THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』あらすじキャスト評価

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』あらすじキャスト評価【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回の絶対おすすめ映画は『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』です。

 

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』はジャンレノ出演のフレンチレストランを舞台にした映画です。大ヒットドラマ『グランメゾン東京』にハマっていた僕としては妙に気になる映画で、この映画の存在自体を知らなかったので、初めて鑑賞させて頂きました。率直な感想としては文句なく面白い映画でした。ドラマ『グランメゾン東京』と同様にフランス料理を食べに行きたくなる映画で、さらに人間ドラマもしっかり感動させてくれる映画です。

それでは『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』の映画紹介です。

 

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』は2012年に日本公開されたフランス映画です。

上映時間は85分。

監督はダニエルコーエン監督

出演は

アレクサンドルラガルド・・・ジャンレノ

ジャッキーボノ・・・ミカエルユーン

ベアトリス・・・ラファエルアゴゲ

スタニスラスマテール・・・ジュリアンボワッスリエ

アマンディーヌ・・・サロメステヴナン

ティティ・・・セルジュラヴィリエール

ムッサ・・・イサデュンビア

チャン・・・ヴァンヘイミーン

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20200317200612j:image

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』あらすじ

フランス料理のシェフであるジャッキーボノ(ミカエルユーン)は確かな料理の腕と豊富な知識を持っているものの、料理へのこだわりがあまりに強く、お客に対して料理を共に飲むワインを指定してしまうようなこだわりを持っていました。焼き加減などもお客の好みではなく自分が美味しいと思うポイントを最優先させてしまいます。

トラブルをすぐに起こすジャッキーはシェフの仕事をクビになることが日常茶飯事で、1か月に4店舗もクビになっていました。ジャッキーには一緒に住んでいる恋人のベアトリス(ラファエルアゴゲ)がいました。ベアトリスは現在妊娠中ですでにお腹が大きくなっていました。ジャッキーとベアトリスはまだ結婚はしていない関係でした。

お店をすぐにクビになってしまうため。2人の生活は困窮していき、貯金もなくなってきてしまいました。ジャッキーは不安になっているベアトリスのために、半年間は我慢して続ける約束をして。老人ホームの窓ふきの仕事を始めます。料理の仕事から離れることはジャッキーには辛いことでしたが、仕方ないと腹を決めていました。

パリにある三ツ星レストラン『ラガルド』のシェフであるアレクサンドルラガルド(ジャンレノ)はレストランオーナーのスタニスラスマテール(ジュリアンボワッスリエ)から新メニューの考案を急かされていました。

アレクサンドルのフランス料理は伝統を重んじたフランス料理でしたが、オーナーのスタニスラスはもっと時代に合わせた新しいフランス料理を求めていて、化学調味料を使用することを勧めてきます。しかしアレクサンドルはそんなものを使うなんてとんでもないとこの意見を突っぱね、両者の意見は食い違っていました。ただ実際に三ツ星シェフではあるものの、アレクサンドルの評判はパリで下降していました。アレクサンドルを何とか追い出す手立てはないかとスタニスラスは思案していました。

ジャッキーは窓ふきの仕事を始めたものの、窓から見える厨房の風景に気を取られ、我慢できずに厨房で料理を作っている3人に窓から口を出してしまいます。

厨房で料理をしていたのはティティ(セルジュラヴィリエール)、ムッサ(イサデュンビア)、チャン(ヴァンヘイミーン)の3人で、特に料理の経験もなければ、こだわりを持って料理しているわけではありませんでした。むしろこの老人ホームではこだわりはかえって邪魔になります。

ジャッキーはいてもたってもいられず窓から厨房に入りフランス料理を作ります。老人たちに配膳しますが、口々に気に入らないと発言し、一口も食べてもらえないまま退散することになります。あなたが悪いわけじゃないと3人はジャッキーを励ましました。

この老人ホームにはレストランラガルドのオーナーであるスタニスラスの父親が入所していました。

ある時、アレクサンドルがアイディアに困り、スタニスラスの父親に相談しに老人ホームに訪れます。ちょうどスタニスラスの父親はジャッキーの作ったスープを飲んでいました。ジャッキーのスープはアレクサンドルの過去のレシピを再現していて、アレクサンドルは一口飲んで感動を覚えます。誰が作ったかを聞くと窓からペンキを塗っているジャッキーが見えたので、あのペンキ塗りだとスタニスラスの父親はアレクサンドルに教えます。驚愕するアレクサンドルでしたが、すぐにジャッキーのところに行ってスカウトします。

有名シェフのアレクサンドルにスカウトされることはジャッキーにとって最高の栄誉でした。しかしジャッキーは妻のベアトリスに訊いてみないとわからないと答えます。見習いからスタートという条件だったので、見習いでは給料が出ないのでした。ベアトリスと半年はここで働くと約束していると告げるジャッキー。アレクサンドルは誘いを無下にされ怒ってその場を立ち去ります。しかしジャッキーは思い直しその場でアレクサンドルに見習いとして働くと返事をします。早速次の日の朝8時に見せに来るように言われました。

ジャッキーは初日から課題を出されますが卓越した技術で課題を軽々クリアします。ベアトリスには言えないままジャッキーは見習いとして名店『ラガルド』で働きだしました。

アレクサンドルはテレビで料理番組も持っていて、ジャッキーはこのテレビ出演にも助手として駆り出されます。しかしベアトリスにバレたらまずいので、サングラスをしてブライアンとい名前で助手として出演していました。ジャッキーは生放送中もアレクサンドルにレシピについて口を出してはアレクサンドルに怒られます。

アレクサンドルは何とかしてアレクサンドルを店から追い出したいオーナーのスタニスラスから星を1個でも落とせば解雇という条件を出されます。そして間もなく調査員が訪れるという情報も耳に入ってきました。

アレクサンドルが不在の時にジャッキーは勝手に料理のレシピを変えてお客に料理を出してしまいます。しかしこれがお客に大絶賛で、駆け付けたアレクサンドルは何も言えなくなってしまいます。怒りのままにジャッキーをクビにしたアレクサンドルでしたが、すぐにジャッキーを呼び戻し、2人は協力して星を獲得するための新メニューの考案に乗り出しました。

ジャッキーはレストランラガルドで働きながら、パソコンを使って遠隔で老人ホームのコックたちに指示を出して料理のレクチャーを行っていました。ラガルドは繁盛店で厨房内は戦争のようになっていて、その中で老人ホームの厨房に指示を出していたジャッキーをアレクサンドルは驚いた目で見ていました。

ところがベアトリスがジャッキーの働いているはずの老人ホームを突然訪れてしまい、ジャッキーの嘘がバレてしまいました。ベアトリスは嘘をついていたことに激怒し家を飛び出して実家に帰ってしまいました。

ジャッキーはアレクサンドルと共にベアトリスの元を訪れますが、仲直りすることもできずにプロポーズしてしまい、さらにベアトリスを怒らせてしまいました。

アレクサンドルも離婚をしていて、娘のアマンディーヌ(サロメステヴナン)と暮らしていました。星を維持したり獲得することに人生を捧げてきたアレクサンドルとアマンディーヌの間にはいつしか溝ができてしまっていました。

ジャッキーは老人ホームで働いていた3人も呼び寄せて、いよいよ新メニューの考案を本格的に進めます。そんな中で娘のアマンディーヌの大切な論文発表会のことを忘れていたアレクサンドルはアマンディーヌを怒らせてしまいます。

新メニューはなんとか形になりましたが、調査員がお店に来る日とアマンディーヌの論文発表会が同じ日だという事が発覚します。アレクサンドルは迷うことなくアマンディーヌの論文発表会に行くことを選び、後から行くと言いジャッキーに厨房を頼みました。

しかしジャッキーがお店に着き厨房に入ると食材がまったく見当たりません。他のシェフたちに状況を訊くと、野菜がどこに行っても手に入らなかったとのことでした。アレクサンドルの失墜を望むオーナーのスタニスラスが手を回したのでした。

ジャッキーは食材がなければ何もできないとサジを投げます。そんなジャッキーを一緒に来ている老人ホームのコック3人は怒ります。投げ出すのは良くない、誰のために料理するのかを考えろ、自分のためじゃないだろうと言葉を掛けます。そこへジャッキーに電話が入ります。ベアトリスからで、子供が無事に生まれたことの連絡でした。2人は仲直りしてジャッキーは子供が生まれた喜びに包まれます。

ジャッキーは近くの食料品店にみんなで行き、決して質がいいとは言えない食材を買い漁ります。そしてその食材を使って自分なりの料理を作っていきました。ジャッキーはこの日、店に着いた時にオーナーのスタニスラスからお前はしょせんカラオケで歌っているようなアマチュアのコピーシェフだとひどい言葉を浴びせられていました。

アレクサンドルにも食材が手に入らないトラブルの情報が入ります。論文発表会の途中でしたが、アレクサンドルはアマンディーヌに謝って退席します。アマンディーヌは無理をして来てくれた父親に感謝してありがとうと笑顔で言いました。

調査員が現れてスタニスラスと席に着きます。スタニスラスはアレクサンドルの悪口を調査員に吹き込んでいました。

ジャッキーの発案した、質の悪い食材を使用したフランス料理を食べた調査員たちは口々に絶賛し、最高級の賛辞を与えました。これによりスタニスラスは手のひらを返したようにアレクサンドルを賞賛し出しました。

調査員たちは是非アレクサンドルを呼んで欲しいと言います。アレクサンドルは店に到着していてジャッキーの様子を一部始終見ていました。スタニスラスの父親もお店に来ていました。

ロビーにアレクサンドルが現れるとお客たちは立ち上がり拍手を送ります。しかしアレクサンドルはすぐにジャッキーをその場に呼び、今回のメニューを考案したシェフだと紹介しました。そして自分は引退を表明し、後継者としてジャッキーに店を任せると宣言しました。スタニスラスも従うしかありませんでした。

ジャッキーは喜びを胸に生まれた子とベアトリスに会いに行きます。結婚指輪はなんとアレクサンドルが用意してくれていて、ジャッキーはプロポーズしてイエスの返事をもらいました。

アレクサンドルは好きになってしまったオーナーがいるレストランで働きはじめ、新たな料理番組もスタートします。助手は変わらずジャッキーが務めます。そしてジャッキーは相変わらず生放送でアレクサンドルのレシピに文句を言い、2人は軽口を叩き合っていました。

f:id:myprivatecomedy:20200317200628j:image

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』感想・評価

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』は上映時間が90分もない上に白いのであっという間に終わってしまう映画です。それだけ面白いという事だと思います。

フレンチレストランの星を獲得する大変さや星を維持する大変さ、料理は誰のためにしているのかということ、そして家族愛と短いながらも様々なことがしっかりと描写されていて、とても満足のできる作品です。

コメディ要素も強く何度も笑わせてもらいました(笑)ジャンレノとミカエルユーンが日本人の装いをしてライバルのレストランで食事をすシーンは特に必見です。舞子のような恰好をしているミカエルユーンが特にすごいです。

他にも2人の演技の掛け合いはフランス語だけど観ていて大いに笑ってしまいます。間とか表情が絶妙なのだと思います。

ドラマ『グランメゾン東京』を観ていた人は特に楽しめる映画ではないかと思います。

胸が熱くなりジーンとなれる映画です。おすすめです。ぜひ。

映画『シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』

愛と美味しい料理があれば、人生は三ツ星。

 

フランス映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                                  M&O

パイレーツオブカリビアン