THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

自宅で手軽に子供のころの夢を叶えてみた 子供の頃の夢忘れていませんか?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

自宅で手軽に子供の頃の夢を叶えてみた 子供の頃の夢忘れていませんか?

こんにちは、M&Oです。

今回は『気軽に叶えられる子供の頃の夢』について書いていきたいと思います。

 

『夢』というと壮大な、叶いそうもないようなものというイメージを持っている人も多いのではないかと思います。

確かに子供の頃は特にそういった大きな夢を持つことが多いと思うのですが、実は忘れているだけで、もっと小さい夢もたくさん持っていたはずなのです。

『大人になったらこれをやりたい』と思っていたことって絶対あると思います。しかしいざ大人になってみてそれを叶えられる環境に身を置くと、すっかり忘れてしまっていたりするんですね。

人間ってそんな生き物だからこそ情緒があるのかしらなんてことも思うのですが、皆さん子供の頃に「大人になったらこれをしたい」と思っていたことを何か思い出せますでしょうか?

 

子供の頃は『早く寝なさい』と言われるので『夜更かしをするのが夢だ』と考えていた人もいるのではないでしょうか。夜中に外を出歩くなんてことも憧れていたのではないでしょうか。

買いたいものを大人になれば買えるようになると思って、早く大人になりたいと願っていた人もいることでしょう。

大人になっておもちゃをたくさん買ってコレクションしようなんてことも考えたり。ただ大人になるとおもちゃにそんなに興味が持てなくなってしまっていて、そんなことを思っていたことも忘れてしまっていたり。

僕自身も子供の頃に叶えたいと思っていた夢の多くをきっと気付かないうちに忘れてしまっていると思います。

 

しかし最近ふとある一つの夢を思い出したのです。

きっかけはやはり自宅に居る時間が長くなっているからかもしれません。自宅で手軽に叶えることのできる子供のころの夢を僕は叶えたのです。

その夢とは

お腹いっぱいゼリーを食べることだったのです。

 

このお腹いっぱいゼリーを食べる夢には一応こだわりがありまして、既製品の小さいカップを何個も食べるのではだめなのです。

大きな器にゼリーを作って一心不乱にそのゼリーを食べる。映画を観ながらとか最高ですね。そういった形でゼリーをお腹いっぱい食べる事。それが僕が子供の頃に持っていた夢の1つだったのです。

ゼリーエースをボウルに作って食べるという僕の壮大な夢

多分知っている人も多いと思うのですが、自宅で作れる手作りゼリーと言えば僕の中では「ゼリーエース」なのです。多分使ったことある人も多いと思いますし、食べたことがないにしてもスーパーなどで見掛けたことがある人がほとんどだと思います。

これです。

f:id:myprivatecomedy:20200505131008j:image

おわかりいただけただろうか・・・?

 

きっと見たことある人がほとんどではないでしょうか。僕が子供のころからある商品なので、かなりロングセラーな商品だと思います。ロングセラーでありベストセラーですね。

僕が子供の頃に母親がこのゼリーエースを使ってゼリーを作ってくれていた記憶はあるのですが、当たり前ですがいくつものカップに分けてゼリーを作っていたんですよね。

僕は兄弟もいたし、一人っ子だったとしてもさすがに大きなボウルに全部のゼリーの元を入れて大きなゼリーを作るなんてことは滅多にしないですよね。滅多にというか幼い子供にゼリーを作る時に普通はそんなことしないと思います。

 

子供の僕は小さいカップに作られたゼリーを食べていたわけですが、ゼリーというのはスルスルと食べれてしまうのであっという間に食べ終わってしまいます。その時間のかからなさが子供の僕にとっては物足りなかったのかもしれません。

子供の頃の僕は『大人になったらゼリーをボウルに作ってお腹いっぱい食べよう』と夢見て、そんな野心に燃えていたのでした。

しかし気がつけば体はすっかり大人になり、自分で稼いで自分で好きなものを買えるようになったころには、そんなゼリーをボウルに作って食べるという夢はどこかに置いてきてしてしまっていました。

そんな時に見かけたのです。『ゼリーエース』が売られているのを。

そこからは早かったです。迷うことなくゼリーエースを購入してゼリー制作に取り掛かりました。器とお湯と水と冷蔵庫があればできてしまう優れものですからね。

ササっと作り上からラップをして冷蔵庫で冷やすこと約2時間。

ついに僕の夢は形となったのです。

f:id:myprivatecomedy:20200505132457j:image

なんて美味しそうなんでしょう。

艶々しすぎて照明が反射しているではありませんか。そしてこの赤い色がなんとも幻想的でイマジネーションを掻き立てます。

冷蔵庫で冷して固めていますので、まさに『キンキンに冷えていやがる』状態です。

美味しくないわけはないでしょう。そしてこの大きな器でつくったイチゴゼリーを僕はシチューなどを食べるような大きめのスプーンで食べ始めたのです。

パソコンで映画を観ながら、映画の最中ゆっくりと楽しもうと思いまして。

しかしゼリーはやはりどうしても食べるペースが速くなるのか、僕とゼリーの相性がいいのか、ゆっくりと映画鑑賞中に楽しむつもりだったゼリーはあっという間になくなってしまいました。

謙虚に言ったとしても10分もかかっていないと思います。はっきり言って美味しくて全然スプーンが止まらず僕は一気に食べてしまったのです。

映画は予告編が終わり本編が始まったばかりです。

映画の最中にゆっくり楽しむはずだったのにとは正直思いましたが、僕は幼い頃の夢を叶えたのです。そしてその夢はとても満足のいくもので、次はメロン味のゼリーを作ろうと考えています。

 

皆さんも子供の頃に描いた夢で、今なら手軽に叶えられる夢があるのではないでしょうか。すぐにできそうな夢ならやってしまうことをおすすめします。

                               M&O