THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

不要になったグッズは捨てるよりも売った方が断然お得

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

不要になったグッズは捨てるよりも売った方が断然お得

こんにちは、M&Oです。

今回は不要になったグッズについて書いていきたいと思います。

 

すべての人とはいかないと思いますが、多くの人がアイドルやアーティストのファン経験があるのではないかと思います。

子供の頃から考えると長くファンでいたアイドルやアーティスト、俳優もいれば一瞬でマイブームが終わったアイドルやアーティストがいたこともあるのではないでしょうか。

僕も今まで生きてきて海外の俳優だったり国内の俳優、アーティストなど多くの人のファンになってきました。サッカー選手などもありました。

ハマると結構突き詰めるタイプなので、それなりにお金を投じてグッズなどを買ったりもしていました。

ただ誰かのファンになった場合のお金の使い方はグッズなどがすべててではありません。アーティストで言えばライブに行った時にグッズを買ったりはもちろんありますが、なんといっても僕の時代はまずCDを買うのが当たり前でした。

AKBグループのファンの友人はCDを1人で何枚も購入していました。何枚というか何十枚というレベルですね。僕は誰かのファンになっても同じものを複数購入するということはなかったので、そういった人たちに対しては『すごいな。とても真似できん』という感想を持っていました。引くことは全然なくて自分がそうしたいなら全然いいじゃん、人生の楽しいことが増えているならとってもいいことだと思っていました。

ジャニーズもすごいですよね。うちわが代表的なイメージですが、男性の場合はジャニーズにかっこいいなと思う人がいても、思春期の頃はなかなかそういったジャニーズグッズに手を出すのは難しかったですが。

同性の誰かのファンになった時などは、その人の髪型やファッションを真似たくなることも多く、なるべく近い格好をするためにそういったことにお金をかけることもすくなくありません。僕はこの形の方が多かったかもしれません。

好きなアーティストが来ている洋服のブランドを「たっけー!」と思いながら無理して買っていたものです。靴とかもそうでした。

そして人によってはご自身のアパレルブランドなどを展開していたりして、ファンだともちろんそのブランドの洋服が欲しくなるわけで。そしてこういった著名人の出しているブランドはほとんどの場合がなかなかに高いお値段設定となっています。ただこれには付加価値がついているので当たり前ですよね。

雑誌とかも好きなアイドルやアーティスト、俳優が表紙を飾っていたらとにかく買っていたという人も少なくないのではないでしょうか。僕自身好きなアーティストや俳優が表紙のものはとにかく買っていた時期がありました。ネットの普及で昔よりも雑誌の種類も減っていますが、昔は本当にたくさんの雑誌があったものです。

アイドルやアーティスト、俳優もそうですが、サッカーに関してもアイドル誌のようなものがいくつかありました。ちなみに僕は買っていました(笑)

熱心なファンになればなるほどライブ会場で売られているグッズを買う機会が増えていきます。僕もライブのツアータオル、Tシャツ、エコバッグ、リストバンド、キャップなどなど、これまでファンになった人たちのグッズを買ってきました。

ブロマイドなどをたくさん持っている人もたくさんいらっしゃると思います。

多分これまで買ってきていたそういうものを合計すると結構な金額になるんだろうなと思うのですが、後悔したことって一回もないんですよね。僕はたまたま単に熱が冷めたりで嫌いになるようなケースがないからかもしれませんが、「ああ。お金の無駄だったなぁ」と思ったことは一度もありません。

長い間継続してファンでいる人もいればぱったりと熱が冷めてしまうこともある

一度ファンになってずっとその人を好きで、応援し続ける人もたくさんいます。またそれとは逆に、怖いぐらいハマっていたのに急にぱったりと熱が冷めてしまう人もいます。徐々に熱が冷めてしまう人ももちろんいますね。

理由はきっと様々で、スキャンダルを起こしてしまいそれに幻滅してなどいろいろなケースがあると思います。特に理由もなくなんとなく気がついたらそんなに興味がなくなっていたという場合も多くあるかと思います。

そんな人たちとは逆にずっと同じ人を応援し続ける人たちももちろんいます。

どっちもいいと思います。同じ人をずっと応援し続けられるとうのは、応援されている本人がきっととても変わらずに魅力的という事が大きいのだと思います。

しかしファンが入れ替わる場合も、そのアーティストや俳優やアイドルが決して魅力的ではないというわけではありません。

時間の経過と共に自分の好みが変わってくることは多々あることなので、応援する相手が変わることも決して不自然なことではないと思います。

それよりもファンではなくなった時に、これまで買ってきたグッズなどを見て「ああ、無駄なことしたなぁ」と思うか「いい時間をありがとう」を思えるかの方が重要な気がします。もちろん『いい時間をありがとう』と思いたいわけで、そう思えたならば後悔するなんてこともきっとないでしょう。

そしてそうなると不要になるグッズというのが必ず出てきます。昔かったグッズを捨てたことがある経験がある人は結構多いのではないでしょうか。僕自身も捨てた経験があります。近い知り合いで欲しい人がいれば譲ったりしてきましたが、いない場合は捨ててしまうことが多かった気がします。

ネットオークションが流行ってからは売っていた記憶がありますが、メルカリなども利用しましたがちょっと手間は手間なんですよね。欲しい人に譲れた場合はいいですがなかなか欲しい人が見るからなくて結局ずっと家にそのグッズが置いてあるなんてこともあったりで。雑誌や本系はブックオフに持って行って売ってしまう時が多かった記憶です。

ババっと片付けていしまいたいという時は、そのジャンルに特化した買い取り業者に頼んでしまうのが一番いいような気もします。手間も少なく手っ取り早いのはその方法かと思います。

捨てるのも今は分別が大変だったりモノによってはお金がかかってしまったりするので、どうせならお金になった方がいいと思うので僕は売った方がいいと考える派です。

その方が自分より後にその人のファンになった人が、過去のグッズを手に入れるチャンスも提供できますし。

ただ困ったことに人間の感情は不可解で、また熱が再燃したりなんてこともあるんですよね(笑)そうなると「ああ!売らなきゃよかった!」「捨てなきゃよかった!」ということに当たり前になってしまうので、どんな形にしろ処分するときはよく考えてから処分するようにしましょう。

                               M&O