THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。元俳優が映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

本音でハシゴ酒でダウンタウンと清春が共演 清春の親バカぶりが話題

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

本音でハシゴ酒でダウンタウンと清春が共演 清春の親バカぶりが話題

こんにちは、M&Oです。

今回は先日放送された『ダウンタウンなう本音でハシゴ酒』にミュージシャンの清春さんが出演された回について書いていきたいと思います。

 

清春さんのファンである僕は今回の『本音でハシゴ酒』に清春さんが出演するということを知ってからかなり楽しみにしていたのですが、実際にオンエアを観てとっても満足させて頂きました。清春さんの世間の持っているイメージとのギャップがたくさん見られる時間となっていて、多くの人が驚くと同時に楽しめたのではないでしょうか。

現在も我が道を突き進んで多くのファンを持ち精力的に音楽活動を行っている清春さんですが、世間の人たちの清春と言えば黒夢の頃にヒットを連発してチャートを賑わしていた時や、黒夢の後に結成したSADSでの『忘却の空』のイメージが強いのではないかと思います。

今回のダウンタウンなうでも話題になっていましたが、まだビジュアル系という言葉がない時代に化粧系バンドとしてインディーズシーンで絶大な人気を誇っていた黒夢。メジャーデビューを果たしてからはその形を自由自在に変えていき、ユニセックスなイメージのビジュアル時代やパンクロックな時代など、様々な清春さんを見られることも大きな魅力です。

そして清春さんと言えば尖っている、媚びないロッカーといったイメージを持っている人が多く、テレビ出演の際もそういったイメージのまま出演していることが昔は多く、『近寄りがたい怖い人』という印象を観る人に与えていたと思います。

今回の本音でハシゴ酒でもポケットに手を突っ込んでイケイケの姿で登場する清春さんの映像が出て話題になっていました。

そんなイメージを持っていた人たちが今回の本音でハシゴ酒を観ると、『清春も丸くなったなぁ』という感想を持たれたかと思うのですが、清春さんは昔から喋るとあんな感じというか、ユーモアセンスに溢れていてフランクな感じだったのです。

例えば『feminism』というアルバム(オリコンチャート1位を獲得)のツアードキュメントでは、おちゃめな部分をたくさん観ることができます。

過去にはとんねるずの食わず嫌いにも出演して、『玉ねぎはむいてもむいても中身がないからロックじゃない』という名言を残しています(笑)

先日のダウンタウンなうでも娘を溺愛している話題が出ていましたが、この話題も昔からというか、送迎なども行っていることは普通に隠さずに話されていました。

そして清春さんのこの包み隠さないことによって生まれるギャップは大きな魅力になっています。人間らしいことはどんな人にとってもなにより大きな魅力だと思うのです。

清春さんの場合はそのふり幅が半端じゃなく大きいのですが(笑)

f:id:myprivatecomedy:20200321081647j:image

清春が過激なライブパフォーマンスを行っていたことは伝説となっている

今回のハシゴ酒には友人の代表としてラルクアンシェルのhydeさんが証言をしていました。hydeさんが言っていた手の甲にたばこの火を押し当てるライブパフォーマンス、いわゆる根性焼きは有名で、ライブではドラムの音に合わせて根性焼きを毎回行っていました。

さらに清春さんのライブがいつ始まっていつ終わるのかわからないということも話されていましたが、これも有名というか事実で、今でこそそこまでの時間のズレはないと思いますが、ライブがスタートするのは基本的に定時ではなく、また終了に関しても、お客のノリが悪いとやめてしまうなんてことも有名でした。特に激しいパンクロック時代はお客もサボることが許されない状況だったのです(笑)

そしていわゆる『売れている』時代も極力テレビに出ることを避けて決して大きくないライブハウスで信じられない本数のライブを行っていました。この頃の黒夢の歌詞は音楽業界に噛みついている内容も多く、まさにロックという感じでした。

インディーズ時代にはライブ中に首を吊るパフォーマンスをしたことも有名です。

ご存じではない人も多いと思いますが、清春さんに憧れている今成功しているアーティストってたくさんいるのです。それぐらい半端じゃないカリスマ性を持った人なのです。

そんな数々の伝説を持っているミュージシャンの清春さんが見せるギャップがさらに魅力を増すのです。

お子様の話になると本当に包み隠さずデレデレしている様子を見せてくれる清春さん。またお子様の話だけでなく、意外と母親や父親の話などをしてくれる機会もこれまで多くあって、非常に人間味溢れる姿を見せてくれているのです。

清春さんはファンから見えるイメージも大切にしている人で、過去のインタビューでは高級外車に乗っている理由として、自分の好きな人とか憧れの人が電車に乗ってたら嫌じゃない?というようなことも話されていました。

個人的に好きな話は、昔海外のアーティストのミュージックビデオなどを観ていて金髪美女をたくさんはべらせているような光景を見て『売れたらこうなれるんだ』と思って頑張ってチャート上位を取るようになったら、ただ単にスーツ着たレコード会社のおっさんがたくさん来るようになっただけだったということも話されていて、思わず笑ってしまいました。そういうことも普通に話される方なのです。

ただいざ清春さんがステージに立って歌いだすとそのカリスマ性に引き込まれて魅入ってしまうのです。歌声も唯一無二の歌声でオリジナリティに溢れていて魅力的です。

今回のダウンタウンなう本音でハシゴ酒でも清春さんの魅力がたくさん出ていました。意外に感じて好きになった人もいるのではないでしょうか?

これからも清春さんの活躍に期待しています。個人的にはもっともっとトークを見れる機会も増えるといいなと思います。本当に面白い人なのです。

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

                                  M&O

KIYOHARU 50th BIRTHDAY [Blu-ray]

KIYOHARU 50th BIRTHDAY [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/07/24
  • メディア: Blu-ray