THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

木村拓哉のYouTube~現場からの手紙~を観て思わず涙した

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

木村拓哉のYouTube~現場からの手紙~を観て思わず涙した

こんにちは、M&Oです。

本日はSmile Up! Projectの木村拓哉さんの動画『現場からの手紙』について書いていきたいと思います。

 

コロナウイルスが広がる中で公開された木村拓哉さんの手洗い動画が話題になったばかりですが、木村拓哉さんが新たにSmile Up!projectの動画を上げてくださいました。

影響力のある人がこういった取り組みをしてくれるのは本当にありがたいと思うと同時に、多くの人が目にしたり耳にしたりすることも間違いないので、非常に意味のあることだと感じています。

f:id:myprivatecomedy:20200426120131j:image

木村拓哉さんは医療ドラマに出演した際にお世話になったお医者さんとメールのやりとりをしていて、現場の声を直接聞いて世間で言われていることと少しズレがあると感じたと冒頭にお話しして下さっています。

そして手紙という形で医療現場で働く人々のメッセージを読み上げてくれたのですが、あまりにリアルでもっと真剣に考えるきっかけになったり、もっともっと感謝しなくてはいけないと思わせてくれるものばかりでした。

先日、医療従事者の方々へもっと感謝しなくてはいけないという記事を書かせて頂きましたが、今回の木村拓哉さんの動画を観て改めてさらに感謝する気持ちが芽生えましたし、自分なんかでは気付けていない点が多くあることも痛感しました。

看護師の人が「自分が仕事をできるのは休校で学校がない子供を学童で預かってくれているからで、クラスターなど細心の注意を払って預かってくれている保育士の方々には感謝しかありません。学童の保育士の方々に「お母さん今大変ですよね」などねぎらいの言葉をかけてもらい、そんな方々に支えられて勤務に従事できています」ということをお手紙に書かれていて、僕はなんだか家に引きこもっているだけの自分が情けなくなるというか、今自分にできることはそれぐらいしかないんだけど、せめてもっともっと感謝して、コロナウイルスが落ち着くときが来たら絶対に何か恩返しをしなきゃいけないと思います。全体で何かそういったことをすることも当たり前ですが、1人1人が強く深く感謝していればできることはたくさんあります。自分なりの恩返しをしていきたいと今回のお手紙で強く思いました。

そして医療従事者という括りの中で、病院に行かれている人たちはすぐに頭に浮かぶかと思いますが、医師の方々と看護師の方々を真っ先に思い浮かべてしまうのですが、受付や事務の方々も病院で覚悟を持って働かれているんですよね。そういったことも今回の木村拓哉さんの動画のお手紙で気付かせてもらいました。他にも医療従事者として働いている方々は多くいらっしゃいます。病院には通常の清掃業者の方も入っているとのことで、そういった方々も感染のリスクを感じながら働いてくれているということも、木村拓哉さんの読み上げるお手紙で知ることが出来ました。

他にも心に残るお手紙ばかりですので、是非ご覧になられていない方々はこの動画をご覧いただきたいです。


Smile Up ! Project 〜現場からの手紙〜 木村拓哉

フランスでは決まった時間に医療従事者に感謝の気持ちを込めて国民が一斉に拍手をしている

フランスに住んでいるひろゆきさんの動画を観て知ったのですが、フランスでは感謝の気持ちの表現として、確か夜の8時だったと思いますが、医療従事者や最前線で働く方々に感謝とエールを込めて拍手を送っているんです。

ちょうどひろゆきさんが自身のYouTubeチャンネルを配信している時にフランス時間の20時になったことがあったのですが、いきなり拍手の音が結構な大きさで入ってきて、以前からそういうことが行われていることが聞いていたのですが、実際に耳にしてみると『とてもいいな』と思いました。

日本もやればいいのに。別に窓を閉めて自宅で1人でも家族とでも、ありがとうと思いながら手を叩くだけでいいと思うのです。働いてくださっている方々の耳に届いたら一番いいですが、それが叶わなくても感謝をしながら毎日決まった時間に拍手するだけで、僕は大きな意味があると思います。リスクを冒して働いている人たちのことを全国民がしっかり頭に思い浮かべることがまず大切ですし。

今日から1人やろうかな。真剣に言っています。

木村拓哉~現場からの手紙~の准看護師見習いの人のコメントに心が震えた

木村拓哉さんのYouTube動画のコメント欄に准看護師見習いの人がコメントをされているのですが、本当に頭が下がるというか自然と涙が出てきてしまう内容でした。

『准看護師見習いとして病院で勤務しているけど周りの看護師さんが本当に大変そうで、自分は、お手伝いしかできないからこそ早く准看護師、いや看護師になって人不足を助けたい。まだ18歳なので電車通勤しているとすごくまわりに見られます。私だって乗りたくて電車に乗るわけじゃない。交通手段が電車しかないから電車なのです。見た目が若いからとかで判断しないでほしい。と思います。長文失礼しました。』

という内容で、もう本当に書いていても涙が出てきてしまのですが、18歳ですよ?本当にすごいと思いますし、こういった子が電車などで嫌な思いをされているなんてあってはならないことですよね。

このコメントに対して

『あなたが未来の光です。毎日頑張ってくれてありがとう。』

『看護師してます。一緒に頑張ろうね。』

など、他にも感謝とエールを送っているコメントが寄せられていました。

本当に、こうやって働かれている人たちの思いを見ると家に居るしかない自分が情けなくなるのですが、今はそれが自分にできることのすべてです。

木村拓哉さんが現場からの声を届けてくれました。

こうやって働いてくれている人がいるんです。

コロナウイルスに関して良くないと言われている行動など、当たり前に我慢しましょうよ。今も責任感を持って働かれている人たちを思うと、「我慢しましょう」なんて言葉大げさですね。

一生懸命働いてくれている人たちがいるのです。せめて一生懸命自分が今できる最善のことは何だろうと考えて、できる限り家にいるようにする。元々難しいことじゃないと思いますし、感謝の気持ちを持てば持つほど簡単なことだと思います。

医療従事者の方々以外にも、ドラッグストアやスーパーや配達員の方々、他にも必要とされている様々なお仕事をされている方々にしっかり感謝したいと思います。

そして今回さらにいろいろと考えるきっかけを下さった動画を届けてくれた木村拓哉さんにも感謝しています。

                             M&O

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net