THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

人に嫌われたと感じた時のおすすめ対処法 嫌い返さずに気にしない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人に嫌われたと感じた時のおすすめ対処法 嫌い返さずに気にしない

こんばんは、M&Oです。

今回は『人に嫌われた時の対処法』について書いていきたいと思います。

 

人に嫌われた時と言っても面と向かって「あなたが嫌いです」と言ってくる人はそうそういないと思いますので「この人自分のことたぶん嫌っているな~」や「この人の言い方悪意あるなぁ、深いだなぁ」と感じる相手に対してといった感じになります。

理由もわからずに自分が嫌われているなと感じることって誰にでもあると思います。これは大人になってから増えるといったわけではなく子供の頃から少なからずあることだと思いますので、どうしても生きていく上で避けられないことなのでしょう。

もちろんすべての人と仲良く楽しくできたらそんな最高なことはないと思いますが、そんなことって人と接する機会が多い人ほど難しいですし、難しいどころか不可能だと思います。自分が何か相手に害を及ぼしたりしていなくても何かしらの意味不明な理由で嫌われてしまうこともあるからです。よく言われる「生理的に受けつけない」ということもあるぐらいですから。生理的に受け付けないって言われても・・・となってしまいますよね。歩み寄ることで解消できることもありますが、個人的にはそんな理不尽な理由で嫌ってくる人に対して頭を悩ませたり労力を使うことははっきり言って無駄だと思っています。

嫌われているんじゃないかということで頭を悩ませてしまう人って多くいて、帰宅してもそのことをつい考えてしまうなんてこともあるかと思います。

しかし、もし自分が他人に嫌われるような非常識な振る舞いをしているわけではないなら、ナイフみたいに尖って触るもの皆傷つけるような生き方をしていないなら、間違いなくそんなことに悩む必要はないでしょう。それどころか自分の時間をそんな悩みのために費やすというのは非常に愚かだと大人になってから特に感じています。

f:id:myprivatecomedy:20200222211834j:image

嫌われる心当たりがないなら悩んでも解消されない問題

どうして自分のことを嫌っているのかわからないなら、考えたところで仕方ないですし理由なんてまったく予想もつかないことだってたくさんあるでしょう。相手が勝手に嫉妬してなんて事も多々あると思います。

じゃあ極力大人しくしていればいいのかと言えばそんな事もなく、目立たぬようにその場で過ごしていたとしても『何を考えているのかわからない』だったり『あいつがいると場が盛り下がる』なんてことを理由に嫌ってくる人もいるでしょう。

全神経を空気を読むことに集中して毎日を過ごしていれば、もしかしたら誰からも嫌われずにすむかもしれませんが、そんな毎日は誰にとっても価値がないし、そもそもストレスで生きていられなくなるのではないかと思います。

ただ調子良くいろんな相手に合わせている事を『おもしろくない』と感じる人もきっと出てくるので、やはり万人に好かれるというのは不可能だと思います。

総じて人を何かしら理由をつけて嫌う人というのは暇な人だと思うので、そんな人たちと仲良く接することにメリットもないでしょう。メリットがないどころかデメリットとなることがかなり多いのではないかと思います。

では自分のことを嫌っている人に対してどう接するべきなのかを書いていきたいと思います。

嫌うのではなく気にしないようにする

自分のことを理不尽に嫌ってくる人に対して、嫌いという感情を持つ人も多いでしょう。性格にもよると思いますが、嫌ってくる相手に対して腹が立つ人もいれば不快になる人もいると思います。ただただ悲しくなるという人もいるかもしれません。

ただですね、こういった感情なんてすべて無駄なんです。相手を嫌いたくなる気持ちもわかりますが、嫌いになるということは相手の事を考えてしまっているということになります。頭の中に自分を嫌っている相手の存在があるのです。嫌いになった人を思うとイライラしたりすることもあるでしょうし、ため息が出るなんて事もあるでしょう。

つまりよくわからない理由で嫌われている時に嫌ってくる相手のことを嫌ったり憎んだりするのは、その人のことを考えてしまっているわけで、自分の時間を使ってしまっているということなのです。

嫌な思いをさせられている上にその人のために自分の人生に時間を使うなんてもったいなくないですか?

ではどうすれば自分の貴重な時間をそんな無駄なことに使わなくて済むかと言うと、

気にしなければいいんです。

存在していないものと思えばいいのです。くだらないと思えばいいんです。

そしてこれは実体験でもあるのですが、気にしないようにして、相手にしないようにして生活していると、自分のことを嫌っていた相手が不思議と手のひらを返したように優しくなったりすることがあります。みんながみんなではないですが、そういうこともこれまでに起きていました。そうならなかったとしても気にしないのが一番です。自分の人生の貴重な時間を使わずに済みますから。

嫌う事も労力を使う事になってしまうし、誰かを嫌ったり憎んだりすることはストレスにもなるし精神的にもよくありません。だから『気にしない』のが一番なのです。徹底的に相手にしないのが一番なのです。

誰かに嫌われているなどと悩んでいる人はぜひ『気にしない』という意識を持つことを意識してみてほしいです。

ただ、もしも嫌われている原因が明らかで、実際に自分が良くない面があるのだとしたら、それはなおしたほうがいいと思います。

                                  M&O