THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

コロナウイルスの中で働く看護師の叫びに自分の想像力の乏しさを痛感した

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

コロナウイルスの中で働く看護師の叫びに自分の想像力の乏しさを痛感した

こんにちは、M&Oです。

今回はコロナウイルスが広がっている中で働いてくれている看護師さんについて書いていきたいと思います。

 

現在コロナウイルスの影響の中で病院で働いてくれている医療従事者の方々やドラッグストアで働いてくれている方々、またスーパーで日用品や食料を買う機会を作ってくれている従業員の方々、他にも休みたくても休めない、コロナウイルスの中で人々が必要としている事や物を提供してくれている方々に、もっと感謝しなくてはという旨の記事を先日書かせて頂いたのですが、あるネットニュースに書かれていた現在看護師として働いている人のコメントを見て、自分の「どれだけ大変かを理解できていないこと」また、「自分の想像力のなさ」を痛感させられました。

感謝しなくてはと本心から思っていたつもりですし、ありがたいと思いながらスーパーで買い物をしていましたが、この状況下で働いている方々には実際に働いていない人間には計り知れない苦労や不安、プレッシャーがあるのだと今回の看護師さんのコメントを見て思い知りました。

f:id:myprivatecomedy:20200416101821p:image

仕事で疲れても家族が感染することを恐れて車で寝泊まりしている看護師

現在議論されている一律10万円給付に関するネットニュースで、所得制限を設けるかどうかが論点となっている的なニュースだったのですが、このネットニュースのコメント欄に現在看護師として働いている人が書き込みをされていて、

「現病院勤務をしていますが家族が万が一感染したら怖いので車で寝泊まりをしています。不安の中で働いています。こういった中で働いている人間には10万円の給付がないということでしょうか」というような内容のコメントが書き込まれていました。

僕はこのコメントを読んだ時に普通に胸が締め付けられましたし、「きっと大変な中で働いてくれている」という思いを漠然と持っていただけで、具体的に何がどう大変かなどに関してはまったく想像できていなかったと痛感しました。

そして今回このようなコメントの書き込みを見て「車で寝泊まりなんて大変だろうな」と軽く思って流してしまうのではなく、少しリアルに想像してみなくてはと思いました。病院でコロナウイルスの不安と脅威の中でお仕事されて、疲れた身体を引きずって帰るのはくつろげる自宅ではなく車の中。家族にうつすのが怖いと書かれていましたが、うつしてしまう可能性がある以上はご家族の人が気にせず帰ってきなさいと言っても、ご本人的に車で寝泊まりしていた方が気持ちが楽なのかもしれません。

しかし心細くないわけがありません。ゆっくりお風呂にはいってくつろぎたいのにそれも許されない状況にもなっているでしょう。また車で寝ることは経験されたことがある人ならおわかりになると思いますが、布団やベッドに比べて、比べ物にならないぐらい疲れが取れないものです。それも一日じゃなくほぼ毎日ということになれば、蓄積されていく疲労は計り知れません。

ほんの少し想像力を働かせただけでこれだけ苦労されていて、実際はもっと苦労が多いと思いますし、責任感から仕事を辞めることもできず、懸命に世の中の人間のために働いてくれているわけです。しかしこの人には所得の減少はないという事になります。一律給付でない場合は所得の減少がない人には給付金は払われないことになるのではと思われますので、そうなるとこの人は命がけで働きながら給付金を受け取れないことになります。ドラッグストアとかスーパーの店員さんとかもそうです。ドラッグストアやスーパーは大手の会社は従業員にボーナスの支払いをすることを発表していましたが、これは非常にいいことだと思います。ただ給付金というものが支払われるとなった場合はこの人たちもしっかりもらえるようになってほしいと思います。

綺麗ごとだと思うけど理不尽なことができる限り起きてほしくない

僕は見掛けたことがまだないのですが、ドラッグストアなどで店員さんに八つ当たり的に怒鳴る人間も後をたたないようですし、また残念なことにそういった人は高齢者の人が多いようです。元々昔から歩きたばことかも高齢者の人の割合が多いなぁと感じていたのでそこまで驚きもしませんが。

何が言いたいかと言いますと、普通に働いていて以前と変わらない給料を得ている人たちには給付金が支払われずに、こういったコロナウイルスの状況下で働いてくれている人たちに文句を言っている人たちに給付金が支払われるのってなんだか腑に落ちないのです。

働きたくなくても責任感から働いている人たちもたくさんいらっしゃると思います。医者ですら現在の状況の中で仕事を辞めたくなっていると現場の声を代弁している人が言っていました。でも働いてくれているのです。

大手スーパーやドラッグストアには会社が従業員にボーナスを支払うそうですが、これももちろんいいことですが、これとは別に医療従事者や生活に必要なもののために働いてくれている人たちのために、何かしら国からの手当てがあったらいいのにと思います。そういった人たちに給付金がなかったとしたら、給付金以上の金額を支給しても誰も文句言わないでしょう。

そしてマスクの在庫の件などで店員さんにいちいち怒ったり確認している人たちや、病院などでも横柄な態度を取っている人たちは、本当にそういう愚かなことはやめて欲しいです。働いてくれる人がいるからそのお店や病院は開いているわけで、従業員の方々は働かなきゃいけない義務があるわけでもなんでもないのです。いつだって辞める権利があるのです。そんな中で働いてくれていることにもっと感謝をしないといけないと思います。

そして僕自身も、この中で世の中に必要とされている仕事の人たちは大変だ、感謝しなきゃという思いを持っているつもりでしたが、今回の家族にうつさないようにと車で寝泊まりをしている看護師さんの書き込みを見てハッとさせられました。もっとどれだけ大変なのかをしっかり想像していきたいと思います。それができればできるほど感謝の気持ちも強まっていくと思います。

                                 M&O

マイナビ看護師