THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

ケーエー引越センターの口コミと評判を実体験から書きます

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ケーエー引越センターの口コミと評判を実体験から書きます

こんにちは、M&Oです。

今回は『ケーエー引っ越センター』について書いていきたいと思います。

 

以前から引っ越しを匂わせていたM&Oですが、宣言通りに引っ越しを果たしまして、今回はその引っ越しの際にお世話になった『ケーエー引越センター』についての感想を書いていきたいと思います。

僕はこのブログでも何度も書いてきていることですが、かなりの断捨離魔です。なので荷物の量は一般的な単身者よりも確実に少なく、あまりモノを持ちたくない性分なので基本的には家具付きの部屋に住むことが多いです。そしてかなり引っ越しも多くする方です。ここ何年かは1年住んでいる部屋がなかったぐらいです。飽き性な性格と独身だからできることかなと思います。

荷物が少ないので基本的には引っ越しは自分でやってしまうことがほとんどです。と言ってもかなりのペーパードライバーなので車は知人に出して頂く形ですが。

ただこの場合、レンタカーを借りて友人2人ぐらいに手伝ってもらったりすると結構な金額になってしまうんですよね。よく言われていることですが、レンタカー代金とお礼に手伝ってくれた友人に食事(飲み)をごちそうすると意外といい金額になってしまうのです。これまで「引っ越し屋さんに頼んだ方が安かったのでは」と思う事も何度かありました。

もちろん時間を割いて手伝ってもらっているので全然いいのですが、やはり引っ越し屋さんはプロです。荷物の運搬に関しては段違いにスピードが速いわけです。もしも同じ料金だとしたら時間を無駄にしない方がいいに決まっています。

そんなことも踏まえながら今回の引っ越しは友人に頼む前にまずは引っ越し屋さんがどれぐらいの値段でやってくれるのかを調べてみようと思いました。

ちなみに過去の経験で『ダック引越センター』が料金も安くすごくスピーディーで素晴らしかったので、できれば『ダック引越センター』にお願いしたいなと思ったら、なんとなくなってしまっていました。確かにここ最近テレビCMをまったく見かけなくなったなと思いました。どこの業界も弱肉強食ですね。

残念な気持ちのまま『単身 引っ越し』のようなキーワードでググっていたら、見るからに安そうな引っ越し屋さんが出てきました。それが『ケーエー引越センター』だったのです。それにしても引っ越し業者に関する口コミや評判ってかなりたくさん出てきますね。

f:id:myprivatecomedy:20200125005435j:image

ケーエー引越センターの料金プラン

ケーエー引越センターには当たり前ですがいくつか料金プランがあり、最安値は7500円からになります。7500円って驚愕ですよね。ただこの7500円のプランに当てはまる人はそうそういらっしゃらないかなと思います。

ケーエー引越センターのホームページからの抜粋ですが、基本的なプランがこちらになっています。

爆安75プラン→7500円~。ダンボールだけの引っ越しで近距離でしたらこの値段からのプランを適用できます。ダンボールで20箱までオーケーとのことです。宅急便よりも安いというのがウリのようです。

続いては

超節約プラン→10500円~。ダンボール50個相当の荷物の方に適用となるプランです。50個相当なのでもちろんダンボールじゃない荷物もオーケーです。同一区内、もしくは隣接する区への引っ越しとなります。ちなみに隣接していなくても20キロ圏内であれば11500~で引っ越しを承ってくれます。そしてこのプランはロイヤル号という軽トラックで引っ越し屋さん1名で来てくれる内容となっていて、引っ越しを頼んだ本人も一緒に引っ越しを手伝う形になります。

今回僕はこの超節約プランで利用させて頂きましたので、その感想を後ほど詳しく書いていきたいと思います。

続いては

標準プラン→標準と言っても他者よりもかなり安く15000円~となっています。このケーエー引っ越しセンターの標準プランは2トン車で引っ越し屋さん2名で引っ越しを行う内容になっていて、頼んだ本人は梱包などの準備だけしておけば特に手伝わないでいいという内容です。同一区内、隣接する区でしたらダンボール90個相当の荷物で13500円~となっていて、移動する距離が20キロ以内であれば14500~となっています。

ちなみにダンボールが1200個相当になった場合は車両が2トンロング車となり引っ越し屋さんも3人になり24500円~となります。なんだか一気に高くなったように感じますがそれでもかなり安い料金だと思います。GUで洋服を見た後にUNIQLOで洋服を見るとやけに高く感じる感覚と似ていますね。

以上が基本的な料金形態になっているのですが、表記している料金の適用となるには条件がいくつかあり、その条件を満たされた場合に表記の料金となります。平日での引っ越しや低層階から低層階への引っ越しであることなどが条件になります。満たしていない場合はこの料金にプラス料金ということになります。僕はプラス料金でした。それでも満足の引っ越しでしたが。

それではケーエー引越センターの引っ越し体験について書いていきたいと思います。

ケーエー引越センターでの引っ越しを実体験した感想

ケーエー引越センターでの引っ越しの感想ですが、一言で言うと『非常に満足』でした。

まず見積もりに関しては自宅に来ていただく必要はなく電話だけで済みます。あらかじめインターネットで部屋にある荷物をフォームに登録して申し込むと、メールでまずはある程度の見積もり料金が届きます。その後電話でオペレーターの人と話して荷物に関する質問に答えます。そこで見積もりが出てきて、その料金でオーケーなら成立となります。実は僕はケーエー引越センターとの話では見積もりが高く、他を通しての利用となっています。これは次の章で書かせて頂きます。

時間帯を選ばずにフリーで申し込んだ方が安くなります。僕は安く済ませたかったので時間帯フリーで出していました。引っ越し当日の2日前には確定した時間の連絡が来ます。

そして引っ越し当日ですが、ケーエー引越センターの来てくれる従業員の人から電話が入り、どれぐらいで到着しそうですということを教えてくれます。そして実際到着したら説明などの後に荷物の積み込みとなります。これに関してはもうプロの方なのでめちゃくちゃ速いです。どんどん積み込まれていく荷物を見て「プロはすごいな」としみじみ実感していました。ちなみに来てくれた人はとっても温厚そうな物腰の柔らかい人でした。僕のプランは1名だけなのでこの人だけとなります。値段が安いのでどういう人が来るのか正直不安だったのですが、とてもいい人で安心しました。

アッと言う間に荷物の積み込みが終わり引っ越す物件に出発となるのですが、ここで「どうやって行くのですか?」と聞かれました。バスと電車を乗り継ぐよりも自転車の方が早そうなので自転車で行きますと答えると、ケーエー引越センターの人からまさかの提案が!なんと『自転車も積めるので良かったら乗って行きませんか?』と。

なんていい人だ!と思いながらお言葉に甘えさせて頂き同乗させてもらいました。

そして車中でもお話をしつつ楽しく過ごし、引っ越し先へと到着しました。

このプランは一緒に運搬を手伝うことになっているのですが、結果的にすべてと言っていいぐらい運んでくれました。僕は部屋で待機してダンボールなどを受け取っていたぐらいです。そしてしかっりとエレーベーターや玄関にも養生してくれていました。

本当にあっという間に終わり代金を支払いサインをして終了となりました。僕は低層階から低層階ではなかったこともあり、16000円ぐらいの料金でした。もちろん予約している段階で確定料金は伝えられていました。はっきり言って大満足の引っ越しでしたし、とても感謝しています。そんな思いから僕は強くおすすめします。実体験から来るおすすめです。

それではどの経由でケーエー引越センターに頼むことになったのか書かせて頂きます。

ケーエー引越センターをよりお得に利用するためには

実はケーエー引越センターでオペレーターの人に見積もりを出してもらった時は2万円をゆうに超えてる金額だったのです。2トン車で二名の従業員が来るとのことで、僕は自分の荷物量でそんな必要はないだろうと思い、それなら今回はお断りしますとお断りをしたのです。他に引越本部長という会社から来ていた見積もりの方が安かったからです。そして引っ越本部長をググっているとどうやら引越本部長で申し込むとケーエー引越センターの人が来ると言った口コミを多く見掛けまして、ダメ元で引越本部長のオペレーターの人に見積もりを取ってもらいました。

すると今度は16000円ぐらいですねということになったのです。これはケーエー引越センター のオペレーターの人のミスなのか、引越本部長を経由したほうが安くなるのか真実はわかりませんが、結果的に安くなり、実際引越しに来たのはケーエー引っ越しセンターだったのです。

なので、ケーエー引越センターで見積もりを出してもらって、もしも『高いな』と感じたら引越本部長で一度見積もりを取ることをおすすめします。僕は結果的に安くなったので。

こういった経緯で、今回の引っ越しはとても満足のいく業者さんにやって頂くことができました。引っ越しの際には参考にして頂けると幸いです!

                               M&O