上にコロナウイルスの影響があり、映画館が休業せざるを得ない状況になり、新しい映画の形、新しいエンタメの形が自然に模索されるようになりました。

元々『映画館にわざわざ行かなくても自宅でVODで観ていればいいかな』という人が増えてきていた中で、映画館が休業状態のため『映画は映画館で観るもの!』と決めている人も仕方なくVODで観ているケースが間違いなく増えていて、VODを利用をしないまでもレンタルビデオ屋でDVDを借りている人も多いかと思います。

ウイルス対策的にはあまり良くなさそうな印象は正直受けるのですが、きっとTSUTAYAなども消毒などをして対策はしっかりしていることと思います。

そして普段映画館で映画を観ていた人がVODをはじめて利用してみて、便利さに気が付くと同時に満足感も十分得られることに気が付いてしまったのです。『しまったのです』という言い方は微妙かもしれませんが、これまで『VOD?まぁいいんだろうけど俺はいいや』と思っていた人が映画館が休業でしかも自宅に居て暇な時間ができて、VODを利用してしまったのです。

VODの良さを知ってしまったのです。映画館で感じられるほどの臨場感はないものの、自分の気になる映画を自分の好きな時間に観れて、周囲のおしゃべりも気にならない、トイレに行きたくなれば一時停止をして行くことが出来る、音の出るお菓子を気にせず食べながら映画を鑑賞できる、DVDなどを借りに行く手間がない、同時に返却に行く手間もない、音などにこだわりたい人は費用はかかるでしょうがいくらでも自分でカスタムすればいいですし、テレビ画面などで視聴することも可能です。

個人的にはVODで映画を観る時は、何を観ようか探す段階で知らない映画が結構出てくるので、そういった映画の存在を知れることも嬉しいですね。日本未公開作品もかなりたくさんありますし。

自宅にネット環境があるのが当たり前になり、映画や海外ドラマをパソコンなどでVODで観る。体験してしまうと普及し続けているだけあってやっぱり快適だし満足度が高いんですよね。

今までなかなか手を出せずにいた世代や映画館へのこだわりを持っている人も、今回のコロナウイルスの影響で初めてVODを使ってみたという人が多くいらっしゃるでしょう。

使ってみたところ『あ、毛嫌いしていたけど思ったより全然いいじゃん』と思った人も多いのではないでしょうか。まるで初対面で『あ、この人気が合わなそう』と敬遠していた人が実はそんなことなくて『話してみたらいい奴じゃん!』となる時のような。うん、いい例えなのではないでしょうか。

タイトルに書いたように『映画館離れ』は加速するでしょう。再開した時はもしかしたら多くの人が訪れるかもしれません。映画館好きの人が待ってましたと押し寄せる可能性は高いですが、トータルで見たら映画館に行かなくなる人は増えるでしょう。

『使ってみたらVODで十分だし、新作も少し待てば観られるし。』といったような感想を持った人が多くいるはずだからです。

ただだからと言って映画館がなくなると言っているわけではありません。むしろ僕は個人的にはなくなってほしくないと思っています。タイトルにも映画館がなくなることはないと書いています。

f:id:myprivatecomedy:20200510102638j:image

映画館はなくならないがさらに劇場の数が減る可能性

映画館はなくならないですが、現状維持をできるかと言えばそれは難しいでしょう。

すでに多くの映画館が閉館してきていて、シネコンの争いのようになっている映画館ですが、今後はもっと映画館が減って、大きめの駅に行けば映画館の1つぐらいはあるということもなくなるでしょう。

VODの利用者が増えれば増えるほど映画館に行く人の人数は減ります。もちろんなるべく映画館で観たいという人は存在するので映画館に行く人がいなくなることはありません。僕も映画館が再開されたら間違いなく映画館に行きます。

単純に来場者の数が減る一方になるという事です。たまたま大ヒットした映画があってブームとして映画館に人が殺到するということは今後もあるでしょう。ただ一過性のものでそれが続くかと言えば難しいでしょう。

遊園地も昔はもっとたくさんありました。しかしどんどん数は減り結局ディズニーランドとかUSJに多くの人が集まって混雑している状況になっています。映画館も数が減るとそういったことになるかもしれません。

フランスはサブスクリプションの形が映画館にあって、月額いくらで映画館で映画見放題というのがあるらしいのですが、僕としてはこれすごく魅力を感じます。てか日本もやればいいのに。

人間の本性として『元を取りたい』というのはあるはずなので、映画館に足しげく通うようになって、活気を取り戻せそうなのに。何か日本だとできない障害があるのかしら。

映画館がなくなることはないけど、映画館の数が激減することは全然あります。

映画館の数が減ると、気軽に近くの映画館に行くというのは難しくなります。映画を見に行くのにディズニーランドに行くような結構なイベントの心構えが必要になるかもしれません。

そうなると映画館に行く人はさらに減りそうですよね。時代の移り変わりですね。氷屋さんも冷蔵庫が一般家庭に普及して仕事が減ったわけですし。

ただ映画館はなくならいですし、僕は再開したらきっと映画館に行きます。これだけは言っておきます。

                             M&O