THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

テレワークのweb会議に疑問 顔を見て話す必要はあるのか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テレワークのweb会議に疑問 顔を見て話す必要はあるのか

こんにちは、M&Oです。

今回は『テレワークでのweb会議』について書いていきたいと思います。

 

コロナウイルスの影響でテレワークが推奨され自宅でお仕事をされている人が段々と増えてきているようです。職種によってはそれが不可能な人もいらっしゃると思いますし、ネットを見ているとあまりにアナログな上司がいる会社は自宅でできそうな仕事でも出社しなければならないようですが。

僕は元々在宅ワークのような形の仕事を主にやっていたのでそこまで変化はないのですが、テレワークというものが推奨されて普及するのはいいことばかりだと思っています。満員電車のストレスってやっぱり慣れるとはいえすごいものだと思うので、コロナウイルスが落ち着いた後にもテレワークというものがこのまま残ればいいと思いますし、多くの会社でそのまま使われるのではないかと思っています。

コロナウイルスの影響でテレワークを行う人たちが増えた形になりましたが、コロナウイルスの影響がなくても、こんなに早くではなかったにしろテレワークの時代はやってきていたのだろうと思います。家でできるなら通勤時間もカットできるし会社も交通費を払わないでいいし、満員電車によるストレスもないし、嫌いな人と会わなくていいし好きな人とはプライベートで会えばいいしで、個人的には悪いことが見つからないです。もちろんテレワーク可能な仕事の場合に限定されますが。

ただ僕は家で仕事的なことをしている時ははっきり言って孤独な作業なので、人と関わり合う事はないのですが、なにやら世間ではZoom(いろんな意味で話題)というものやweb会議に関するアプリケーションなどをよく耳にするのですが、web会議などをする機会がまったくない僕としては、「そうか、そういうアプリの需要が今まで以上にさらに増えるんだなぁ」と感じていたのですが、よくよく考えてみると、同じ部署の人たちとか同じプロジェクトに取り組んでいる人たちが同時に話す機会というのは確かに必要になってくると思うのですが、よくよく考えてみると「顔を見て話す必要」ってあるのでだろうかと純粋に疑問を持ってしまいました。

実際にテレワークでweb会議をしている人たちはどう感じているのでしょうか。

まさか画面上に書類とかを映してアンダーラインを引きながら「個々の部分が~」なんてことはしないでしょうし、ただ単に会話をするためならば顔が映っている必要ってないのではないでしょうか。

顔が見えている方が話しやすいとかコミュニケーションが取りやすいという理由ならば、すぐにでもやめた方がいいのではないかと思ってしまいます。

ネットの記事でも「web会議での自宅での服装」や「部屋が見られるのが嫌」などと言った記事を目にすることがあって、中にはweb会議の時の背景を変えるアプリも出てきているようです。

ちょっと挙げただけでもこんなネガティブな要素があるならば、すぐにでもやめた方がいいと思うのですが。

特に女性の人は親しくもない男性に一部分とはいえ部屋を見られるのって嫌だと思いますし。

それに家族と住んでいる人もいれば、カップルで住んでいる人もいるでしょうし、実家に住んでいる人もいらっしゃったり、様々なケースが考えられるわけで、映像を使ったweb会議というのは結構なストレスにンるんじゃないのかなぁと個人的には思います。

あと気になるんですけど、音声だけの電話会議だとしても、あんまり長々と話していると壁の薄いアパートに住んでいる人とかは結構近所迷惑になりそうじゃないですか?僕は昔貧乏時代に壁の薄いアパートに住んでいたことがあるので、隣からずっと仕事の会議の会話が聞こえてきたら嫌だなぁとちょっと思ってしまいます。

f:id:myprivatecomedy:20200420114419j:image

チャットでいいしどんな服装で在宅ワークしてもいいじゃないと思ってしまう

そう考えると、常にチャットみたいな形でいいんじゃないかと思います。それが一番誰にとってもいい形なのではと思うのですが、所詮会社員経験のない僕の考えなので、実際はそうもいかない事情がきっとあるという事でweb会議が行われているのでしょう。

しかし、せっかくの在宅勤務でしっかり寝癖とか直したりキチッとした服装をしたりとか、なんだかもったいない気持ちがしなくもないです。気持ちが切り替わっていいという考え方もあるのかもしれませんが、別にどんな格好をしていても仕事のパフォーマンスに影響があるとはあんまり思えません。身なりとかをしっかりしないと気合が入らないとかならその人自身の仕事の取り組み方に問題があるような・・・。

過去にデスクワークの仕事で裸足にクロックスを履いて行っていて注意された経験があるのですが、これも非常に納得のいかない出来事で、お客さんに接する仕事でお客さんに不快感を与えるなら良くないですが、そういう仕事ではないわけで、さらに靴下を履いて靴を履いている方が血のめぐりが良くなくなって仕事に悪影響を及ぼすと思うのです。反抗期の中学生のようなことを言って申し訳ないですが、本心から疑問に思いますし、なぜダメなのかの明確な説明もなかったし、納得いかないのでそのままクロックスで行っていました。いるよなぁそういう奴と思われると思いますが、そういう奴だったのです。今は過去形になっていればいいのですが(笑)

ただweb会議などがあれば、自粛で自宅にいてプライベートでも人に会わなくなった僕の伸ばしっぱなしの髭とか髪の毛がもっとマシになっていたのかなと思うと、顔を合わせるweb会議も悪くないのかもしれません。

どちらにしてもテレワークでできる業種は今後もどんどんテレワークになっていったらいいなと思います。都心に住む人も減りそうですし。

                                  M&O