THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

ムカついた時のおすすめ対処法 目から鱗の島田紳助の話

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ムカついた時のおすすめ対処法 目から鱗の島田紳助の話

こんばんは、M&Oです。

今回は『ムカついた時、腹が立った時におすすめの対処法』について書いていきたいと思います。

 

人によって価値観や常識は違ったりするものなので、多かれ少なかれ他人に対してイライラしたり腹が立ったりムカついてしてしまったりすることはあると思います。

まったくそういった感情にならないという人にとってはこの対処法は必要ないと思いますが、そんな人は世の中になかなか存在しないのではないかと思っています。

結論から言うと、他人に対して腹が立ったりイライラした時、ムカついた時に、そういったネガティブな感情を自分の中から消し去るためにはこう思えばいいのです。

『ああ、この人一回目なんだな』と。

これだけ書いてもなんのこっちゃですよね。それではこの『ああ、この人一回目なんだな』というのはどういう事なのか、詳しく書いていきたいと思います。

f:id:myprivatecomedy:20200203210939p:image

島田紳助と松本人志の番組『松紳』で島田紳助が話していたムカつきを抑える対処法

少し前から島田紳助さんと松本人志さんがトークをする番組『松紳(松本紳助)』の過去の動画を観ることにハマっているのですが、実はこの腹が立った時に抑える対処法はこの番組内で島田紳助さんが話していた内容なのですが、この対処法があまりに使えるため、今回ご紹介させて頂きたいと思います。

人間は死後に生まれ変わっているというところから話は始まるのですが、僕は生まれ変わりとか輪廻などはそこまで興味がないので信じているかと言われれば信じてはいないかなぁといった感じなのですが、島田紳助さんの話を聞いていて妙に納得してしまう部分がありまして、生まれ変わるって確かにあるのかもなぁと思うようになっていまして。そうなるとこのムカいた時の対処法も一気に活かすことが出来るようになるのです。

なのでまずは島田紳助さんが話していた人間は生まれ変わっているという話から書いていきたいと思います。

まずとてもわかりやすいのが、有名な『デジャブ』と言われるものです。初めて来たはずの場所なのに「あれ?ここ来たことある気がする」「見たことある気がする」などといった感覚になることですが、普通に考えてこんなことは起こるはずがないと。今送っている人生の前に生きていた時に経験しているから「来たことある」「見たことある」といった感覚に襲われるのだと仰られていました。そしてこれはいわゆる前世で経験しているということになるわけですが、必ずしも人間で経験しているわけではなく、もしかしたら虫として経験しているのかもしれない話されていて、しっかり笑いも取っていました(笑)笑えるけれどもこれも可能性としてはありそうです。

人間として生きている時に悪いことばかりしていると次に生まれ変わった時に人間になれないという話もされていました。人間として生きた後に虫とか草花に生まれ変わる可能性もあると。だから悪い事はしてはいかんという話しもされていました。

 

それでは本題に入ります。

生まれ変わりがあるとするならば人間は何度も生まれ変わって生きているから、大体の人は何度目かの人生を送っていることになるわけです。人によって回数はもちろん変わってくるわけですが、前に生きた人生の記憶が消されていたとしても悟りのようなものは生きた回数が多い人の方がやはり深いものになります。無意識の記憶が残っていると言いましょうか。

島田紳助さん曰く、『子供の時に同じように授業受けて同じようにテストを受けた時に点数のいい子とよくない子がいるのはそもそもおかしい。点数のいい子は1回目の人生じゃなくて2回目3回目の人生を送っているからテストでいい点数が取れる。』

非暴力、不服従の運動でイギリスからインドを独立させたガンジーに関しては『たぶんガンジー23回目ぐらいやで。2回目とかだったら絶対殴り返してるはずやで』と仰られていました(笑)ちなみに総理大臣になっているような人たちはきっと相当な回数生まれ変わっている人たちであろうとも仰られていました。

人間ができている人たちほどたくさんの回数を人間として生まれ変わっているという事になると、人間が出来ていない人は1回目の人生の可能性が高いという事になります。

この事を頭に入れておくと、何かの理由でその人に対してムカついたり腹が立ったりした時に「ああ、この人1回目か。」とまず思うようになります。そして

「きっとこの人1回目なんだな。じゃあ仕方ないよな。」

と思えるようになるのです。

この思考というか考え方は意外と非常に使えて、この話を聞いてからは僕は腹が立った時にこう思うようになっていて、実際に怒りを抑える作用を発揮してくれています。

島田紳助さんはこの花話をもっと例え話を交えながらユーモアたっぷりに話してくれていたのですが、大いに笑わせてもらいながらもかなり使えるお話を聞けて僕はこの思考を大いに活用させて頂いています。

これまで生まれ変わりとかそういう類の話はまったくといいほど信じていなかったというかちゃんと考えたこともなかったのですが、なんとなく「そんなことありそう」という気持ちになっています。生まれかわりとか輪廻とかをこれ以上追求しようという気持ちはありませんが。

個人的にはとっても効果のある怒りを抑える方法なので、非常におすすめですし是非実践してみてほしいです。

合言葉は

「あっ、この人1回目なんだな。」

です。

これだけだと意味わからないですね(笑)そして自分がいったい何回目なんだろうかということは、棚に置いておきましょう(笑)

www.myprivatecomedy.net

                                   M&O