THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

木村拓哉のマスク2000枚差し入れはフェイクニュースで実際はマックの差し入れ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

木村拓哉のマスク2000枚差し入れはフェイクニュースで実際はマックの差し入れ

こんにちは、M&Oです。

今回はネットで否定的な意見が出てしまっていた『木村拓哉がドラマの現場にマスク2000枚を差し入れ』について書いていきたいと思います。

 

あまりに無責任なニュースにさすがに腹が立ち、また木村拓哉さんのファン以外の方々にはこのフェイクニュースを鵜吞みにしていらっしゃる人もいるかと思うので、少しでも誤解が解ければと思い今回の記事を書かせて頂いております。

誤解を解きたいというのももちろんですが、正直さすがに腹が立ってもいます。

ネットニュースの内容は木村拓哉さんが主演ドラマを務めるドラマ『BG~身辺警護人~』の撮影現場にマスク2000枚を差し入れしたというもの。

さらにこのニュースを煽る記事も出ていて、書き方が『~のようです』『もしこれが事実ならば』という書かれ方もしていて、事実を確認した形ではない書き方をしているのです。

木村拓哉さんと言えば、絶大な人気を持つ一方でバッシングしたいと手ぐすねを引いている人たちも多くいるあまりに知名度の高い芸能人です。この記事に関してもマスクを2000枚とはどういうことだと非難の声が殺到してしまいました。

ファンの方はもちろんですが、ファン以外の方でも木村拓哉さんがどういう人間かを知っている人ならば、このニュースを見た時に疑問を感じていたと思います。

これまでの生き様を見ても『自分だけが良ければいい』という考えの人ではまったくありません。筋を通すことに重きを置いている人です。

そして木村拓哉さんは自身のWeiboで『自分が差し入れしたのはマスクではなくマックです』と完全にこの記事を否定しています。ご本人が言っているのだから間違いないでしょう。実際に大量のマックを差し入れしている写真も公開されています。

マクドナルドのCMも好評で、出演しているマックをドラマの現場に差し入れするというのはまったくもって自然の流れだと思いますし。

しかし・・・マックがマスクと勘違いされる・・・まるでコントのような、海外ドラマの『フルハウス』に出てきそうな言葉遊びと言いますか、通常であれば笑いになるような話です。

ただ笑いでは済まされません。現在のコロナウィルスによる緊迫した世の中で、こういったフェイクニュースを流されるというのは非常に印象を悪くするものです。

木村拓哉さんご本人がしっかりと否定できるWeiboという場があって本当に良かったと思います。

なかなか本人の口から否定する場がないとさらにフェイクニュースが独り歩きしてしまうわけで、SNSなどで俳優やアーティスト、著名人が自分の口から真実を話せるというのはとてもいいことだと改めて実感しました。

f:id:myprivatecomedy:20200404235216j:image

芸能人が自分の思いを発信できるようになったことで感じるメリットとデメリット

今回の木村拓哉さんの悲しいフェイクニュースに関しては、ちゃんとご自身の口からフェイクニュースだと発言できて、マスクではなくマックと説明することができたので、こういった発言の場があることの大きなメリットを感じました。

こういったSNSなどで発言する機会がなかった時代は泣き寝入りをしなければいけなかったのだなぁと思うと、非常に怖い時代だったんだなぁと感じます。

ただ、自分自身で思ったことをすぐに発信できるということは、一歩間違えばデメリットになってしまうことも多く、今回の木村拓哉さんとは真逆に自分の発信によって自分の首を絞めてしまうようなケースも多くみられ、軽率な発言をしないようにという注意と自分の発信に責任を持つことが要求されるようになっていると思います。

特に若いタレントさんではデメリットになってしまうようなケースの発言をしてします人も多く、いわゆる炎上をしてしまう人も少なくありません。炎上商法という言葉もあるぐらいなので狙って意図的にという人も中にはいると思いますが、基本的に人気商売の芸能人にとっては決していいことではないと思います。

年齢がすべてではありませんが、分別がついている人ならいいと思いますが、軽率な言動をしてしまうような時期というか、性格の人などは事務所のマネージャーがチェックしてから投稿というのが一番リスクを回避できるのではと思いますし、一昔前はブログなどでも書いた内容をマネージャーに送ってチェックしてもらって、それから投稿するケースも多かったように思うのですが、今はそういった方法はほとんどされていないんだろうなと感じます。

もちろん他人を傷つけるようなことを書いていなければ、何を発言するかは自由ですが。

話を戻しますが、今回の木村拓哉さんの件はご本人が否定して、こういうことだったと説明しているわけで、これ以上信憑性のある情報はないわけです。否定できる場があって本当によかったと思うと同時に、『木村拓哉のマスク2000枚差し入れのニュースは嘘だった』というネットニュースをしっかり出してほしいとも切に思います。

悪意があるとはここでは書きませんが、このニュースに限らず『ドラマ関係者』『番組関係者』とかってすごく都合よく使われる無敵呪文みたいです。

1人でも多くの人の誤解が解けることを願っています。

www.myprivatecomedy.net

                                    M&O

パイレーツオブカリビアン