THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 元俳優が映画レビューや俳優・女優・声優になりたい人に役立つ記事を綴っています。ほかにおすすめ商品紹介なども。

低身長でも俳優にはもちろんなれます 低身長でも成功している俳優たち

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

低身長でも俳優にはもちろんなれます 低身長でも成功している俳優たち

こんにちは、M&Oです。

今回は『低身長でも俳優になれるのか』という事について書いていきたいと思います。

 

今回は質問コーナーに寄せられた質問にお答えさせて頂く形なのですが、ご質問を読んで「身長で俳優になれるかどうか悩まれる人もいらっしゃるんだ」と勉強になりました。

まずは今回頂いたご質問からご紹介させて頂きます。

今回のご質問はnanjyaxさんから頂きました。

『こんにちは。僕は現在高校3年生の男子です。将来は役者として活躍したいと思っています。しかし身長が162cmしかなく、周りからは反対されます。この身長で一流の俳優になるのはやはり厳しいですか?』

ご質問ありがとうございます。

それでは自分なりの考えですが、ご質問にお答えしていきたいと思います。

将来は役者として活躍したいと思われているということですが、やりたいことや夢を持てるというのはもうそれだけで立派な才能だと思うので、素晴らしいことだと思います。

そしてその役者として活躍する夢は身長が低くても叶えられるのかどうかということですが、最初に結論から書かせて頂きますと

まったく問題ないです。

162cmということですが、正直言ってもっと身長が低い方が逆に需要が増えると思っているぐらいです。

たしかに世間の思うイケメン俳優といえば、身長が180cmあって顔が小さくて足が長くて街を歩いていてもかなり目立つ人というイメージが大きいかもしれません。

nanjyaxさんがモデル出身の俳優のようなポジションを目指しているのなら、それははっきり言って難しいかなと思います。

ご質問に一流の俳優になるにはと書かれていたので、演技で観る人を魅了する役者を目指している人だと思いますので、そういったポジションの俳優のみになりたいわけではないのではないかと思います。

さらに身長が低いという事は僕は俳優として大きな武器になると思います。

俳優は高身長の人が多いというイメージを持っている人は確かに多いです。周りから反対されているということですが、きっとそういったイメージを持っている人が多いから、反対意見が出ているのだと思いますが、高身長のイケメン俳優ばかり出ている作品が優秀な作品なのかと言えばそんなことありませんよね。

むしろそうなると高身長のイケメン俳優がイケメンの役なのに際立たなくなってしまいます。身長が低い人しかできない枠というものが作品の中には存在しています。

もしくは身長が低くてもその役者自身に魅力があれば、身長に関係なく仕事はたくさんありますし、相当な魅力があれば周りの俳優の身長を低めに設定してバランスをとるということもあるぐらいです。

そして低身長でも役者として大活躍されている俳優はたくさんいます。僕が好きな俳優になってしまいますが、例を挙げさせて頂きます。

身長が低くても成功している演技派俳優たち

まず今回のご質問をいただいて真っ先に浮かんだのは濱田岳さんです。

濱田岳さんの身長は160cmです。大成功をしている俳優です。すごく演技のうまい俳優という印象ですし、濱田岳さんにしかできないお芝居を常に見せてくれています。180cmあったら今のようなキャラクターではなかった可能性が高いですし、たらればですが高身長だったら売れていないかもしれません。

また、この人も僕はとっても魅力的な俳優だと思っていますが、浅利陽介さんも身長は162cmです。『コードブルー』での活躍は皆さん知るところだと思いますが、他にも様々な作品で器用さを発揮していて重宝されている俳優というイメージです。

そして伊藤淳史さんも162cmです。伊藤淳史さんもオンリーワンの俳優として確固たる地位を築いている俳優です。伊藤淳史さんの演じられている役柄を思い返してみると身長が高くないからこそ、自分の身長を活かしたお芝居をしている印象がとても強いです。

そして舞台でも映像でも俳優として高く評価されている森田剛さんは163cmです。森田剛さんは舞台上でも異常なオーラを放っていて身長のことなどまったく気にならないお芝居で観客を魅了しています。

他にも身長が高くなくても一流の役者はたくさんいらっしゃいますが、キリがなくなってしまうのでこれぐらいにしておきます。それぐらい高身長じゃなくても成功している俳優はたくさんいます。

俳優を目指すか目指さないかはもちろん自由ですが、「身長が高くないから」という理由で目指さないのであれば、個人的にはそれはちょっと違うかなと思います。現に身長が高くなくても成功している役者の方々はいるわけですし。

最近の事情はわからないのですが、昔はよく芸能事務所の所属オーディションなどでは身長175cm以上とか180cm以上というのを見かけました。また俳優として活動を始めてからもオーディションなどで身長180cm前後の人といったような条件付きのオーディションは確かに多いです。

しかし逆に身長が高くない人の方が有利な役柄ももちろありますし、身長160c前後の男性という感じの条件のオーディションももちろんあります。身長が175cm以上の人は逆にこういったオーディションに参加できないわけです。

身長が高くないのであれば、それをメリットとしてしまうようなキャラクター作りや演技を身に着けていけば、重宝される稀有な役者になることは全然可能だと思います。

168cmの前野朋哉さんという俳優さんも僕はとっても好きだし魅力的だと思っている俳優です。

逆に低身長は俳優として成功しない理由にはならない

そうなると低身長は俳優として成功しない理由にはならないということになります。

上記に挙げさせていただいた俳優さんたち皆さんそうですが、演技の評価が高かったり個性のある人ばかりです。勝負している部分、重点を置いている部分が違うのだと思いますし、自分を活かすにはどうしたらいいかをしっかり考えてこられているのではないでしょうか。皆さん本当にお芝居上手い人たちばかりです。

観ていてワクワクしたり楽しませてくれる俳優ばかりということを考えると、身長が低いことは俳優を諦める理由にはならないですし、俳優活動を始めて思うように仕事がまったくなかったとしても、高身長ではないことを理由にしてはいけないということになると思います。

身長が高くない俳優さんたちの演技を見て参考にするのが結構役立つかもしれません。『身長が低いからこそこういった演技ができるんです』というのを演技で表現できたらきっとかなり重宝される俳優になれるのではないかと思います。

身長が高い人たちの方が一見需要が高いように見えると思いますが、その分競争も激しいはずです。身長が高くないことをメリットと考える方がいいと思います。事実個人的にはとてもメリットだと思います。

なので、身長が高くないことは気にせずに、自分を活かす形で活動をスタートしていけばいいのではないでしょうか。

海外の俳優でもパッと浮かぶだけでも世界的俳優のアルパチーノは170cmだし、ダスティンホフマンは167cmです。

身長が低いからという理由でやりたいことをやらないのは、正直もったいないと僕は思います。チャレンジされるのであれば何もできませんが陰ながら応援しています。

ご質問ありがとうございました!少しでもお役に立てれば幸いです。

 

www.myprivatecomedy.net

                              M&O