THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

映画『殺したいほどアイラブユー』ネタバレあらすじキャスト評価 実話コメディ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『殺したいほどアイラブユー』ネタバレあらすじキャスト評価 実話コメディ【概要・キャスト】

おはよいうございます、M&Oです。

今回の絶対おすすめ映画は『殺したいほどアイラブユー』です。

 

映画『殺したいほどアイラブユー』はタイトルとは裏腹にかなりのブラックコメディです。

リバーフェニックスとキアヌリーヴスが共演している感慨深い映画でもあり、何より衝撃なのはこの映画が実話だということなのです。何が衝撃なのかはあらすじをご覧ください。

それでは『殺したいほどアイラブユー』の映画紹介です。

 

映画『殺したいほどアイラブユー』は1990年に日本公開されたアメリカ映画です。

1984年にペンシルバニア州アレンタウンで実際に起こった、浮気性の夫を妻が殺害しようとした殺人未遂事件が基になっています。

監督はローレンスカスダン監督。『ドリームキャッチャー』を監督しています。

 

キャストは

ジョーイボカ・・・ケヴィンクライン

ロザリーボカ・・・トレイシーウルマン

ディーヴォ・・・リバーフェニックス

ナージャ・・・ジョーンプロウライト

ハーランジェームズ・・・ウィリアムハート

マーロンジェームズ・・・キアヌリーヴス

ラリー刑事・・・ジェームズギャモン

カルロス刑事・・・ジャックケイラー

ジョーイの浮気相手・・・フィービーケイツ

ジョーイの母親・・・ウィリアムマーゴリーズ

カーラボカ・・・アリサンポーター

ブリジット・・・ヘザーグラハム

ミリー・・・シリアップルビー

留置所の男・・・ジョンビリングズリー

ディーヴォの弁護士・・・ローレンスカスダン

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20200310012832j:image

映画『殺したいほどアイラブユー』あらすじ・ネタバレ

ジョーイボカ(ケヴィンクライン)、ロザリーボカ(トレイシーウルマン)夫妻はワシントン州のタコマでピザ屋を経営しています。

所有しているアパートもありお金に困ることのない裕福な暮らしを営んでいました。

 

夫のジョーイはピザ屋でピザを自ら焼き上げ、またアパートの管理も自分で行っているため足繁くアパートに通います。

傍から見ればジョーイは素晴らしい夫で円満な夫婦に見えていました。しかしジョーイがアパートの管理を自ら行ってアパートに通うのには理由がありました。ジョーイはアパートに愛人を囲っていて浮気をしていたのです。

ジョーイは基本的に浮気そうで女癖が悪く、しかも妻のロザリーにバレることなく浮気をし続けてきていたのです。

ところがある日、ロザリーがジョーイの浮気を知ってしまい、ロザリーは大きなショックを受けます。

ロザリーはキリスト教信者なので怒りと悲しみに任せて離婚することもできませんでした。

ロザリーは精神的にかなり滅入ってしまい、自殺まで頭をよぎるようになってしまいます。どうしたらいいかわからないロザリーは母親のナージャ(ジョーンプロウライト)に悩みを相談しました。

 

ロザリーの母親のナージャは元々ジョーイのことを嫌っていました。今回のことをきっかけにここぞとばかりにナージャはロザリーに過激な提案をします。

なんとジョーイを殺害する提案をロザリーにしたのです。

あの手この手を使ってジョーイを殺害しようとします。殺し屋を雇い殺しを依頼したり、車に細工をして事故に見せかけて殺害しようとしますが、どれもうまくいかずあえなく失敗に終わります。

次に睡眠薬での殺害を思いつき、スパゲッティに大量の睡眠薬を入れます。ジョーイはそのスパゲッティを大量に食べましたが、大いに睡眠をとっただけで死には至らずぴピンピンしていました。

どの作戦もミスを犯しているわけではありませんでした。ただ単にジョーイが常人では考えられない屈強な肉体を持っているとしか考えられませんでした。

 

ボカ夫妻のピザ屋にはアルバイトとしてディーヴォ(リバーフェニックス)という青年が働いていました。ディーヴォはロザリーに思いを寄せていて、事情を聞いてジョーイ殺害に手を貸してくれることになります。

ディーヴォはジョーイが寝ている時にジョーイの頭部に銃を発砲し弾丸を撃ち込みました。

しかしジョーイは死ぬどころかそのままいびきをかいて寝ていました。驚異的な運の良さで銃弾が死に至らない箇所を通過していました。

f:id:myprivatecomedy:20200310012853j:image

ディーヴォは自分の従兄弟であるハーランジェームズ(ウィリアムハート)、マーロンジェームズ(キアヌリーヴス)兄弟を呼び、ジョーイにとどめを刺してくれるように依頼しました。

この兄弟、見るからにヤバい兄弟です。マーロンはビビッて銃を撃つことができませんでしたが、ハーランがジョーイに銃を撃ち込みます。しかしそれでもジョーイは死なないのでした。

そんなこんなの出来事の中、警察がボカ家で起きている殺人未遂事件に感づきやってきます。

怪我をしているジョーイは保護されてそのまま病院に搬送されます。ジョーイは何が何だかわからない痛みは感じています。

そしてそのまま妻のロザリー、その母のナージャ、アルバイトのディーヴォ、その従兄弟のハーラン兄弟は殺人未遂容疑で逮捕されます。

しかし一命を取り留め回復したジョーイは自らのこれまでの半生を振り返り反省します。そしてロザリーの自分への愛情に感謝したジョーイは殺人未遂に関わった全員を釈放させます。

ジョーイはロザリーを迎えに行きます。しかしロザリーは自分のしでかした行為のうしろめたさからジョーイを避け逃げ出してしまいます。

ジョーイはロザリーを追い掛けて抱きしめました。2人はお互いの愛情を確かめ合い、より仲を深めたのでした。

映画『殺したいほどアイラブユー』感想・評価

映画『殺したいほどアイラブユー』は多少の脚色はあるとはいえ、実話と聞くと本当に驚いてしまう内容です。

ただこの驚きの内容を見事にコメディタッチに描いていて、なかなか残酷なストーリーではあるものの、不思議と笑って楽しく観れてしまうのです。

大怪我を負っているのに平気でいるとぼけたケヴィンクラインの演技も絶妙に面白く、その様子を見て驚愕のリアクションをする他の出演者の演技も笑いを誘います。

リバーフェニックスはこの『殺したいほどアイラブユー』でこれまであまり見せたことのない顔を見せてくれていて、不器用な若者といった感じで愛すべきキャラクターを作り上げて魅了してくれます。

そしてキアヌリーヴスがかなりいっちゃってて凄まじいです(笑)役者魂を見せてくれているといった感じで圧倒的に印象を残してくれています。

皆さんの見たことのないキアヌリーヴスがこの『殺したいほどアイラブユー』で観られると思います。

最終的にはハッピーエンドなところもいいですね。ここまで残酷な行動をしているのに笑える映画というのはなかなかお目にかかれないと思います。それでも最後は微笑ましいラストで締めくくってくれます。

リバーフェニックスという俳優を観るためにも、リバーフェニックスとキアヌリーヴスの共演を見られるだけでも価値がある映画ですが、作品自体もとても面白い映画です。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『殺したいほどアイラブユー』

寄ってたかって必死になって、殺そうとはしてみたが・・・信じようと信じまいとこれはアメリカで実際にあったお話。

殺したいほどアイ・ラブ・ユー (字幕版)

殺したいほどアイ・ラブ・ユー (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 
殺したいほどアイ・ラブ・ユー [DVD]

殺したいほどアイ・ラブ・ユー [DVD]

  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: DVD
 

 

リバーフェニックス出演映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                              M&O

【VOD無料お試し特集 試していない動画配信サービスはありませんか?無料で試そう】

東京電力のガスの契約で、Amazonプライムが永年無料でご利用可能!

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちらから

【U-NEXT】無料お試しはこちら

Hulu無料お試しはこちら

見放題ならdTV無料お試しはこちら

music.jp無料お試しはこちら!

FODプレミアム無料お試しはこちら

amazonプライムビデオ無料おためし

インディーズ映画専門DOKUSO映画館今すぐ31日間無料体験!