THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

芸能人のサインは昔ほど価値がなくなってきている

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

芸能人のサインは昔ほど価値がなくなってきている

こんばんは、M&Oです。

今回は『芸能人のサイン』のサインについて書いていきたいと思います。

 

皆さん芸能人の誰かのサインをもらったことはありますか?現在持っていなくても過去にもらったことはありますでしょうか?

サインを持っているという方々はたまたま芸能人に遭遇してお願いしてサインをもらったり、何かに応募してもらったり様々だと思います。

僕の世代はそこまで経験していませんが、かなり遡れば芸能人のサインが原宿などで売られていたようですし、インターネットでのショッピングが出現した時は芸能人のサインが多く売られていたと聞きます。今でももちろん存在しているのですが、昔は特に偽物のサインが横行していたそうです。無理もありません。サインなんて練習すれば簡単に真似できます、現代で普通に考えれば自分が直接もらったものでなければ偽物だとまず疑う思考になっていると思いますが、昔はそんな疑いを持たずに本物だと思い込んでお金を払って手に入れていたのです。

ただまったく同じサインなんてものは作れると思いますので、本物であろうと偽物であろうと自分が本物だと思い込んでいたらそれで充分だと思います。逆に言えばサインなんてそんなものだろうなと思うのです。

個人的な意見ですが、昔にサインというものにそんなに価値があったことが信じられないです。価値と言うと金額とかに感じてしまいそうですが、ここで言っているのは「サインが欲しい!」と思うような価値があったことです。

漠然としたイメージですが、昔の方が芸能人と遭遇した時とかにサインをもらう行為が多かったような気がします。握手・写真・サインのセットみたいな感じで。ただこれだったら優先順位としてサイン<握手<写真の順番だと思います。これは人によって全然変わってくるとは思いますが。僕は握手もそこまで興味ないかもしれません。写真も取っておくタイプじゃないのであんまり興味ないですがあえて言えば写真かなといった感じです。でも憧れの人と写真を一緒に撮ってもらったら部屋に飾るかもしれないですね。中田英寿さんとかだったら一緒に写真撮りたいですね。

アイドルが好きな人とかも写真を一緒に撮れることの方が嬉しんじゃないのでしょうか。握手会とかは有名ですが、サインを欲しいって人は今も大勢いるのでしょうか?

f:id:myprivatecomedy:20200130164733j:image

名前入りで自分に書いてくれたサインなら価値を感じる

面と向かってとか知り合いに頼んでいたりで、自分の名前を入れてくれたりして書いてくれたサインならば価値を感じるような気がします。メッセージなんかも書いてくれていたら最高ですね。そういったサインだったら純粋に嬉しいですが、単なるサインだけだったら、好きな人のなら嬉しくなくはないけど別になくてもいいかなぁと思ってしまいます。

でももらったところでどうしていいかわからなくなりそうな気もします。最初は部屋に飾るかもしれないけれど、ずっと飾っておくかといったら微妙ですよね。

飲食店によくたくさんサインが置いてあるお店がありますが、ちゃんと「誰々のサイン」って書いてあるお店もありますが、書いてもらったサインをそのまま飾っているお店の場合は、並んでいるサインの半分以上は誰のサインか皆目わからない状態ですからね。頑張って解読すればわかる人もいますが、大体は聞かなきゃ絶対わからないよこれといったサインが多いです。誰だかわからないサインに価値を見出すことの方がすごいと思います。

そして稀に写真を添えてサインを飾っている飲食店がありますが、その形が個人的には大正解な気がします。そしてその中でも一番いいと思う形が来店した時に撮ってもらった写真が飾られている形です。よく宣材写真みたいな写真がサインと一緒に飾られているのも見かけますが、それよりも来店した時に撮った写真の方がいいなぁと感じます。完璧な証拠にもなりますし。

その人の個性が現れる芸能人のサイン

サインって本当に人それぞれで、そういう意味ではいろんな芸能人のサインを見るのは結構楽しかったりします。

シンプルに名前をそのまま書いているような人もいれば、一見おしゃれっぽいけど英語の筆記体で書いただけの人とか、漢字を崩して書くサインだったり、女性のアイドルなんかは凝っている人も多くて「もはやサインではなくて絵じゃないか!」とさえ思うぐらい凝っている人もいたり。そういったサインは大量に書く時にめちゃくちゃ大変だろうなぁと見ると思ってしまいます。腱鞘炎になりそうだなと。

サインの基本的な形態も時代の流れと共に変わってきていて、昭和の芸能人のサインの方が絶対凝っているものが多かったように思います。ザ・芸能人のサインって感じのサインが多かったように感じます。

今の方がシンプルなサイン率が高い気がしますが、単純にサインを書く機会が昭和より減っているというのも関係あるかもしれません。視聴者プレゼントで「サイン入りの何々」とか今より絶対多かったと思いますし。それだけサインを欲しがる人も減ってきているのかなぁと思っています。もちろんサインを求めている人もたくさんいらっしゃると思いますが、本当に大ファンな人たちが欲するぐらいになってきているのではと思います。

ちなみに僕はスティーブンスピルバーグに直接サインを頂いたのですが、これも眠っていて陽の目を見ることないですし。

www.myprivatecomedy.net

                                 M&O