THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

落合陽一の言葉『日本人は写経好き』を役所関連に行くと思い出す

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

落合陽一の言葉『日本人は写経好き』を役所関連に行くと思い出す

こんばんは、M&Oです。

今回は市役所や区役所の手続きについて書いていきたいと思います。

 

最近引っ越しを済ませたことはこのブログでも書かせて頂いていたのですが、引っ越しをすると必ず行わなければいけないのが市役所や区役所で行う手続きです。

この手続きを面倒くさいなぁと思う方も多くいらっしゃると思いますし、マイナンバーカードを持っている人はある程度のことならば手軽に機械で出したりする事が可能になっているようです。

しかしM&Oはマイナンバーカードを持っていないので市役所や区役所に行ってすべての手続きを行わなければなりません。ちなみにマイナンバーカードを持っていないのは特に他意はなく、ただ単にタイミングを逃したというか、タイミングを逃してそのままマイナンバーカードがないまま生活しているといった感じなです。あったらかなり便利そうなので作ろうと思うのですが、腰が重くなってしまい今に至るといった感じです。

そんな中で市役所や区役所をまわってきたわけですが(ここからは市役所と書きます)、転出届や転入届、そしてその前には住民票とかも取りに市役所に赴いています。

市役所の職員さんもとても親切で愛想もよく、そういったところでイライラすることなく平和に手続きを行っていたのですが、ふと思ったのです。

「こんなに名前や住所を何度も書く必要はないんじゃないか?」

と。

システム的な問題なのか、だとしたらかなり古いやり方をしているんじゃないかと思ってしまうのですが、まず住民票や転出届に関してなのですが、名前や住所を記入してもろもろ書いたそれ用の書類を提出するわけですが、世帯主とかそういった欄はまだわかるのですが、書類を提出した後に身分証明書を出すんです。写真付きの身分証明書ありますか?と聞かれるわけですが、僕の場合は免許証を出すのですが、そこには氏名も生年月日も現住所も記載されているわけです。

つまり運転免許証を見れば名前と現住所も生年月日もわかるわけで、だったらこの運転免許証を元に住民票とか転出届を出してくれればいいのではないか?と思ってしまうのです。運転免許証から僕のID的なものも探し出すことができるのではないかと。いやきっとできるでしょう。世帯主とか本籍を書く必要がある場合は書く必要があるので書かなければなりませんが、そういった必要なところだけ書けばいいのではないかと思うのです。

そして次に住む町の市役所に行って転入届を行わなければならないのですが、新しく住む町の役所の職員の方々もとても親切で気持ち的にはとても穏やかで和んだのですが、この転入届けの用紙に記入する際も「う~ん、これ必要?」と思ってしまったのです。

転入届けには前に住んでいた住所とこれから住む家の住所を書かなければならないのですが、記入した転入届と一緒に前に住んでいた地域の役所からもらってきた転出届も提出します。

親切に市役所の係の人が「転出届を見ながら同じように記入してください」と教えてくれたのですが、ふと思ってしまったのです。「いや書く必要あるかなぁ」と。

もちろんクレーマーにはなりたくないので口には出していません。それにこの係の人に何か責任があるわけではありませんので。ただすでに必要な情報が書いてある書類を持っていて、それを一緒に提出するにも関わらずその情報をもう一枚の紙に書き写すというのは正直ナンセンスさを感じてしまったのです。転出届を一緒に出すのだからもっと簡易的な転入申込書でいいのでは?と思ったのでした。

僕は役所関係に勤めている知り合いもいないですしもちろん自分が働いたこともないので内情はわかりませんが、区民とか市民のそういった情報をもしかして紙で保管しているのだろうか。かなり膨大な量になると思いますし、この時代にそんなことしているのかしらと思うので、そんな可能性は低いのではと勝手に思ってはいますが。でも紙で保管しているんじゃないなら、あんなに何度も同じことを書く必要もなさそうな気がします。打ち込むのなら転出届があれば転入手続きできそうですし。でもどこの市役所や区役所もこういった手続きを踏む印象なので、やはり必要なことなのでしょう、きっと。

f:id:myprivatecomedy:20200130195938j:image

落合陽一が言っていた『日本人は写経好き』

前に落合陽一さんとホリエモンこと堀江貴文さんの対談動画を観ていた時に落合陽一さんが『日本人は写経好き』ということを仰られていたのですが、今回役所で手続きを行っていてその言葉を久しぶりに思い出してしまいました。

仕事においても意味のない写経を行っている会社が多いという話でしたが、確かこの時に役所関連のことも言っていたなぁと思い出し、今回その言葉が身に染みてしまいました。そして好きかどうかは別にしても、写経的なことをすることに疑問を感じないようにはなっているんだろうなと感じました。省略できそうなものでも『これが普通だから』ということで片付けていることが非常に多いのではないかと。

どういう内情で手続きの仕方が変化していないのかはわかりませんが、もっと便利になっていったらいいなと思います。マイナンバーカード持てよと言った話なのですが。なるべく早く持ちたいと思います。

最後に正直に言いますが、僕は特に書くことが嫌いなのですが、字がめちゃくちゃ下手くそなんです。なので読めるように書こうと思うとすっごく時間がかかるのです。そんなわけで自業自得な面もあるのですが、それにしたってどうにかなりそうなものなのになと思ったのでした。

                                 M&O

 

2030年の世界地図帳  あたらしい経済とSDGs、未来への展望
 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

  • 作者:落合陽一
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: Kindle版