THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

不倫に対してのコメントで評価を下げるのは何よりくだらない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

不倫に対してのコメントで評価を下げるのは何よりくだらない

おはようございます、M&Oです。

今回は芸能ニュースで何より取り上げられる『芸能人の不倫』について書いていきたいと思います。

 

最近で言えば東出昌大さんや鈴木杏樹さんの不倫報道が世間を賑わせていますが、あまりの報道に以前から感じていた疑問がさらに大きくなっていることと、この芸能人の不倫についてコメントをして自ら評価を下げている人たちに関して感じることがあったので今回はそのことについて書いていきたいと思います。

芸能人の不倫が発覚するとまるで世紀の悪事を働いたかのように取りざたされる芸能界の風潮ですが、一般人が大きく反応することがこのような風潮が脈々と続いているのだろうなとは思うのですが、芸能人の不倫がそんなに興味あることの一つになっていることがそもそも疑問です。

今回の東出昌大のケースで言えば、週刊誌はそれが食い扶持になっているわけなのですっぱ抜いて取り上げるというのは仕方ないことなのかもしれないですが、こんなに長く取り扱うものなのかしらという点がまず疑問です。

もちろん良くないとされていることをしていたわけなので、『なんて奴だ!』『けしからん!』という感情を持つ人が多くいるというのはわかります。東出昌大さんの不倫に関しては僕も初めて知った時は『仕事も順調なのにバカだなぁ』という思いと『杏ちゃんかわいそうだな』という感情がありました。ただ正直それぐらいです。あとは『CMとかの違約金大変だろうな』という思いぐらいです。

僕が杏さんの友人だったり知り合いであったなら東出昌大さんを憎む気持ちもあったかもしれませんが、僕は杏さんと知り合いではないので『かわいそう』と思うぐらいで東出昌大さんを憎む気持ちは芽生えませんでしたし、今も芽生えていません。東出昌大さんを叩き続けている人たちを見ると憎しみを持っているのではないかとすら感じてしまい、長期間憎んでいる感じの人たちを見ると『すごいエネルギーだな』と感心してしまいます。個人的に杏さんが好きな女優さんではあるので『かわいそう』とはネットニュースの見出しを見るたびに思いますが、そういう感情になるからこそ長々とこの不倫の件について触れない方がいいのではないかという思いです。

f:id:myprivatecomedy:20200221015220j:image

不倫は結局当人同士の問題であって第三者どころか赤の他人が口を出す事ではない

不倫をして問題となった後に解決するのは結局当の本人たちなわけです。第三者ですら入り込めない問題だと思うのに赤の他人がテレビのワイドショーでああでもないこうでもないと言っているのは、本当に何の生産性もありません。二人だけというか家族がいれば家族も関わるし弁護士なども関わってくるかもしれませんが、それは当事者たちが雇った弁護士であって関係ない弁護士は当たり前に関係ないわけです。

何かしらの肩書があるコメンテーターやタレントやお笑い芸人の人たちが、夫婦の問題について公共の場で真面目な顔して話しているって、普通になっているから見慣れた光景になっているけれど、よくよく考えると普通じゃないことですよね。

もっと社会に影響を及ぼす事件が起きた時に専門家の方が意見を言うのはタメになることも多いしありがたいことですが、不倫はそういう問題ではないだろうと思いますし、何より関係な人がどう思うかなんてかなりどうでもいいです。偉そうにコメントしている人がバレていないだけで不倫をしているなんてことだってありえないことではないと思いますし。

もちろんコメントしている人たちも出演している番組が取り上げていてコメントを求められるからコメントをしているという事情があるわけですが、変に気の利いたコメントをしようとして物議を醸してしまう事もあるようで、今回見掛けたネットニュースではおぎやはぎの小木さんの不倫に対するコメントが炎上というか世間の人たちを怒らせてしまったようでした。

タイトルに書かせて頂いたのはこの部分なのですが、これって最悪だなと思うのです。本音を言えば小木さん的にはきっと不倫に関して持っている感情は『どうでもいい』だと思います。だって関係ないわけですし、できることだってないわけですから。本当はそう思っているのに捻り出してコメントするから無駄に自分の評価を下げる結果になってしまったりするのです。

確か『ワイドナショー』だったと思うのですが、誰かの不倫に触れた時にコメントを求められたゲストの人(誰だったかは失念しました)が『本音を言えばどうでもいいですね』とコメントしていて個人的には拍手喝采だったのですが、そう思った人も少なくないのではないでしょうか。

報道で出た時に思うところがある人はたくさんいて当たり前だと思うのですが、ここまで延々と取り扱う必要があるのかとニュースサイトを見るとげんなりしてしまいます。田中みな実さんの記事と不倫の記事が大部分を占めているんですもの。

謝罪すべきは裏切った相手やスポンサーであって世間に謝る必要はない

人気商売だから仕方ないと言えばそれまでですが、世間に対して謝罪する必要はないと思います。裏切った妻や夫に対して謝るのはわかりますし、多額のギャラを支払ってイメージダウンしてしまったりCMを差し替えたりなどの処置に追われるスポンサーに謝罪するのもわかります。

ただ世間に対して謝罪する必要はないんじゃないかなぁと毎回思います。謝ったところで好感度が上がるわけでもないですし、怒っていた世間の人たちもきっと謝られたところで気が晴れるなんてこともないでしょう。謝られても『謝ったしまぁいいか』と思えない理由としてはそもそも世間の人は何もされていないし、迷惑もこうむっていないからではないでしょうか。関係ないんですもの。道を歩いていて見知らぬ人から『すみませんでした!』と謝られても『へっ?』てなりますし、むしろ怖いです。

作品がお蔵入りになったとかなら楽しみにしていた人たちには謝ってもいいかもしれませんが。

マーガレットサッチャーの言葉で『金持ちを貧乏人にしたところで、貧乏人が金持ちになれるわけではない』という有名な言葉がありますが、なんだかその言葉を思い出してしまいました。

不倫をしたという事は不倫をされた相手がいるわけで、考えるべきは不倫をされた相手なのかなと思います。そう考えると延々と取り上げるのはいかがなものなのだろうか。

                                M&O