THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。元俳優が映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

木村拓哉のライブで幸せになった人たちから幸せをもらっている エンタメは世界を変える

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

木村拓哉のライブで幸せになった人たちから幸せをもらっている エンタメは世界を変える

こんにちは、M&Oです。

今回はいよいよスタートした木村拓哉さんのライブツアー『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』について書いていきたいと思います。

 

いよいよ2月8日の代々木第一体育館を皮切りにスタートした木村拓哉さんのライブ。

メディアでも大きく取り扱われていて、多くの芸能人が来場したことも大きな話題となっていました。

そして何より、木村拓哉さんのライブを待ち望んでいたファンの人たちにとって「ついにこの日がやってきた!!」という記念すべき日となり、Twitterでライブに足を運んだ方々の感想を見ていると自然に目頭が熱くなってしまいました。

ちなみに僕はと言いますとチケットに申し込んだものの落選をしてしまい、残念ながら観に行くことは叶わなかったのですが、そのチケット発表の後も、Twitterで当選して喜ばれている方々の呟きを見ているとまったく落ち込むことなく心から「見に行かれる方々、楽しんできてください!」と自然に思える感情になっていました。そして僕と同じようにチケットを手に入れることができなかった他の方々も、Twitterで当選した人たちを心から祝福している呟きを多く見掛けました。「自分の分まで目いっぱい楽しんできてください!」といった内容でした。

僕はこれまでチケットを取ることが困難なアーティストのライブに行きたいと思ったことがなくて、今回の木村拓哉さんのライブでチケットの抽選というものを記憶の中では初めて体験したのですが、他のアーティストの場合でも落選した人が当選した人を心から祝福するってあることなのでしょうか?僕自身も自然とそういった感情になっていましたし、他の落選してしまった方々もTwitterで心から祝福をしているように感じました。ネガティブだったり憎悪の感情が含まれた呟きをまったく見かけなかったのです。

「これって木村拓哉さんだからじゃないなのかな」と僕は思っていまして、今までこのブログで木村拓哉さんに関して記事を書かせて頂いた内容のように、木村拓哉さんの生き様とかまっすぐな性格がファンの方々に浸透していたり、元々そういった性格の人がファンになっていたりということが大きく影響しているのではないかと思いました。

チケットの当選発表後のネット上は、外れた人もかなりたくさんいるはずなのにとてもあったかい雰囲気に包まれていて、「こんなことってあるんだなぁ」としみじみ思いました。

そしていよいよ『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』がスタートしたわけですが、代々木第一体育館で木村拓哉さんのライブに参加した人たちのtweetを見ていて、再び同じ感情になって、むしろ読んでるだけで感動するという感情になり、やはり木村拓哉という人間は稀有な存在なのだと思い知らされました。

そしてファンの方々の木村拓哉さんへの思い、木村拓哉さんのファンへの思いもすごく伝わってきました。

f:id:myprivatecomedy:20200209112841j:image

木村拓哉のライブがとんでもなく良かったであろうことが伝わってくるファンの方々の感想

僕は木村拓哉さんのライブに行った方々の感想tweetをすでに楽しみにしていたのですが、実際に感想を目の当たりにすると木村拓哉さんのライブがとんでもなく素晴らしかったという事が手に取るように伝わってきました。さすがに「うおー!行きたーい!!」とは正直思いました(笑)だってすごく良かったであろうことがビシビシ伝わってくるのですもの。

感動して泣いてしまった方々も多くいらっしゃったようですし、選曲もMCもパフォーマンスもすべてが素晴らしかったようで、きっと終始鳥肌立ちっぱなしだったんだろうなとかいろいろ勝手に想像してしまいました。

どれだけの人がどれだけ強い気持ちで木村拓哉さんがライブで歌って踊ってくれることを待ち望んでいたのか、そういった思いもTwitterを見ていて非常に強く感じました。そしてそんなファンの方々の気持ちを十二分にわかって最高のパフォーマンスを届ける木村拓哉さん。もう最強のアーティストとファンですよね。

なんだかライブに行ってきたみたいな書き方で申し訳ありません(笑)でもtweetを見ているだけでそれだけ幸せな気持ちになっているのです。

そして僕はもう一つ感動していることがありまして、tweetの中には撮影禁止の場所を撮影してしまっている人もいらっしゃったようで、ただその人のtweetには木村拓哉さんのファンの方々が丁寧な口調で注意を促されていて、僕はそれにも感動してしまいました。マナー違反は何より木村拓哉さんに対して失礼ですもんね。

そしてtweetの中には『ふだん全然自分では呟かないけど書かずにいられない!』とライブがいかに素晴らしかったかを呟かれている方もいて、目頭が熱くなると同時に、観る人をここまでの感情にさせる木村拓哉の凄さを改めて実感しました。

僕の職場の木村拓哉さんのファン歴がかなり長いお知り合いの方も当選してライブに行かれているのですが、週明けに感想を直接聞くのが今の大きな楽しみなのです。

そしてリアルタイムで、昨日木村拓哉さんのアルバムを初めて聴いた女性の友人から、「すっごく良い!」という感想も頂いていまして、自分のことのように喜んでしまいました(笑)

これから木村拓哉さんのライブに参戦される方々!楽しんできてください!!

 

参加された方々が幸せになり、その感想を見た人間も幸せになる。木村拓哉のライブとはそういうライブなのだと今回知りました。

                                M&O