THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

コロナ影響下での松本人志のツイートが笑いと優しさの融合となっている

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

コロナ影響下での松本人志のtweetが笑いと優しさの融合となっている

こんにちは、M&Oです。

今回はダウンタウンの松本人志氏のtweetについて書いていきたいと思います。

 

コロナウイルスの影響で自宅での自粛が必要とされ、多くの著名人の方々が自宅になるべくいようといったメッセージを発信しています。

やはり芸能人は人によっては大きな影響力を持っていますので、これはかなり効果的だろうなと感じています。ユーチューバーの方々もネットで自粛を呼び掛けているのをよく目にします。

自分の好きな芸能人であったり、ファンのアーティストから自粛を促されたりすることは、学校の先生に言われるよりも効果があるのではないでしょうか。悲しいけど子供の時とか思春期などはそういうものだと思います。

そして今回特に取り上げたいのはダウンタウンの松本人志さんのTwitterでのツイートについてです。

元々松本人志さんのツイートは発信されるたびにネットニュースに取り上げられることも多くその影響力は誰もが認めるところとなっています。フォロワーの数も2020年4月現在で約750万人となっていて、改めて見るととんでもない数字だなと愕然としてしまいます。

そんな松本人志さんはご自身が生業にしている『お笑い』に関して非常にストイックで真摯に向き合い、何より『笑い』というものを愛している感じがヒシヒシと伝わる人です。後輩への愛情なども深く、金銭面で力になったりとお笑いに対して厳しい反面、陰で優しい面を持っている人です。

そして松本人志さんのツイートがコロナウイルスの影響の中で、様々な形で発信されていて話題を集めているのです。

もちろん『なるべく家にいましょうね!』!というようなメッセージを送ることも大切ですし、非常に効果的だと思うのですが、松本人志さんは楽しませることもしつつ、自粛を促しているツイートが多く、読んでいて笑いを与えてくれるし『松本人志さんも自宅にいるし自分も家にいよう』という気持ちに自然にさせてくれるのです。

R1グランプリが無観客で行われた時には、無観客の難しさにも触れつつ、ダウンタウンの若手時代を振り返って、当時「劇場で漫才をしている時は普通にほぼ無観客やったな~」とツイートしたり、約束についての大切さを娘に話したことをツイートしていたり、また自粛と言われながらも外出して遊んでいる人たちに対してと思われるツイートで、「地球人が大変なことに直面している。外でワイワイしているのは宇宙人か?」ともツイートされていて、こんなこと僕が言うのは非常におこがましいのですが、お笑いのセンスはもう誰もが認めている思うのですが、お笑いだけでなく(結局繋がってくるのだと思いますが)ワードのチョイスとか他人の心に刺さるメッセージのアイディアとか、本当にセンスの塊のような人なんだと思います。

そして他の芸人さんも巻き込んでのTwitter上で大喜利、写真で一言のようなコーナーも行ってくれて、普通にテレビの企画でやっていてもおかしくない内容をTwitterで行ってくれていてもう本当に感謝しかありません。笑いって人間の精神状態に何一つ悪いことがないわけで、自宅に引きこもっていることでストレスが溜まってしまっている人って少なからずいらっしゃると思うので、こういったツイートも非常にこの自粛の手助けになっていると思います。

僕自身めちゃくちゃ笑って楽しい気持ちにさせてもらっています。

そしてこのTwitter上での写真で一言に回答したお笑い芸人や著名人に松本人志さんが感想を一言言ったりしてリアクションをしているのですが、間寛平さんに対する松本人志さんのリアクションが本当に最高なのです。

f:id:myprivatecomedy:20200421114814j:image

 

これに対して間寛平さんが「ア~メ~マ~~」と返した後の松本人志さんの一言がもう(笑)

 

f:id:myprivatecomedy:20200421114834j:image

ここ最近で一番笑たんじゃないかなっていうぐらい笑ってしまいました(笑)間寛平さんが大先輩っていうのもいいですよね(笑)すごくいい関係性というのも伺えますし、笑いと共に愛を感じる感じなのが最高だなと思います。「すいません。」って謝っているのがまた面白いです。書いてても笑えてきてしまいます。やっぱり天才だなぁ。

そして松本人志さんは自宅にずっといることもツイートしながら、前向きな発言をして多くの人たちを勇気づけてもくれています。

自宅にいることでコロナを阻止しているという考え方

「今日も自宅に居て何もしなかったなー。いえいえ。今日も自宅に居てコロナを阻止しましたよ。頑張りましょう。頑張りましょう。なんで2回言うねん。なんで3回言えへんねん。」

というtweetをしてくれまして、自宅に居ることがどれぐらい意味があるかということを伝えてくれました。わかってはいることかもしれないけれど、改めて家に居ることの意味に気付かせてくれるツイートで僕はこのツイートにとても愛を感じました。

松本人志さんが「頑張りましょう」って言うのも、結構珍しいことだと思うので、だからこそグッときてしまいました。

笑いも与えてくれるし優しい気持ちにもさせてくれる、松本人志さんのツイートは本当にあったかいなと感じます。相方の浜田雅功さんに対する愛情も年々表に出してくれるようになってきていると感じますし。

これからも抜群のセンスで日本国民を勇気づけて頂きたいです。

www.myprivatecomedy.net

遺書

遺書

  • 作者:松本 人志
  • 発売日: 1994/09/01
  • メディア: 新書
 

                               M&O

人志松本のすべらない話