THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

松本人志と高須光聖による伝説のラジオ番組『放送室』が今聴いても面白すぎる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

松本人志と高須光聖による伝説のラジオ番組『放送室』が今聴いても面白すぎる

こんばんは、M&Oです。

今回はかつて放送されていたダウンタウンの松本人志さんと高須光聖さんによるラジオ番組『放送室』について書いていきたいと思います。

 

ラジオ番組『放送室』は2001年から2009年まで放送されていたのですが、名前は聞いたことあるという人も多いのではないかと思うのですが、まったく知らないという人のために少し概要をご説明します。

ラジオ番組『放送室』は松本人志さんと高須光聖さんのお2人がトークを展開するラジオ番組です。

放送時間は1時間。高須光聖さんはもうかなり有名な人なのでほとんどの人がご存じかと思いますが、高須光聖さんは放送作家でして様々な番組で活躍されている人です。

特にダウンタウンの番組のスタッフロールでその名前を見ることが多いです。

 

そしてこの放送作家の高須光聖さん、なんとダウンタウンのお2人と小学校からの幼馴染なのです。

松本人志さんの『肩の力を入れずに話せる場所が欲しかった』という思いからスタートしたラジオ番組『放送室』ですが、幼馴染の高須光聖さんはたしかにうってつけの人選と言えるのではないでしょうか。

松本人志さんはタレントやDJという職業ではない人と話す番組をやりたかったとのことで、さらに放送作家として高須光聖さんが多忙になって話す機会も減ってしまったことから、いっそのこと仕事にしてしまえばいいという考えから企画がスタートしたとのこと。

幼馴染との会話をラジオで発信して仕事としてお金をもらう、普通であれば『そんなの成り立つのか?』と思ってしまう事なのですが、そんな心配はまったく必要のない番組の内容なのです。

f:id:myprivatecomedy:20200302130704j:image

何をしても成立させてしまうお笑いの天才・松本人志

トークの相手が売れっ子放送作家の高須光聖さんということもありますが、表に出る仕事をしていない幼馴染と1時間のトークをして面白いものにするって、かなり困難なことだと思います。

高須光聖さんは一般的にはこの『放送室』で知名度を上げたわけですが、番組内のトークが面白かったからこそいい意味で知名度が上がっていったのでしょう。

お笑い芸人という職業をしている人の中でも、この状況で面白いものを作るというのは並大抵のことではありません。

ましてや松本人志さんの希望通りの番組構成になっているので、本当にリラックスして松本人志さんと高須光聖さんがおしゃべりをしているという内容で、何か企画があったりコーナーがあるわけではないのです。

 

しかし面白いんです。抜群に面白いんです。高須光聖さんも抜群に面白くて、松本人志さんに対してのツッコミとか発言に対する戸惑いなどがいちいち面白いのです。

ある意味で遠慮しないでいい間柄だからこそ生まれる笑いがたくさんあるのです。少しでも松本人志さんに遠慮があれば流してしまうような松本人志さんの発言にも遠慮なく突っ込むし「えっ?どうゆうこと?」と次に行かずに質問してくれるのですが、それもまたこの番組が面白い大きな要因なのです。

そしてこの『放送室』を聴いていて一番強く感じるのは、小学校の時の話で2人で盛り上がっていても、関係ない第三者も笑ってしまうことに関する驚きなのです。

大体昔ばなしって当事者だけで盛り上がって第三者は蚊帳の外といった感じで、おもしろさも伝わらないということが実生活でほとんどだと思うのですが、松本人志さんと高須光聖さんの昔話はびっくりするぐらい笑ってしまうのです。

僕スーパーに行く時とか歩きながらイヤホンで聴いている時が多いのですが昨日は大袈裟な例えでもなんでもなく声を出して笑ってしまいました。それぐらいの破壊力を持っているほど面白いのです。

聴いたことない人たちにも聴いてほしいラジオ番組『放送室』

放送終了が2009年とのことなので、もう放送してかなりの歳月が過ぎているわけです。もちろん聴いたことない人もいらっしゃると思いますし、まったくこんなラジオ番組知らないといった人もたくさんいらっしゃると思います。

当たり前ですが若い人たちで知らない人たちは特に多いでしょう。

今であればラジオ番組もアプリなどで便利に視聴することができるようになっていますが、当時はまだラジオ聴きたいけど馴染みがないから聴き方よくわからないといった人も多かったと思いますし。

そんな人たちに一度はこの『放送室』というラジオ番組を聴いてほしいなぁと勝手に個人的に思っています。それぐらい面白いんです。損はしないから聴いてみてという思いなのです。

どうやらこの『放送室』はCDとして発売されていまして、Amazonで購入できます。

あとは、公式かどうかがわからないので推奨はできませんが、ネットで探せば聴く手段はあるようです。

電車内で聴いたりすると込み上げてくる笑いの処理に困ると思いますので、くれぐれも気を付けてください(笑)それぐらいおもしろいことを約束します。

そして現在この『放送室』がAmazonオーディオブックの『Audible』で会員登録のみで聴くことができます!ぜひお試しください!

AmazonオーディオブックAudibleに関する記事はこちら。

www.myprivatecomedy.net

                         M&O

放送室 VOL.151~175

放送室 VOL.151~175

 
放送室 VOL.251~275

放送室 VOL.251~275