THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

自粛を前向きに考えたら普段やらない料理をするようになっていた

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

自粛を前向きに考えたら普段やらない料理をするようになっていた

こんにちは、M&Oです。

今回はコロナウイルスに自粛によって自分に起きた変化について書いていきたいと思います。

 

僕は元々自宅で仕事することも多く、コロナウイルスでテレワークが推奨されてもそこまで大きな変化は感じていませんでした。まったく同じというわけではないですが、毎日会社に出勤されていた方々と比べれば決して大きな変化ではないと思います。

土日などの休日も特に遊びに行くのが習慣ということも一切なかったので、そこまでストレスも感じていません。自粛で一人で過ごす時間が増えて寂しいという声も聞こえてきていますが、そう考えると僕は元々世間で言う寂しい生活を送っていたのかもしれません。当の本人がそう感じていなければいいのですが。幸福度などは人によって違いますし。

ただですね、そんな生活を元々していた僕にとっても自粛を意識し出したことによってひとつ大きな変化があります。それは

外食をしなくなった

ということです。

これはもう顕著にそうなっていて、これまでは一日のうちで一食ぐらいは外食をすることが当たり前だったのですが、ふと考えてみるとここ最近外食をまったくしていないのです。

僕のように外食に行く機会が減っている人は確実に多いと思いますので、飲食店を経営されている人たちや従業員の方々は本当に大変だと思います。橋下徹さんが言っていたようにしっかり補償を提示して安心してお店を閉められる日が一日でも早く来るといいのですが。

外食が減った僕は、家で食べるものと言えばご飯を炊いてちゃちゃっと食べられる納豆とか卵とか、先日ブログで紹介した業務スーパーの一食19円のお蕎麦だったりなのですが、僕という人間も人並みに贅沢になってきてしまったのか、他の食べ物を身体が欲していると言いますか、無性にお肉を食べたい衝動に駆られてしまったのです。

これまでであれば「お肉を食べたい」となればどこかに食べに行って終了だったわけですが、今は外食を極力控えている身です。(混んでいるお店じゃなければいいのかもしれませんが、それでも自宅になるべくいる方が感染する可能性は確実に低いと思いますし、僕が万が一ウイルスを持っていたとしても移す可能性も低くなるわけですし)

外食に行かずにお肉を食べるとなると、もちろん出来上がっているものを買うという選択肢もあるわけですが、今回のコロナウイルスによるできる限りの自宅待機は正直いつまで続くかわからず、長期になることも頭に入れておかねばなりません。

そうなると経済的に「自炊する」という選択肢を取った方が安く済むという結論に達しました。何と何を比較したかと言いますと、出来上がっている割高なお肉系の食材を毎回買うよりも、お肉を焼いたり食べたりするための道具を買ってしまって、これから調理が必要な生のお肉を買うほうが長い目で見ればお得だと考えたのです。

とは言っても使っていないとは言えフライパンは持っていたので、買わなければいけないのは油であったり包丁もないのでナイフ的なものと、あと調味料ぐらいだったのですが。

そんな考えから家の近所で三密を避けながらササっと必要なものの買い物を済ませ、お肉も買ってきて早速料理を始めてみたのです。料理と言っても焼くだけなのですが。

f:id:myprivatecomedy:20200414111411j:image

いつ以来かわからない料理は思いのほか楽しかった

今の部屋に引っ越してきてから初めてコンロも使用したぐらい、料理は一切してこなかったのですが、実際に鶏肉を焼き始めて味付けなんてし始めてみると、なんだかんだで楽しく感じてきてしまうものですね。ドラマ『グランメゾン東京』を少し思い出してみたり(笑)

若い頃に飲食店でアルバイトしていたこともあったので、料理は全くできないわけではないのです。ただやる気持ちになるかどうかの問題だったのですが、今回久しぶりに料理をしてみて「ああ、意外といいなぁ料理」と思う事が出来ました。

自宅にいる時はパソコンで作業しているかスマホを見ているか本を読んでいるかのどれかなので、料理をするという行為が新鮮なのはもちろん、すごく気分転換になるなぁと感じました。

これまであんまり鵜吞みにしてこなかったですが、料理って精神的にもいいらしいですもんね。そういう話をテレビタレントとかが話しているのをこれまで何度も見てきましたが、これまで「ふーん」ぐらいの感じでしたが、久しぶりに料理してみたら激しく納得してしまいました。やはり見たり聞いたりよりも「やる」ことが大切だなぁとさらに実感しました。

そしてコロナウイルスによる自粛がなかったらきっと僕はこのタイミングで料理していなかったと思うのです。何事も自分の考え方次第でいいきっかけを与えてくれる要因にはなるのかなと感じています。

コロナウイルスのこの状況はもちろん暗い状況なわけですが、その中でいかに前向きに物事をとらえて、少しでもよりよい時間にしたり普段気付けないことに気がついたりということをできるかどうかも大切だと思います。

そしてこれは心も持ちようが非常に重要になってくると思います。まだまだ不安だらけですが、できる限りなるべく前向きにいたいなと思います。

料理の楽しさに目覚められましたし。今は卵を焼きたくてウズウズしています。書き終えたら卵を焼きます。

コロナウイルスで大変な毎日ですが、自分にできることをやっていきましょう。

 

www.myprivatecomedy.net

                                 M&O

 

まずは無料期間で映画を満喫。無料お試しをお得に活用。

コナン